Now Reading
オーガニックトリートメントおすすめ10選|美容師厳選

オーガニックトリートメントおすすめ10選|美容師厳選

「オーガニックトリートメントは普通のトリートメントと比べてどこが違う?」
「オーガニックトリートメントのデメリットは?」
「髪のパサつきを抑えることができるトリートメントの見つけ方は?」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、オーガニックトリートメントの効果や選び方について紹介します。

また、現役美容師が厳選したおすすめのオーガニックトリートメントも最後にお伝えします。


この記事でわかること  

・オーガニックトリートメントはナチュラルな仕上がりを求めている方や自然の香りが好きな方におすすめのアイテム 

・仕上がりや成分で自分にあったオーガニックトリートメントを選ぶことが大切  


もくじ

オーガニックトリートメントとは?

オーガニックとは、広義では「有機」であることを指します。

なのでオーガニックトリートメントというと、有機栽培された自然由来の原料を元にした成分を配合して作られているトリートメントのことをいいます。。

一口にオーガニックトリートメントと言っても種類は様々です。

日本国内だとオーガニック由来の成分配合の度合いに基準はありません。
成分の多くがオーガニックの原料のものもあれば、数パーセントだけ入っているものもオーガニックトリートメントとして分類されます。

普通のトリートメントでは、人工的な香料がつかわれたり、鉱物油や防腐剤などケミカルなものも数多く入っていたりします。

普通のトリートメントに比べるとオーガニックはケミカル系の成分が少ない場合が多いので、なるべくナチュラルなものを取り入れたい人向けのトリートメントと言えます。

また、無添加や鉱物油、防腐剤フリーなど、製品によって差があるので、ご自身の髪や頭皮の状態を見て選ぶと良いでしょう。

オーガニックトリートメントのメリットは?

オーガニックであることの良さは、使い心地にあると思います。

まず、自然なエッセンシャルオイルの香りで心と体を癒してくれます。
人工的な香料のツンとした感じが苦手な人には向いているでしょう。

そして、肌にも優しい成分であるというところも魅力です。。
日々使う物の成分は肌に良いもの、と考えている人も少なくないと思います。
優しい仕上がりで、敏感な肌にもストレスなく使えるというのは安心して使い続けられる基準になります。

ブランドによっては環境に配慮していたり動物実験を行わないなどの点も挙げられます。

アレルギー体質の人は、基準値の高いオーガニック製品を使うことで安全生もアップします。

オーガニックトリートメントのデメリットは?

オーガニックトリートメントのデメリットは、基本的にブリーチやパーマ、カラーなどでダメージしている髪には使いにくいところです。

きしみを抑えたり滑らかな手触りの髪にするには、オーガニックのものでは物足りなく感じるかもしれません。

最近はシリコンフリーの製品も多く見かけますが、髪の状態によってはシリコン入りのトリートメントの方が髪のツヤや質感がアップする可能性もあります。

また、オーガニックトリートメントと言っても日本の基準では農林水産品にしか明確な規格がありません。
本当に自然由来のものをどれくらいの割合で作っているのかを見極めるのが難しいということです。

植物由来のものを使っても肌や頭皮が痒くなったり荒れてしまうこともあります。
ご自身の肌や髪の状態をしっかりとチェックした上で使うのが良いです。

オーガニックトリートメントをおすすめできる方の特徴

オーガニックトリートメントをおすすめできる方の特徴は以下の通りです。



1. 髪のダメージが少ない方  

2. ナチュラルな仕上がりを求めている方  
3. 自然の香りが好きな方

1. 髪のダメージが少ない方

極度な枝毛や乾燥での引っかかりがなく、黒髪や髪がある程度健康な人の方が合っています。

オーガニック製品の中にはカラーの褪色を防いだり、ダメージ補修をしてくれるものもあります。

ですが、カラーやパーマなどの薬剤で受けたダメージ度合いが高いとオーガニックの製品では補修が追いつかないため、不向きと言えます。

2. ナチュラルな仕上がりを求めている方

自然由来のものを多く使うため、仕上がりはナチュラルでさっぱりした感じのもの、サラサラで柔らかい質感になるものが多いオーガニック製品。
長く使える優しい製品を探している人に向いているアイテムです。

