50代女性向けの育毛シャンプーおすすめ10選【美容師厳選】

「つむじの周辺の髪の量が減ってきた気がする」
「髪のボリューム感のなさのせいで、老けてみられてしまう」
「抜け毛が増えてきた気がする…抜け毛を抑えるために気を付けたほうが良いことは?」

と感じている方は多くいらっしゃいます。

今回は、抜け毛の増加や髪のボリューム感の低下の原因、抜け毛を対策する方法、育毛に効果的な頭皮ケアの方法を紹介します。

また、現役美容師が選んだ50代におすすめの育毛シャンプーも最後にお伝えします。

この記事でわかること

・女性は、女性ホルモンが減少する50代ごろから頭皮の環境を整えられる育毛シャンプーを使用することが重要 

・抜け毛を抑えるためには、洗浄力が強い市販シャンプーの使用やシャンプーのすすぎ残しに注意が必要 
・育毛シャンプーを使うことで、髪のハリコシ・ボリュームアップ効果や抜け毛の防止につながる 

もくじ

50代女性向けの育毛シャンプーとは?

50代女性向けの育毛シャンプーとは?

・育毛シャンプーとは、頭皮環境を整え、髪の毛が生えやすい状態に導くシャンプー

・女性の場合、女性ホルモンが減少する50代ごろから頭皮の環境を整えられる育毛シャンプーを使用することが重要

女性は40代半ばから女性ホルモン値が少しずつ減少していき、50代になると色々な悩みが顕著になってきます。

具体的に言うと、髪のボリュームが出づらくなったり、髪の元気がなくなってきたように感じる方がとても多いのです。

そこで、育毛シャンプーを使おうと考える方が増えてきます。

一般的な育毛シャンプーとは、頭皮環境を整え、髪の毛が生えやすい状態に導くシャンプーの事を指します。

悩みが増える50代から育毛シャンプーに切り替えたり、頭皮環境を整えるような行動をプラスすることで、これから生えてくる毛に元気を与えて、ハリツヤのある強い毛を生やすということになるため、その後の60代、70代の髪質に影響します。

つまり、女性の場合、50代でしっかりと頭皮の環境を整えるということが大事なステップとなります。

そのため、少しでも髪の衰弱化が気になっている方は、なるべく早く「頭皮環境を整えることを目的とした良質な育毛シャンプー」使い始めることをおすすめします。

美容師が徹底解説!抜け毛の増加の要因

40代以降、抜け毛が多くなってきたように感じる女性方は多いものです。

その原因は主に次の2つと考えられます。

1. 加齢によるヘアサイクルの乱れ
2. 新陳代謝の低下や生活習慣

1. 加齢によるヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルとは、髪の毛が伸びては抜け、抜けては生えてくる、という一連のサイクルのことです。

