Now Reading
しっかり染まる!市販白髪染めヘアカラーおすすめランキング10選

しっかり染まる!市販白髪染めヘアカラーおすすめランキング10選

「白髪染めのために美容室にいくのがめんどくさい…」

「カラーリング代を節約したい!」

「ムラなく自分で髪を染めることができる商品はどれ?」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、白髪に悩んでいる方に向けて、白髪対策の方法について詳しく紹介していきます。

また、最後に白髪を目立たなくすることできるおすすめの白髪染めについて紹介していきます。

この記事で分かること

・白髪染めヘアカラーとは、白髪を自宅で短時間で染めることができるアイテム

・白髪染めヘアカラーは、発色が良く、カラーが2カ月ほど持続する

もくじ


白髪染めヘアカラーとは?


白髪染めヘアカラーとは、薬剤でキューティクルを開き、髪の内部に色素を浸透させるものです。

色素をしっかり入れることができ、1~2カ月色持ちします。

泡タイプ・乳液タイプ・クリームタイプなど様々な形状のものがあります。

そのため、部分白髪の人から広範囲の白髪の人まで使うことができます。

色のバリエーションが豊富なので、自身に合ったカラーを選ぶことができます。

出典:ロレアルパリ 黒髪用ヘアカラーと白髪染めの違いを知りたい
出典:hoyu 髪が染まる仕組み (ヘアカラーで髪の毛が染まる仕組み )

白髪染めヘアカラーとは?
・色素をしっかり入れることができ、1~2カ月色持ちする
・部分白髪の人から広範囲の白髪の人まで使うことができる
・自身に合ったカラーを選ぶことができる


市販白髪染めヘアカラーとヘアマニキュアや白髪染めシャンプーの違いは?


ヘアマニキュアや白髪染めシャンプーと白髪染めヘアカラーとの大きな違いは、髪の染まりやすさにあります。

白髪染めヘアカラーは、自宅で髪を染めることができるアイテムのなかで一番色素をいれやすいものです。

一方ヘアマニキュアは、髪に髪の表面を着色し、色素を定着させます。

そのため、髪へのダメージが抑えられます。

また、髪にハリコシを出す作用もあります。

カラーの持続期間は、2~4週間ほどです。

ヘアマニキュアについて気になった方は、こちらの記事でヘアマニキュアについて詳しく紹介されているので、ご覧ください。

白髪染めシャンプーとは、毎日白髪染めシャンプーを使うことで髪を徐々に染色することができるアイテムです。

白髪染めシャンプーもヘアマニキュアと同様に髪の表面を着色するので、発色がマイルドです。

また、色がつくまで数日間シャンプーを使い続ける必要があります。

しかし、白髪の原因となる色素細胞の老化を抑える成分が配合されているものもあり、白髪の原因にアプローチすることができます。

白髪染めシャンプーついて気になった方は、こちらの記事で白髪染めシャンプーについて詳しく紹介されているので、ご覧ください。

このようにヘアカラーとその他の白髪染めアイテムを比べると、色の発色持続期間が異なることが分かります。

そのため、「白髪染めをしっかりしたい!」「染め直す回数が少なくて済むものがいい!」という方には、白髪染めヘアカラーを使ってみることをおすすめします。

出典:花王 Q、ヘアカラーとヘアマニキュアの違いは?


市販白髪染めヘアカラーと美容院での白髪染めヘアカラーの違いは?


自宅でのヘアカラーと美容院でのヘアカラーは、かかる時間コストなどが異なります。

  市販白髪染めヘアカラー 美容院でのヘアカラー
時間 30分程度 1~2時間ほど
費用 600~1500円ほど 5000~8000円ほど
メリット

値段が安い時間が短くて済む
・自宅でできるのでお手軽

・デザインを提案してくれる
・染料を選べる場合がある
・色ムラになりにくい
デメリット ・色ムラになりやすい ・値段が高い
・時間がかかる
・サロンにいく手間がかかる

