60代におすすめのエイジングシャンプー【おしゃれとエイジングを両立】【美容師厳選】

加齢と共に髪の悩みが多くなってくる60代。

「最近、髪のハリやコシがなくなってきてしまった…」


「薄毛や抜け毛が気になる…」

「ボリューム感を出すにはどうすればいいのか」


と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

鏡を見る度に、髪の悩みが気になってしまうということは避けたいですよね。

しかし、これらの悩みを緩和・改善する方法は、中々知られていないのが現状です。

そこで今回は、髪に関する悩みを抱えている60代の方が日々のケアとして使うべきシャンプーを、今まで多くのエイジングケアの悩みにお答えしてきた現役美容師がお悩み別に紹介していきます。

もくじ


この記事を書いた専門家


エイジングケアシャンプーとは?


エイジングケアシャンプーとはボリューム減、うねり、切れ毛、パサつき、白髪をケアするシャンプーの総称のことです。

年齢とともにあらわれる髪の毛の変化を抑える働きがあります。


エイジングケアとは?


エイジングのもともとの意味は「加齢」であり、時間の経過に伴う変化を指します。

エイジングケアの本質は日々の加齢による変化に対応し、ケアしていくということです。

年齢とともに起こる変化を受け入れつつ、ケアしていくという方向性です。


アンチエイジングとは


一方で「アンチエイジング」という言葉が使われる事もあります。

アンチエイジングとエイジングケアの方向性は似ていますが実は少しだけ違う点があります。

「アンチ」には抵抗する、防ぐといった意味合いがあります。

そのため、メイクにおいてもヘアケアにおいても「アンチエイジング」には「老化を防ぐ」と言った意味合いが強いです。

二つの意味は異なる

エイジングケア:年齢を受け入れつつ、その時できる最大限のケアをすること

アンチエイジング:そもそもの老化を防ぐこと(意味合いがやや強い)



<何故、複数の表現が存在するのか?>
日本の薬機法で「化粧品」に「アンチエイジング」という言葉を使用する事が禁止されているためです。そのため、商用の広告に使われる言葉として「エイジングケア」という言葉が誕生しました。

出典:日本化粧品工業連合会 化粧品等の適正広告ガイドライン 2020 年版・改正新旧対照表


エイジングケアで大切な事は?