3. 自然の香りが好きな方

人工的ではない優しい香りが魅力なので、バスタイムに癒しの効果を得られるのがメリットです。

【あわせて読みたい】

↓ 市販ヘアオイルおすすめはこちら ↓

オーガニックトリートメントの種類・効果

オーガニックトリートメントには洗い流すタイプのもの(インバスタイプ)と、洗い流さないタイプのもの(アウトバスタイプ)があり、それぞれ効果や使い方が違います。

インバスタイプのトリートメント

インバスタイプのトリートメント髪の内部まで補修したり、きしみを抑えて保護したりすることができます。

また、頭皮につけられるタイプのものは、髪だけでなく、頭皮の環境を整えて保湿してくれる働きもあります。

アウトバスタイプのトリートメント

アウトバスタイプのトリートメントは主に、髪の手触りを良くしたり、ツヤ感を出すのを助けます。

アウトバスタイプのトリートメント主に以下の4種類があげられます。



 ・オイルタイプ

 ・ミルク・クリームタイプ
 ・ジェルタイプ 
・ミストタイプ

オイルタイプ

オイルタイプは主に手触りが滑らかになり、艶が出やすいものが多いです。
ある程度重さも出るので、広がりを抑えたい、しっとりさせたい人にも向いています。

ミルク・クリームタイプ

ミルクやクリームタイプのものはオイルよりも水分が多いため、内部の水分補給ができます。
乾燥した部分を抑えてしっとりした仕上がりになるのが特徴です。
カサカサ、パサパサ感が気になる人におすすめです。

ジェルタイプ

ジェルタイプはベタベタせず馴染みが多いものが多く、サラッとした仕上がりなのであまり重い仕上がりにしたくない人向けです。

ミストタイプ

ミストタイプは一番軽く、サラサラ系の仕上がりです。
また、製品によってはハリコシが出て、ボリュームを出やすくしてくれるものもあるので、ペタッとする、ボリュームが出にくい猫っ毛の人にもおすすめです。

オーガニックトリートメントの選び方

オーガニックトリートメントは、以下の3つのポイントで選ぶといいでしょう。


1. 仕上がりで選ぶ

2. 配合されている成分で選ぶ
3. 香りで選ぶ

1. 仕上がりで選ぶ

しっとりさせたい場合は、十分に保湿成分が入っているかを確認するのがポイントです。

天然のオイルが数種類以上配合されているもの、タンパク系の保湿成分も髪の補修をしてくれるので効果が高くなります。

軽い仕上がりが好きな場合は、サラサラになる、テクスチャーも重くないものを選ぶのがおすすめです。

2. 配合されている成分で選ぶ

アレルギーがあったり肌が弱い人であれば、十分な自然由来成分が配合されているかを確認しましょう。

中には自然由来の成分で痒くなったり荒れてしまう人もいるため、アメリカやヨーロッパの一定の基準を満たした物の方が安全に使える場合もあります。

しっかり補修したいのであれば、ホホバオイルやアルガンオイル、マカダミアなどの自然のオイル配合の物がおすすめです。

ホホバオイル

肌や頭皮にも使える万能のオイルです。サラサラととても馴染みが良いのも特徴です。

水分保持に優れていて、蒸発するのを防ぐバリアとしての働きをしてくれるので、ドライヤーからの熱から髪を守ってくれ、パサパサしてしまった毛先もしっとりまとまります。

アルガンオイル

アルガンオイルも髪のつやが出てしっとり感が出ます。

ホホバオイルと比べるとやや粘度が高く浸透力が高いのが特徴です。

内部からしっとり柔らかい仕上がりになりますし、その他の成分との配合比率にもよりますがやや重めの仕上がりと言えます。

マカデミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルはマカダミアから抽出されるオイルで、乾燥から髪を守ります。
肌や髪にスッと馴染むパルミトレイン酸系のオイルなので、軽い仕上がりながらもキューティクルを整えてサラサラの仕上がりになります。

3. 香りで選ぶ

天然の香料で作られているものを選びます。
自然のオイルが何種類か入っている場合は香りが強くなる場合もありますので、髪に残るものがいいのか、あまり残らないものがいいのか、購入前にできれば確認すると良いです。

精油の割合が多いものだとはっきりした香りがするので香りをメインで選ぶのであれば選ぶポイントになります。

オーガニックトリートメントに関する注意点

ある一定の基準を満たしたオーガニック製品であれば使用期限があり、普通のトリートメントに比べると短くなっています。
それはパラベンなど防腐剤が入っていないためです。

頭皮や髪に優しい反面、湿度や温度によって製品の品質が不安定になることがあります。常にお風呂場に置いて置かないか、換気をして湿度をコントロールするなど、取り扱いには注意が必要です。

また、オーガニック製品の全てが安全でアレルギーが起きないというわけではないことです。
精油やその他の自然の成分で痒みが出てしまうこともあります。

製品の特徴や使い方を知り、すすぎはしっかりするなど基本的なことは守って使うのがポイントです。

美容師が厳選した!オーガニックトリートメント10選

※このランキングは美容師(毛髪診断士、ORGANIQUE MAGAZINE編集部員)個人の主観に基づいて作成されています。
※*価格は公式価格で表示

第10位 熊野油脂 ビューア オーガニックリンクヘアトリートメントチューブ 230g ¥880

ローズマリーやラベンダーなど、植物由来の成分を配合しており、パサパサした髪も
自然にまとまります。

シアバターや蜂蜜、椿油など保湿力の高い成分も配合していて、毛先のパサつきや乾燥を抑えてくれます。オーガニック系でありながら、値段がお手頃で試しやすいのもポイントです。