この一連のサイクルを正常に保つためには、エストロゲンという女性ホルモンが必要になります。

しかし45歳~55歳の更年期世代では、女性ホルモンが急に減ってしまう為、ヘアサイクルが乱れやすくなります。

そうなると成長するはずの毛の成長が途中で止まって抜けてしまったり、生えてくるはずの毛が生えてこないということが起きやすくなるのです。

2. 新陳代謝の低下や生活習慣

更年期世代は新陳代謝(ターンオーバー)が低下しやすくなります。

ターンオーバーとは皮膚が約1か月で生まれ変わる仕組みです。

顔も頭皮も一枚の皮でつながっているので、肌と同様に頭皮の代謝も低下していきます。

50代になると、ターンオーバーに約45日かかるようになると言われています。

それに合わせて、紫外線や外部ダメージからの回復にも時間がかかるようになります。

睡眠不足や生活習慣の乱れも髪に影響が出やすく、抜け毛や頭皮トラブルも起こりやすくなってしまうのです。

美容師が徹底解説!髪のボリューム感が失われる要因

髪が多くて硬い人以外は、年齢と共に髪のボリュームが出づらくなります。
それはなぜなのでしょうか。

次の2つの要因が考えられます。

1. 髪自体が細くなるため
2. ハリコシがなくなるため

1. 髪自体が細くなるため

髪のボリュームがなくなってくると毛量が少なくなったように思いがちですが、実は髪の全体量が減ったわけではなく、髪1本1本が細くなったからということもよくあります。

1本1本が細くなることで、髪の立ち上がりが出づらくなります。

髪を結んだ時、昔に比べて少なくなったように感じたり、ブローでふんわりさせたのに、すぐトップが潰れやすいのも、髪が細くなったことが原因です。

2. ハリコシがなくなるため

50代で減少しがちな女性ホルモンは、髪や肌に弾力を与える役割もあります。

その女性ホルモンが半減することで、髪の内部栄養が減ってしまいます。

内部栄養が減ることにより、髪のうねりが出たり、パサつきやすくなります。

髪の空洞部分が多くなりますので、ハリやコシも出づらくなります。

1本1本のしっかり感が弱まることで、全体的にもボリュームが少なくなったように感じてしまうのです。

抜け毛を抑えたい方が控えた方が良いこと

最近抜け毛が気になってきたという方は、次の3つのことは避けましょう。

1. 洗浄力が強い市販シャンプーの使用
2. シャンプーの洗い残し
3. 髪が濡れたままの状態で過ごす

1. 洗浄力が強い市販シャンプーの使用

まずどんなシャンプーを使うかはとても重要です。

避けたいのは、男性用トニックシャンプーや刺激が強いスカルプシャンプーなどの洗浄成分の強すぎる市販シャンプーです。

洗浄成分が強いシャンプーは必要な皮脂まで取ってしまい、結果的に慢性的な乾燥状態を作り上げてしまいます。

頭皮が乾燥状態に陥ると、過剰な皮脂を分泌させて毛穴を詰まらせ、抜け毛の手助けをしてしまうため、できれば優しい洗浄力のアミノ酸系のシャンプーを選びたいところです。

2. シャンプーの洗い残し

シャンプーする際、流し足りないのも抜け毛を助長させる原因のひとつです。

ちょっと流し過ぎるかな、と感じるくらいで丁度良いと思ってください。

シャンプー剤は、頭皮・髪には一切残らなくていいものです。

反対に、コンディショナーやトリートメントは、髪だけに少し残るのが正解です。

コンディショナー等をべたっと頭皮につけてしまうと、毛穴のつまりの原因になり、結果的に抜け毛の原因になってしまうので、髪の毛だけに塗布するようにしてください。

3. 髪が濡れたままの状態で過ごす

髪を半乾きで寝たり、濡れたままの状態で長く過ごすのもやめましょう。

半乾きの状態は、頭皮の雑菌が繁殖しやすく、そのまま寝てしまえば、頭皮環境の悪化だけではなく、嫌なニオイや炎症の原因になります。

頭皮環境が悪化すれば、ターンオーバーのサイクルが乱れ、結果的に抜け毛の原因になってしまうのです。

50代女性向けの育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーを使うことで、次のような効果が期待できます。

1. 髪のハリ・コシ・ボリュームアップ
2. エイジングによる抜け毛の予防
3. 生えてくる髪を良い状態に導く

1. 髪のハリ・コシ・ボリュームアップ

更年期世代に大切なのは、髪の表面のコーティング力ではなく、内部の補強です。

髪の内部に栄養が入ることで、髪のハリコシが出て、根元が立ち上がります。

育毛シャンプーには髪の内部補修できる成分が多く含まれているので、普通のシャンプーより育毛シャンプーを選ぶ方がいいのです。

2. エイジングによる抜け毛の予防

育毛シャンプーは、髪を優しく洗いあげ、必要な皮脂や栄養は残して洗うことができるアミノ酸系洗浄成分メインのものがほとんどです。

髪に栄養が届くことで、頭皮環境やヘアサイクルが整います。

エイジングによる抜け毛はヘアサイクルの乱れによるものが多いので、結果的に抜け毛の予防にも繋がってくるのです。

3. 生えてくる髪を良い状態に導く

頭皮環境やヘアサイクルが整うと、良い状態の髪が生えてくるようになります。

今表面に出てきている毛をどうにかするよりも、これから生えてくる毛を良い状態にすることが美しい髪を育てるための近道なのです。

そのためには、今の悩みに適したシャンプーを使うことが重要です。

50代女性向けの育毛シャンプーに関する注意点

実際にシャンプーを選ぶときに気をつけたいことは次のようなものです。

1. 強い洗浄成分が入っているものを避ける
2. 刺激成分や添加物に注意する
3. すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す