人は誰しも年齢を重ねます。

エイジングケアでもっとも大事にしていただきたいことは「若作りする」のではなく「今の自分に最高に似合うものを見つける」ということです。

年齢による変化を受け入れて自分自身を素敵に輝かせるためのヘアケアについて、現役美容師の観点から、今回はお話しさせて頂きたいと思います。


エイジングケアシャンプーを使ってみてほしい方の特徴


60代女性

・髪のボリュームが気になる方
・薄毛が気になる方
・白髪に悩んでいる方


髪のボリュームが気になる方

美容室にいらっしゃる50代から60代のお客様の中で、実際に受けるご相談の中でダントツに多いのが髪の毛のボリュームについてです。

ボリュームに関するお悩みが多い理由の一つとして、ボリュームにお悩みの方の多くはご自身でケアをすることが難しいからです。

本来、ボリュームのあるふんわりとしたスタイルはブローやセットといったひと手間がかかる事がほとんどです。

最近のシャンプーの中には上記のようなボリュームの悩みを手助けしてくれるシャンプーが実際にあります。

そんなお悩みをお持ちの方には、是非ともエイジングケアシャンプーを手にとって頂きたいと思います。


薄毛が気になる方

また一方で、「薄毛を気にされる方」も少なくありません。

薄毛もお手入れをしっかりしてあげることで解決できる場合があります。

そんな方にはハリコシを出してくれるエイジングケアシャンプーを手に取ってもらうとよいでしょう。


白髪に悩んでいる方

さらに最近では、白髪予防におすすめのエイジングケアシャンプーも多く販売されています。

エイジングケアシャンプーを使う際には、ご自身に今なにが必要で、お悩みを解決するためにはどんな事をするべきなのかを知る事が大切です。


エイジングシャンプーの4つの効果


エイジングケアシャンプーには主に4つの効果があります。

エイジングケアシャンプーの効果

・ボリュームを出す

・ハリ、コシを出す
・抜け毛、薄毛を予防する
・頭皮環境を整える


ボリュームを出す


ボリュームが欲しい方の多くはスタイリングに苦労されている印象があります。

日々のメンテナンスはもちろん、スタイルの再現性も踏まえ、ボリュームを出すことに特化したシャンプーを選定していただくことはとても重要です。


ハリ・コシを出す


ひとえにハリ・コシといえど、求めるスタイルやもともとの髪質によって使うシャンプーを選び分ける必要性があります。

ボリュームを出すこととの大きな違いは根元に作用させたいか、髪の毛自体に作用させたいかといったような根本的な違いがあります。

まとまらない髪の毛でお悩みの方はハリコシを改善出来るシャンプーの選定をするとよいでしょう。


抜け毛、薄毛を予防する


パラベンや石油系界面活性剤などを洗浄成分として使用していない、優しい洗浄成分のアミノ酸系シャンプーの選定をするのがベストです。

中には育毛剤としてのアプローチが出来るような成分を含んでいるシャンプーもあるので、薄毛に悩んでいる方はしっかりと目的別にシャンプーを選定することが重要です。


頭皮環境を整える


ビタミンEなど抗酸化作用が期待されるシャンプーも中にはあり、健康な頭皮を保つためのスキンケアに特化したシャンプーも増えてきています。

髪の毛を健康に保つ為に、その土台である頭皮をケアすることはとても大事です。


髪のハリやコシがなくなる原因


髪のハリやコシがない


加齢により髪のボリューム感がなくなる


加齢とともに髪のボリュームがダウンしてしまうのは、髪が細く短くなってしまうからです。

具体的には、日本人女性の20代前半~30代前半の多くの方が、生えてくる髪の毛の質感が変わったと感じています。

また、正常なヘアサイクルであると、2~6年ほど髪が成長する期間があるのですが、加齢とともにヘアサイクルが乱れてしまうことで、髪がしっかりと成長できず、短い髪が増えてしまいます。

出典リンク:花王ヘアケアサイト 加齢にともなう髪の変化と悩み
出典リンク:はなふさ皮膚科 薄くなってきた髪のボリュームアップ方法
出典リンク:大正製薬 女性の髪の毛の仕組み


髪の毛が細くなる


髪の毛が細くなるほど、ハリやコシのない柔らかい髪になってしまいます。

髪の毛の柔軟性はたんぱく質の種類と量によって決まります。

またそのたんぱく質が生成される過程や周期は加齢によってだんだんと短くなり、髪の毛が細くなっていってしまう傾向があります。

またカラーやパーマ、日々のお手入れによるダメージによって、細くなる原因を生み出す可能性もあります。

出典:萩原基文 毛髪を美しく健康的にするヘアケア技術


日々の生活環境の影響


頭皮環境は極めて大事だとはいえ、白髪染めなどカラーの頻度が高かったり、毎月パーマをかけたりするような短い周期で施術をすると、ダメージによるハリコシの減少が起こる可能性があります。

適切な頻度での施術やお手入れが重要です。


シリコン入りのシャンプーの使用


市販のシャンプーにはシリコン(高分子ポリマー)が配合されてあるものもあります。

手触りがよい質感に仕上がるような設計がされていることがほとんどですが、一方でシリコン入りのシャンプーはボリュームを出しづらく、ボリュームを求める際にはおすすめできません


髪のハリ・コシを取り戻す解決策


髪の毛のキューティクル強度を高めるタンパク質をつくる司令を出す部分に、直接作用すると言われている「オノニスエキス」という成分が配合されているシャンプーが極めて有効です。