そのため、仕上がり重視の方には、美容院で染めることをおすすめします。

価格を抑えつつ自宅でサクッと染めたいという方には、自宅でのヘアカラーがおすすめです。


市販の白髪染めヘアカラーを使ってみてほしい方の特徴


1.白髪をしっかり染めたい方
2.お金と時間を節約したい方


白髪をしっかり染めたい方


白髪をしっかり染めたい方には、ヘアカラーをすることをおすすめします。

ヘアカラーは、色が白髪に入るまでの時間が短く、カラーの持続期間が長いです。

また、カラーバリエーションが豊富なので、自身に合った色を見つけることができます。


お金と時間を節約したい方


自宅でヘアカラーをするメリットは、低価格短時間で染めることができることです。

そのため、白髪染めにそこまでお金をかけたくないという方や忙しい方にピッタリです。

また、白髪染めを試しにしてみたいという方にも自宅で染めてみることはおすすめです。


市販の白髪染めヘアカラーの効果


1.白髪をしっかり染めることができる
2.髪にうるおいを与えることができる


白髪をしっかり染めることができる


白髪染めヘアカラーの最大の特徴は、しっかりと白髪を染めることができることです。

2カ月ほど色持ちするので、頻繁に染め直さなくても良いので、便利です。

また、クリームタイプのヘアカラーを用いると、美容院のリタッチカラーのように生え際だけ染め直すこともできます。


髪にうるおいを与えることができる


白髪染めヘアカラーには、植物オイルアミノ酸など髪を保湿する成分が配合されています。

そのため、髪につやうるおいを与え、指通りの良い髪に導くことができます。


市販の白髪染めヘアカラーに入っているおすすめの成分


白髪染めシャンプーには、髪に効果的な成分が豊富に配合されています。

今回は、白髪染めシャンプーに含まれていることが多いおすすめの成分を2種類紹介していきます。

1.植物オイル
2.アミノ酸


植物オイル


  • ホホバ油
  • アボカド油
  • ヒマワリ油

植物オイルには、髪に栄養を与える作用があります。

また、カラーや紫外線によって髪が受けたダメージを補修する効果があります。

そのため、ヘアダメージに悩んでいる方におすすめの成分です。


アミノ酸


  • テアニン
  • タウリン

アミノ酸には、髪につやを与えたり髪の痛みを修復する作用があります。

例えば、テアニンには、水分を保持する働きがあります。

そのため、髪にうるおいを与えたい方、指通りの良い髪質になりたい方におすすめの成分です。

出典:わかさ生活 ヒマワリ油


市販の白髪染めヘアカラーの選び方


白髪染めヘアカラーと1口に言っても、様々なメーカーから出ているので、どれにしようか迷ってしまう方が多いと思います。

そのため、今回は、「タイプ」「カラー」の2つの観点から自身に合った白髪染めヘアカラーの見つけ方をお伝えしていきます。

1.タイプで選ぶ
2.カラーで選ぶ


タイプで選ぶ


白髪染めヘアカラーのタイプは大きく分けて3つに分かれます。


泡タイプ


泡を髪につけることで髪を簡単に染めることができます。

一番扱いやすいので、セルフカラーをはじめてする方におすすめです。


乳液タイプ


髪全体に伸ばしやすく色ムラになりにくいです。

ロングヘアの方髪の量が多い方におすすめです


クリームタイプ


硬い質感で髪にピタッとくっつきます。

発色が良いという特徴があります。

少し伸ばしにくいので、セルフカラーに慣れている方におすすめです。


カラーで選ぶ


こちらは、WELLATONツープラスワン クリームタイプの色一覧です。

このようにカラータイプ(ピンクブラウンなどの色の種類)と明るさを掛け合わせて25種類のカラーが展開されています。

ウエラトーン ツープラスワン シリーズ

店頭でヘアカラーで染めた毛束のサンプルなどがおいてある場合には、参考にすることをおすすめします。

また、同じメーカーの同じ色ヘアカラーを使っても、白髪の量の多さによって発色は異なります。

例えば、白髪が全体の髪の量のうち30%を占めている場合と、50%を占めている場合を比較すると、30%の方が濃い茶色や黒になります。

そのため、白髪が多い方は、希望色よりやや暗めのカラーを選ぶ。

白髪が少ない方は、希望色よりやや明るめのカラーを選ぶことがおすすめです。

このような選び方をすることで、「髪色が暗くなりすぎてしまった」「白髪がほとんど染まらない」という状況になることを防ぐことができます。


市販の白髪染めヘアカラーを使う際の注意点


色移りに注意


シャンプーしても、カラー剤の色素が髪の表面に残っていることがあります。

そのままにすると、枕などに色が移ってしまう可能性があります。

シャンプー前に乳化をすると色移りが起こりにくくなります。

乳化の方法は、手でお湯をすくい取り髪についているカラー剤と馴染ませます

カラー剤がお湯と馴染んできたら、シャワーでしっかりとすすぎます。

その後シャンプーをします。

乳化を行うことで、色移りを防げるので試してみることをおすすめします。


放置時間を守る


パッケージには、白髪ヘアカラーを塗布したあとの放置時間が記載されています。

放置時間は、長ければ長いほど染まりやすくなるというわけではありません

放置時間をパッケージに記載の時間より長くすることは、髪の痛みに繋がります。

そのため、パッケージに書かれた放置時間を守ることをおすすめします。


市販の白髪染めヘアカラーおすすめ10選


※このランキングはORGANIQUE MAGAZINE編集部員個人の主観に基づいて作成されています。


第10位 SALON de PRO 泡のヘアカラーEX メンズスピーディ ¥1,040(税込)