1. 強い洗浄成分が入っているものを避ける

市販品に多い高級アルコールシャンプーは、石油系界面活性剤を使用しており、脱脂力が強いことが多いです。

『ラウリル~』『ラウレス~』等の表記がある成分は石油系界面活性剤です。

これらが多く入っている(成分表記の最初の方に記載されている)ものは注意が必要です。

必ずしも悪いという訳ではありませんが、肌の弱い人や、頭皮のコンディションが悪い時には避けた方が安心でしょう。

2. 刺激成分や添加物に注意する

肌の弱い人は防腐剤にも気をつけたいところです。

『サリチル酸』『メチルクロロイソチアゾリノン』『メチルイソチアゾリノン』はすべて防腐剤です。

殺菌効果が高いものなので、毎日使用することで刺激になる場合があります。

最悪の場合、アレルギー性皮膚炎の原因になってしまうこともある成分です。

3. すすぎ残しがないようにしっかり洗い流す

どんなシャンプーを使うかも大切ですが、正しく使うことができているかも大切です。

シャンプーをする際は、しっかり泡立てて洗い、しっかりすすぎましょう。

どんな良い成分のシャンプーでも、すすぎ残しはトラブルのもとです。

シャンプー後のすすぎは、やり過ぎかなと思うくらいで丁度いいと思ってください。

美容師だけが知っている50代女性向けの育毛シャンプーの選び方

実際に50代女性がシャンプーを選ぶ際のポイントは次のようなものです。

1. アミノ酸系洗浄成分が配合されているものを選ぶ
2. 育毛効果が期待できるものを選ぶ
3. 髪質やなりたいイメージで選ぶ

1. アミノ酸系洗浄成分が配合されているものを選ぶ

アミノ酸系洗浄成分の良さは、低刺激でマイルドな洗浄力を備えていることです。

だいたいの50代女性ですと、アミノ酸系の洗浄成分でシャンプーすれば十分汚れは落ちます。

しかし毎日しっかりとスタイリング剤を使用する方の場合、ぬるつき感が残ったり、さっぱり感に欠ける場合があります。

そういうときは、アミノ酸系洗浄成分メイン+石けん系や、アミノ酸系+石油系の混合タイプのような組み合わせで2度洗いすることで解消されるかもしれません。

2. 育毛効果が期待できるものを選ぶ

育毛効果があるかどうかは、成分一覧を見て判断しないといけません。

一口に育毛成分と言っても、今ではかなり多くの成分が存在しますが、効果が期待できる代表的な成分は、「ヘマチン」「イチョウ葉エキス」「フコダイン」「センブリエキス」です。

これ以外にもたくさん存在しますが、エイジングケアシャンプーに含まれる育毛成分は上記のものが多いです。

シャンプーを購入する際は、成分表示を確認してみてください。

3. 髪質やなりたいイメージで選ぶ

いくら口コミや評判が良くても、自分に合うかどうかはわかりません。

「自分の髪質はどういうタイプなのか」「どういう仕上がりが好きなのか」が大きく関わってきます。

まず髪が細い・柔らかい・毛量が少なめの人は、油分が多いシャンプーだと重く感じやすい傾向があります。

ノンシリコンやリンス不要という商品が合いやすいのも特徴です。

反対にに太い・かたい・量が多い人は、ある程度の油分と高い保湿力がないと物足りなく感じるはずです。

特にリンス不要の商品などは、まとまりが悪くなる可能性があります。

また、同じシャンプーでも「しっとりタイプ」と「サラサラタイプ」がある商品も多いです。

その場合は前者はサラサラ、後者はしっとりを選ぶと良いでしょう。

抜け毛に悩む方必見!50代女性向けの育毛シャンプーおすすめ10選

第10位 ミューノアージュ シャンプー 200ml ¥3,080(税込)

年齢とともに角質や皮脂が詰まりやすくなり、毛穴がいびつな形になることでハリのない髪の毛が生えてくることに注目したシャンプー。

角質によって硬くなった頭皮を柔らかくすることで毛穴を整え、根本からしっかりと立ち上がる髪の毛へと導きます。

アミノ酸系洗浄成分で優しく洗えるのもポイントです。

第9位 ルベル ヴィージェ シャンプー 240ml 2,750円(税込)

野菜の持つ栄養と機能成分に着目した、大人女性のヘアケアラインです。

See Also

年齢を感じさせないボリュームアップ効果とエイジングケア成分で、50代の悩みに向き合ってくれます。

ややしっかりめな洗浄成分なので、スッキリ洗いたい人にもおすすめです。

ヘチマエキスや紫蘇エキスが、頭皮のうるおいを保ってくれます。

低刺激でシンプルですが、高品質なシャンプーです。

少し頭皮のべたつきが気になる方でも、しっかり満足できる洗い上がりなのもおすすめポイントです。

第8位 シュワルツコフ BCクア カラースペシフィークシャンプー 250ml (Amazon価格)¥1,436(税込)

髪の内部栄養が流出しやすいエイジング毛にもおすすめなシャンプーです。

補修力に優れ、毛髪自体の柔軟性と強度を強化してくれます。

軟毛の人より、髪のまとまりの悪さやうねりが気になる方に向いています。

もちろんカラーシャンプーというだけあって、白髪染めをした後に使えば、色持ちが格段に違ってきます。

ツヤとしっとり感が欲しいダメージ毛にも合うでしょう。

第7位 モーガンズ ノンシリコン アミノ酸シャンプー   300ml ¥2,860(税込) 

19種類のアミノ酸成分と、天然の植物成分をメインで配合したシャンプーです。

3種類のフラワー成分と5種類の保湿オイルで、根元からふわっとした仕上がりになります。

どちらかというと、自然派志向の軟毛の人向きです。

育毛成分たっぷりとまではいきませんが、低刺激ですし、使い続けることで頭皮環境も整ってくると思います。

頭皮に優しくスッキリとした洗い上がりなので、男性にもおすすめです。

第6位 さくらフォレスト ハーブガーデンシャンプー  300ml ¥3,190(税込)