白髪が増えていく原因


白髪の原因


白髪は毛髪に色素を与える色素細胞の機能がなんらかの原因により低下するために生じます。

原因は様々と言われており、遺伝的なものや生理的異常、疾患やストレスなども原因としてあげられています。

出典:青木仁美 毛のメラニン科学と白髪化


白髪の解決策


白髪は生理現象の一つですので、個人的には3つの観点で向き合うことが重要だと考えています。


・日々の生活においてストレスを減らす

・施術や髪形を工夫して向き合う
・頭皮環境を整える

 

若々しく健康な髪は、健康な頭皮から生えてきます。頭皮環境を整えるためには日々のケアを行うことが大切です。

エイジングケアシャンプーや白髪ケアシャンプーを使用することも有効でしょう。


美容師が考える白髪との向き合い方と考え方


エイジングケアとして注目される白髪ケアですが、美容師の立場として言わせていただくと、日々のケアで「白髪をなくせる」というものはありません。

若いうちから白髪になってしまう「若白髪」は年齢が高く見えたり、特に女性には煩わしいものとして存在するのは事実ですが、最近の考え方としては白髪と向き合い、お手入れやカラーをすることで個性を出すことも出来ます。

最近では黒に染めるだけではなく、明るく染めて目立たなくしたり、アクセントとしてあえて残したりと、うまく向き合うことで個性として活きる場面も多く見受けられます。

客観的に向き合い、個性として引き出すこともとても素敵なことです。


エイジングケアシャンプーの選び方


エイジングケアシャンプーの選び方として、以下の3つのパターンについてご紹介します。

・ショートヘアの方の選び方
・ミディアム〜ロングヘアの方の選び方
・乾燥など頭皮環境にお悩みの方の選びかた


ショートヘアの方の選び方


ショートヘアの方におすすめなシャンプーで特に大事な要素は「適切なボリューム」と「髪の毛の流れ」です。

ショートヘアの方は髪の毛のボリュームの変化が、ロングの方に比べて目立ちやすいため、早いうちからボリュームアップに特化したシャンプーを選定していただくことが大事です。


ミディアム〜ロングヘアの方の選び方


ミディアム〜ロングヘアのエイジングケアで大事になってくるポイントはパサつきをなくすこと(ツヤを出すこと)ハリ・コシを出すことです。

エイジングケアの大事な要素の一つは保湿です。

年齢を重ねるごとに髪の毛のキューティクルは水分を維持しづらくなってくることがあります。

また、髪の毛が長くなってくると、そのぶん日常生活の中で受けるダメージも蓄積されていきます。

そのため、髪が長めの方は、保湿を行いつつもツヤを保つためのエイジングケアを行えるシャンプーを選定することが大切です。


乾燥など頭皮環境にお悩みの方の選び方


頭皮の乾燥が進むと「フケやかゆみ」を発症します。

その状態が続いてしまうと、悪臭の原因を作ってしまったり、抜け毛が増えたりとスタイル以前の問題が起きてしまいます。

乾燥を防ぐポイントは「頭皮に優しい洗浄剤」と「適度な保湿」です。

優しい洗浄成分のアミノ酸系やベタイン系の界面活性剤の配合されたエイジングケアシャンプーを選びましょう

特にフケやかゆみを有している方は優先的にケアすることを心がけて頂きたいです。


60代におすすめのエイジングシャンプー11選


第11位 エトヴォス リフレッシュシャンプー 230mL ¥3,080(税込)


こちらは頭皮の臭いを軽減しつつ、洗い上がりはさっぱりとしたスキンケアの観点からも考えられているシャンプーです。

特にトップのボリュームに悩まされている方にオススメの商品です。

フケやかゆみといった悩みを合わせて持っている方にもおすすめできる万能型のシャンプーと言えるでしょう。


第10位 インプライムボリュームアップシャンプー 280mL ¥2,200(税込)