メンズ向けの泡タイプの白髪染めヘアカラーです。

ワンプッシュで出てくる泡を髪にもみこむだけで髪を染めることができるので、自宅で白髪染めを初めてする方にピッタリです。

放置時間は、5分と短めなので、時間がない方におすすめです。

きめ細かな泡が髪のなかに入り込むので、白髪1本1本がムラなく染まります。

また、色落ちしてきても赤みがでないことが特徴的です。

アンモニアフリーなので、嫌な匂いが抑えられていることがポイントです。

ブラウンやブラックの4色展開です。

しかし、2週間ほどで少しずつ色落ちしてきてしまったとの口コミがありました。

そのため、色持ちの良さを重視する方にはおすすめできません。


第9位 Bigen クリームトーン ¥896(amzon価格)


クリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

カラー染料が髪の芯まで浸透するので、長期間カラーをキープすることができます。

退色時に髪が赤っぽくなることがないのも嬉しいポイントです。

11色展開で、明るめ~暗めの栗色が用意されています。

そのため、地毛に近い色を見つけることができます。

自然な仕上がりにしたい方におすすめです。

しかし、放置時間が25~30分と長く、カラー剤を容器に出して混ぜ合わせる必要があるので、少し時間がかかります。

忙しい方には、放置時間が短いものを選ぶことをおすすめします。


第8位 tiara クリームヘアカラー ¥1,100(税込)


クリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

なめらかな質感で、クリームを伸ばしやすいです。

ウォーターオイルベースが採用されているので、髪がしっとりまとまります。

退色時に白髪が黄ばみ、赤みがでにくいことがポイントです。

カラー剤特有の匂いが控えめなので、きつい匂いが苦手な方でも安心して使うことができます。

放置時間が10分とやや短めなので、忙しい方にピッタリです。

短い放置時間でも、根元や生え際の白髪まできれいに染めることができます。

明るい栗色~暗い栗色の6色展開です。


第7位 Blauné  泡カラー ¥868(amazon価格)


泡タイプの白髪染めヘアカラーです。

ワンプッシュで出てくるきめ細かい泡を髪に馴染ませることで、簡単に染めることができます。

ブロッキングをする必要がないので、ヘアカラーを初めてする方におすすめです。

生え際などにも細かい泡が入り込んで、しっかり白髪を染めることができます。

色のムラができにくいことがポイントです。

泡を髪に馴染ませたあと液だれしにくいので、使いやすいです。

また、髪の毛を保護する作用がある水解シルク液が配合されているので、指通りの良い髪質になります。

さらに、付属のリペアトリートメントを使うことで、痛んだキューティクルを補修することができます。

22色展開なので、自分に合ったカラーを見つけやすいです。


第6位 SALON de PRO 無香料ヘアカラー メンズスピーディ ¥637(amazon価格)


See Also

メンズ用のクリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

5分間放置するだけで色素が浸透するタイプなので、忙しい方にピッタリです。

そして、無臭であることが大きなポイントです。

白髪染め特有のツンとした香りが苦手な方におすすめです。

また、付属の細部用クシを使うことで、もみあげをきれいに染めることができます。

うるおい成分であるローヤルゼリーエキスや髪につやを与えるオリーブオイルが配合されているので、手触りの良い髪質になります。

また、髪にハリやコシを与える作用がある海藻エキスが配合されているので、髪にボリューム感を与えいたい方にピッタリです。

さらに、髪を保護する成分である植物性プロテインが配合されているので、外部からの刺激に強い髪質に近づくことができます。


第5位 CIELO  ムースカラー ¥874(amazon価格)