髪本来の美しさを取り戻すことをテーマにした、天然由来成分100%のシャンプーです。

内容成分にこだわり、通常は水を使用するところをオーガニックのハーブティーを使うという徹底ぶりです。

抗酸化成分や育毛成分など、50代女性に嬉しい成分もしっかり入っています。

長い目で育毛効果を狙っていきたい人や、頭皮環境を整えたいという人、さらに肌が弱い人や頭皮トラブルにもおすすめできます。

第5位  資生堂 アデノバイタルシャンプー 250ml ¥3,300円(税込)

育毛・発毛のために開発されたエイジングシャンプーです。

アデノシンという成分により、髪を太く強くする効果が実証されています。

髪を増やすというよりは、1本1本を太く存在感のある毛に導いてくれます。

最新のテクノロジーを試してみたい、とにかく育毛効果が期待できるシャンプーを使いたいという人におすすめです。

その分やや刺激成分が含まれていますので、敏感肌の人は注意が必要かもしれません。

第4位 無印良品 エイジングケアシャンプー 300ml ¥693(税込)

ザクロやキイチゴなどの10種類の天然の美髪成分と、5種類の保湿成分が入ったエイジングラインのシャンプーです。

アミノ酸系洗浄成分シャンプーの中でも、なんといってもコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

刺激成分も少ないですが、やや洗浄成分は弱めです。

乾燥肌の人や、普段からスタイリング剤をつけない人なら問題ない範囲です。

市販品で低価格の中では品質も良く、バランスもとれた商品です。

第3位  フィヨーレ FプロテクトヘアシャンプーDX 300ml ¥1,650(税込)

髪の立ち上がりが欲しい、ふわっとさせたいという軟毛の人に是非試してもらいたいシャンプーです。

髪に優しいクレンジングタイプのシャンプーですが、フコイダンという成分により高い育毛効果も期待できます。

さらに、頭皮ケア成分も多く入っていますので、頭皮のニオイや夕方のべたつきが気になる人にも最適です。

髪のハリコシも出るのに、髪のきしみ感などはほぼないのも魅力です。。

サロン専売品の中では手が出しやすい価格なので、お試し感覚で購入するのもおすすめです。

第2位 ナプラ インプラム ボリュームアップシャンプー  280ml ¥2,200円(税込)

髪のボリュームアップを叶えるとともに、髪の補修力にも優れたマルチなシャンプーです。

特にフェザーケラチンという、髪の内部補修成分が髪のハリ・コシの強化はもちろん、エイジング毛特有の髪の空洞化もこのケラチンが補ってくれます。

髪1本1本のしなやかさも出ますし、内部補修も期待できます。

ボリュームアップとしっとり感のどちらも譲れないという方、是非試してみてください。

年齢と共にクセが出てきたという人にもおすすめです。

第1位 haru クロカミスカルプ スカルプシャンプー 400ml 3960円

あらゆるエイジングの悩みに応えてくれる、天然由来成分100%のシャンプーです。

このシャンプー1本で、頭皮ケア、髪のハリコシアップ、フケ・かゆみ・ニオイ・白髪ケア、、ダメージ補修ができるという優れた商品です。

またリンス不要で、泡立ちもとてもいいです。

さらにヘマチンという白髪予防に効果がある成分も入っていますし、キャピシルという育毛剤でよく使われる成分も含まれています。

これ1本で、更年期世代の悩みはほぼカバーできるといっても過言じゃない内容成分です。

少し高いように感じる方もいるかもしれませんが、それだけの効果が期待できるシャンプーだと思います。

さいごに

今回は、50代女性向けの育毛シャンプーについてご紹介しました。

50代の女性は、女性ホルモンが減少することで髪のボリュームが出づらくなったり、髪の元気がなくなってきたように感じる方が増えます。

そこで重要なのが、髪のボリュームやハリコシをアップするために、優しい洗浄成分が入っていて、頭皮の環境を整えてくれる育毛シャンプーを使うことです。

刺激の強いシャンプーを避けつつシャンプーのすすぎ残しに注意し、健やかな髪を生やすための土台を作りましょう。

参考文献

更年期から起こる髪の変化!抜け毛が起こりやすい理由や対処法を解説 | AGA・抜け毛・女性薄毛治療の病院 ウィルAGAクリニック
育毛剤の全成分128種類を比較|効果の高い有効成分と悩み別の選び方 – CUSTOMLIFE(カスタムライフ)

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:https://mejio.jp/
お問い合わせ・広告掲載依頼:https://mejio.jp/contact/

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top