5種類のケラチン・生コラーゲンといった栄養成分が髪に作用し、髪本来のハリ・コシを与えると共に自然なツヤのある髪を再現してくれます。

泡立ちもいい上に洗浄力が優しいので敏感肌な方にもおすすめのシャンプーです。


第9位 ジョンマスターオーガニック 236mL ¥3,190(税込)


乾燥やダメージが気になる方におすすめです。

パサつきをおさえつつ、本来の自然な髪のハリコシを残してくれるオーガニックシャンプーです。

優しい泡立ちが髪の摩擦を最小限におさえてくれ、汚れを適切に洗い流してくれます。


第8位 アマトラクゥオヘアバス es 400mL ¥4,620(税込)


上品な香りが印象的な上質なシャンプーです。

UVケアやアンチエイジングといった観点からもおすすめできる、洗い上がりがさらさらなアミノ酸系シャンプーとなっています。

ノンシリコンということもあり、カラーの頻度が高い方やパーマをかける方にもおすすめできます。


第7位 ロオナ ジャンティシャンプー 200mL  ¥1,760円(税込)


9種類の植物エキスがカラー髪のツヤと質感を整え、美しい髪が育つ頭皮環境を作り上げてくれます。

ダメージ補修成分のヘマチンを配合しています。

毛髪繊維への浸透性に優れ、毛髪内部の「ケラチン」と結合し、失われた毛髪内部を補います。

メラニン色素を復元する効果もあり、白髪防止効果でも注目されている商品です。


第6位 プロアクション フォーシー シャンプー 170mL  ¥1,100円(税込)


汚れとともに髪に残留するアルカリなどを取り去り、髪のpHを健康な状態に戻すことで退色を遅らせることができます。

またクレアチンが髪の損傷部分に入り込み、カラーの定着を促す効果もあります。

洗浄力はやや優しいため、ずっと使い続けるというよりはカラー直後にメインで使うのがオススメです。


第5位 ビオルチアシャンプー 300mL ¥3,280(税込)



育毛剤ブランドのチャップアップが開発したオーガニック育毛シャンプーです。

ビオルチアシャンプーにはラベンダーエキス、ローズマリーエキスなどの自然由来のオーガニック成分が10種類も厳選されて配合されています。
そのため、ハリのあるツヤやかな美髪を保つことができます。

毛髪診断士22名との共同開発したシャンプーです。すべての方の髪質や肌特性を考え抜かれて作られた究極オーガニックボリュームアップシャンプーと言えるでしょう。

低刺激な高級アミノ酸洗浄成分を配合しているため、頭皮を健やかな状態に保ち、健康な髪を実現することができます。

さらに、ノンシリコン、サルフェートフリー、パラベンフリー、鉱物油フリーと安全なもののみを使用しています。オーガニックシャンプーなので肌の弱い方でも安心です。

いつまでもハリのあるサラサラな髪を実現したい方にぜひ試していただきたいボリュームアップシャンプーです。

今なら公式ページからの購入で35%offになります。ぜひこの機会に試して見てくださいね。

 


第4位 オーガニクエ リペアシャンプー(トリートメントとセット) 350mL ¥4,378(税込)


使えば使うほど健康を感じる髪になる至高のオーガニックシャンプーです。

まったくベタつきがない仕上がりで、毛先までサラサラとした質感を得ることができます。

カラー毛、くせ毛の絡まりを軽減してくれ、適度なボリュームをキープも叶えられます。


第3位 KAMIKA(カミカ)黒髪クリームシャンプー ¥1,980(税込)400g


KAMIKAは白髪予防に特化したおすすめのシャンプーです。

See Also

アルガンオイルやオリーブオイル・ヒマワリ種子油などをたっぷりと配合しているため、髪や頭皮への優しさを実現しながら洗うたびに潤いを補給することができます。

ヘアオイルを使わなくても髪がきしまないシャンプーです。

そのため、トリートメントやコンディショナーはいりません。

シャンプー1本でやわらかで軽やかな美しい髪へと導いてくれます


ノンシリコンでありながらもさらっとした洗い上がりで、ボリュームキープもしてくれるため、白髪染め世代から定評があります。

公式ページからだと、今なら通常価格の65% offで購入できるので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。