泡タイプの白髪染めヘアカラーです。

もこもこな泡で髪の根元までしっかり染めることができます。

泡を髪に馴染ませるだけで使えるので、ヘアカラーを初めてする方におすすめです。

カラー剤を混ぜ合わせる必要がないので、素早く白髪染めをすることができます。

お値段がお手頃なうえに、少量使って、残りを取っておくことができるので、とてもコスパがいいです。

生え際だけ少し染めたいという時にも使えます。

また、色持ちを良くする作用があるテアニンやタウリンが配合されているので、きれいなカラーを長く楽しむことができます。

16色展開で、ベーシックなカラーから、ピンクやアッシュ系までそろっているので、 色々なカラーにチャレンジしたい方におすすめです。

また、カラー剤特有の嫌に匂いを抑え、フローラルの香り付けがされていることがポイントです。


第4位 syoss オレオクリーム ¥811(amazon価格)


クリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

白髪染めにもオイル美容液をというコンセプトで作られたヘアカラーです。

カラー色素を髪に浸透させたのち、オイル成分で髪1本1本をコーティングするので、しっとり感とつやのある仕上がりになります。

きしみにくく指通りの良い髪質になります。

繰り返しの白髪染めで、髪の毛先がパサついている方におすすめです。

ムラができにくく、白髪と黒髪の境目がわからなかったという口コミがありました。

また、色味が赤っぽくなりにくく、きれいな色がキープできることがポイントです。

11色展開されており、どれも上品な発色です。

美容院に行く時間はないけれど、おしゃれなカラーで白髪をカバーしたいという方におすすめです。


第3位  L’ORÉAL PARIS エクセランス ヘアカラー クリームタイプ ¥1,540(amazon価格)


クリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

ロレアル独自のロングラスティング色素の作用により、白髪の内部にカラーが留まるようになっているので、カラーを長持ちさせたい方におすすめです。

色落ちが少なく、綺麗なカラーが8週間持続します。

また、カラー前・中・後に使う3段階のトリートメントが入っているので、髪にしっとり感やつやを与えることができます。

そして、うるおい成分であるL-スレオニン・L-プロリンや保湿効果があるプロケラチンが含まれていることがポイントです。

そのため、髪のパサつきや乾燥が気になっている方におすすめです。

さらに、カラー剤特有のツンとする匂いがしないことがポイントです。

そのため、強い匂いが苦手な方におすすめです。

18色展開されているので、自分に合ったカラーが見つけやすいです。


第2位 Men’s Bigen ワンプッシュ ¥924(amazon価格)


メンズ用のクリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

生え際やもみあげにも塗りやすいブラシの形状になっていることが特徴的です。

また、放置時間が5分ととても短いので、忙しい方にピッタリです。

地毛の髪色と馴染みやすい発色で、白髪染めした部分が分からないという口コミがありました。

色持ちが良く、1ヶ月経ってもキレイな髪色をキープしているとの声もありました。

5種類のトリートメント成分が配合されているので、ヘアダメージをしっかりケアすることができます。

そして、ショートヘア2回分の量が入っており、残りは取っておくことができます。

カラーは6色展開です。

また、髪を染めたあと退色時に赤みがでる方も多いですが、このシリーズのアッシュブラウンは、髪の赤みを抑える効果があることがポイントです。


第1位 WELLATON ツープラスワン クリームタイプ ¥1,345(amaozn価格)


クリームタイプの白髪染めヘアカラーです。

液だれがしにくく、ハケで簡単に伸ばすことができます。

ミクロ色素が髪の芯まで浸透し、サロンで染めたような色合いの髪になります。

髪1本1本がしっかり染まり、色持ちもとても良いです。

1ヶ月後も、黄ばみがなく、きれいなカラーが持続したというく口コミがありました。

また、付属品であるホホバ油、アボカド油、ヒマワリ油を含む輝きエッセンスを混ぜると、しっとり感とつやがある髪に仕上がります。

また、量が多めで、ロングヘアでも足りるくらいの量が入っています。

余った場合でも残りを保存することができるタイプなので、何回かに分けて使うことができます。

そのため、生え際の白髪が気になるときに少量使うといった使い方もできます。

カラーは、25色展開なので、自分にピッタリの色を見つけやすいです。


さいごに


今回は、白髪に悩む方に向けて、市販白髪染めヘアカラー、ヘアマニキュア、白髪染めシャンプー、美容院でのヘアカラーの違いなどについて紹介していきました。

市販白髪染めヘアカラーは、比較的安く手に入れることができ、短時間で染めることができるので、白髪に悩んでいる方に試してみることをおすすめします。

また他の記事では、プロがおすすめする白髪予防シャンプー白髪を黒髪に戻すシャンプーをご紹介しています。ぜひ最後まで目を通していただけますと幸いです。




参考文献


View Comments (3)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:https://mejio.jp/
お問い合わせ・広告掲載依頼:https://mejio.jp/contact/

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top