第2位 haru kurokamiシャンプー 400ml ¥3,168円(税込み)

haru kurokamiシャンプーは、洗浄成分なマイルドな成分が配合されているアミノ酸系シャンプーです。

ココイルメチルアラニンNa.ココイルグリシンK.などが髪や頭皮に優しい洗浄成分であり、余計なダメージを与えない効果があります。

ダメージを減らすことができれば、抜け毛の防止や髪のボリューム感upにつながるため、エイジングケアシャンプーとしておすすめのシャンプーとなっています。

現在、公式から購入されますと、通常価格の20%offで購入することができますので、ぜひお試しくださいね。


第1位 ラサーナプレオールシャンプー 130ml ¥1,980円(税込)

60代の方におすすめしたいエイジングシャンプー第1位は、ラサーナプレミオールシャンプーです。

このシャンプーには、アミノ酸系洗浄成分が含まれており、髪の毛に必須であるアミノ酸が含まれている洗浄成分のため、余計な負荷を髪に与えずに洗うことができます。

また、海泥には頭皮の毛穴の奥にある細かい汚れもしっかりと取り除いてくれる役割があるため、髪質だけではなく頭皮環境もしっかりと整えてくれます。

ハリとツヤのある髪へと導くには髪のケアだけではなく頭皮環境も整えることが非常に重要です。

そのため、エイジングシャンプーとしてもっともおすすめしたいシャンプーです。

今なら、公式から購入されますとヘアエッセンスとトリートメントがセットで、通常価格の49%Offで購入できるのでぜひお試しくださいね。


効果的なシャンプーのやり方


目的を認識する


シャンプーの主な目的は「頭皮や髪の毛の表面についた汚れを洗い流す」ということです。

しっかりと泡立たせたのちに頭皮に指をそわせて軽くこする様に洗ってあげましょう。

もし一回のシャンプーで泡立たない様でしたら2度洗いする事をおすすめします。


しっかりと汚れを浮きだたせた後に流す


汚れを浮きだたせるためにしっかりと泡立てたあとはすぐに流すのではなくて、泡立っている状態を少しキープし、汚れを浮きだたせましょう。

その後流す際には指を頭皮にしっかりと沿わせ、流れているかどうかを確認しながら洗い流すことが大切です。

シャンプーやコンディショナーが流しきれていないと、肌荒れやぺたんこ髪の原因になりかねません。

特にボリュームにお悩みの方はしっかりと洗い流しましょう


シャンプー後コンディショナーやトリートメントを正しく扱う


コンディショナーやトリートメントの使用法で「頭皮につけたほうがいいですかと」質問される事があります。

しかし、トリートメントなどはなるべく頭皮にはつけない様に髪の毛に塗布してください。

基本的にトリートメントなどは髪の毛用に作られています。洗い残しやぺたんこ髪の原因となりますので注意しましょう。


美容師が教える!髪のボリュームダウンや白髪の増加を予防する習慣


血行をよくする


頭皮は体の末端です。

特に重力に逆らった位置にあるので血流が流れづらくなりやすいといわれています。

定期的に頭をマッサージして血行をよくすることによって、健康な頭皮の状態をキープすることができます。


睡眠を良くとり、ストレスをためない生活を心がける


睡眠はホルモンバランスを整えるためにとても重要です。

特に毛髪はホルモンバランスと深く関わりがあると言われており、ストレスをためないことが一つの白髪予防になるとも言われています。

忙しい中でも睡眠を取ることを忘れずに過ごしましょう。


髪の毛の乾かし方を工夫する(ドライヤーを正しくかける)

髪の毛のボリュームはドライヤーのかけ方(セットの仕方)によってとても大きく変わってきます。

本来毛髪は頭皮に対して垂直に生えているので、頭皮に対して垂直にに引っ張った状態で乾かすことで自然な立ち上がりを作ることができます。


参考画像

ドライヤーを使わずに髪の毛が濡れたまま寝てしまうと、ぺたんこになる上に雑菌が湧いてしまう恐れがあるのでやめましょう。


若見え!美容師直伝「おばさん感がなくなるセット方法」


老けて見える特徴3選


せっかくエイジングケア用のシャンプーを使用しても、セット方法が間違っていればおばさん感が出て老け見えしてしまいます。

老けて見える特徴は以下の3つです。

・髪型が縦長ではなく横長
・パサつきがある
・白髪と染めている髪の境目が見えてしまう


髪型が縦長ではなく横長


顔の形や様々な要因はありますが、トップがぺたんこな状態で髪の毛が乾燥していると横広がりのスタイルになってしまいます。

一般的に横広がりのスタイルはシャープさがなくなり、少し野暮ったく見える傾向にあります

分け目をセンターではなく、左右のどちらかから分けてトップのボリュームを出すように心がけましょう。

バランスとしてはトップの高さが適度にあり、左右の幅は出しすぎないシルエットが理想的です。


パサつきがある


乾燥した髪には、見てすぐにわかるほどにはっきりとパサつきが現れます。

髪質に関係なく洗い流さないトリートメントやスタイリング剤で保湿を補う事が大事です。

自分にあった使い勝手の良い商品を見つけてみましょう。


白髪と染めている髪の境目が見えてしまう


白髪の多くの方が感じていることですが、リタッチ部分というところはとてもはっきりとわかってしまうものです。

最近では境目をなじませるためのカラー(ハイライト)をするなど、白髪を活かすことの出来る工夫がたくさん展開されています。

ただ「染める」だけでなく、白髪を個性に出来るような楽しみ方を見出すお手伝いができたらと日々感じております。


エイジングケアシャンプーを使う際の注意点


注意

シャンプーを選定する際には大切なこととして「目的にあったものを選定する」ということを忘れてはいけません。

髪の毛が乾燥しているのにボリュームに特化したシャンプーを使ってしまうとより扱いづらくなったり、ボリュームが欲しいのにくせ毛が収まるような保湿に特化したシャンプーを使ってしまうとぺったりしてしまったりします。

今やたくさんの種類があるシャンプーの中で自分の目的にあったものをしっかりと選定することは簡単ではありません。

その中で一番大切なことは「自分の状態を知る」ことです。

他の人と髪の状態を比べる機会はあまりないと思いますが、人それぞれ髪の質は全く異なります。

特にエイジングケアとなってくると少なからず「変化」に敏感でなくてはいけないと思っています。

自分の髪がどういう状態からどう変化したのか、それを把握することで選ぶべきシャンプーが見えてくるはずです。

エイジングケアシャンプーの多くの特徴として

・ノンシリコン
・保湿効果が物足りない
・きしみやすい

などといった仕上がりの声が多いですが、トリートメントで毛先の乾燥をケアしてあげたり、洗い流さないトリートメントで扱いやすさをカバーしてあげたりなど、シャンプーだけに頼るのではなく、他の商品と併用して髪の毛の状態を維持していくことも必要になります。


さいごに


人はいつまでも美しくある事で素敵に輝くと思います。

「加齢という変化」に対応するということは自分自身に敏感でいる必要性を感じます。

客観性を常に持ち、ご自身の髪の毛をしっかりといたわって日々ケアしてあげてみてください。

少しでも髪の毛にお悩みの方々の力に慣れたら幸いです。素敵なシャンプーに出会えることを願っています。


参考文献一覧

View Comment (1)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top