天然のエッセンシャルオイルの香りに癒されリラックス効果も期待できます。
バランスの取れた使いやすい製品です。

第9位 エヌオーガニック マイルド&リファイニングトリートメント 300g ¥3520

アルガンオイルやマカダミアナッツ油、椿油を配合した保湿効果に優れたトリートメントです。

防腐剤のパラベンや鉱物油、刺激が強い洗浄剤のラウレス硫酸、着色料不使用と優しい処方です。

肌や頭皮のパサつきが気になる、自然派でありながらもある程度はしっかりとしたしっとり感が欲しい人におすすめです。

枝毛や切れ毛、カラーの褪色も防いでくれるため、カラーリングしている人にもおすすめです。

第8位 ファイブハーブス リペアリングヘアミルクセラム100ml  ¥4290

乾燥して広がる、湿度でうねる髪が扱いやすくなる、アウトバスタイプのトリートメントです。

天然保湿成分がキューティクルの保護膜をしっかりと作るので、ドライヤーの熱や乾燥から髪を守ります。

ミルクタイプなのでドライ前の濡れた状態でも馴染みがよく、水分バランスを整えてくれます。

また、乾いた状態でも使えるので日中の乾燥対策やお出かけ前にも使えます。イランイランやオレンジ、ラベンダーの香りが特徴的で癒されます。

第7位 ザ パブリック オーガニック スーパーバウンシー 精油トリートメント 本体  ¥1,738 / 480mL 詰替え:¥1,298 / 400mL 1dayトライアル¥143 / 各10mL(シャンプー/トリートメント)

99パーセントが自然由来で香り付けは100%精油で作られたトリートメント。

植物由来のタンパク質やコンディショニング成分をたっぷり配合していて保湿効果もしっかりとしています。

鉱物油、着色料、シリコン不使用ですが指通りの良い仕上がりです。

何よりバスタイムにふわっと広がるエッセンシャルオイルの香りにとても癒されます。
香りの良いトリートメントをお探しの人にとてもおすすめです。

第6位 ラ・カスタ アロマエステ ヘアエマルジョン 80ml ¥2750

オイルベースで使いやすい、アウトバストリートメントです。

バオバブ種子油とホホバオイルをメインに、しっとりとした仕上がりが特徴です。

オイルでも髪にすっと馴染むのでベタベタしない使用感もストレスなく使えます。

カラーの褪色防止効果のある成分も配合しており、カラーで乾燥してしまった毛先が気になる人におすすめです。

イランイランやレモン、ラベンダーなどのエッセンシャルオイルで香りも癒されます。

第5位 ジョンマスターオーガニック R&Aヘアマスク(ローズ&アプリコット)118ml ¥4290

全米オーガニックプログラム基準の、USDA認証を受けており、95%以上のオーガニック成分を配合しています。

肌に優しいもの、安全な物を探している人におすすめです。

ローズの花びらをふんだんに使ったローズウォーターを使用しており、使うたびにふわっと広がる香りに心も満たされます。

使用はサラサラで髪の内部まで柔らかくなったような仕上がりです。

週1、2回のスペシャルケアとして使うのにおすすめです。

第4位 AROMA KIFI <MOIST SHINE> オーガニックトリートメント  精油100%シトラスハーブの香り 480mL ¥1540

香料は全て天然の精油を使用したトリートメントです。

調香にもこだわっており、甘くないシトラス系の香りは季節を問わず、爽やかで癒されます。

オーガニック由来の保湿成分を多数配合していて、ドライヤーをした後の手触りも柔らかい印象です。

翌朝も綺麗にまとまり、ツヤ感とツルツルな感じが持続します。

第3位 プロダクト ヘアシャインセラム ¥2200

USDAオーガニック認証のブランド、プロダクトのアウトバストリートメント。

パッケージも可愛く、使いやすさから人気の製品です。

ミスト状のトリートメントはスプレーで吹きかけて使うので扱いやすく、てもベタベタになりません。

軽い感じの仕上がりなのにまとまり、自然なツヤが出ます。

ラベンダーやひまわり種子油など数種のオイルが髪を柔らかくしてくれる効果もあります。
重くならない自然なサラサラヘアを目指す人におすすめです。

第2位 アヴェダ ダメージレメディー シリーズ デイリー リペア 100ml ¥4180

動物由来成分は一切使わないというアヴェダのアウトバストリートメントです。

他の製品にも共通しますが、主張しすぎないのに柔らかい香りです。

オーガニックのベルガモット、マンダリン、イランイランのブレンドされた香りは毎日使っても癒されます。

コムギプロテインやダイズなどの毛髪補修、保護成分に加え、マカダミアでツヤ感やまとまりも出ます。

つけて乾かすと翌朝のまとまりが実感できます。ダメージヘアにお悩みの人におすすめのトリートメントです。

第1位 ヴェレダ オーガニック ヘアトリートメント 150ml ¥2420

天然のミモザの優しい香りに癒されるトリートメントです。

タンパク系の保湿成分でしっとりまとまり、ハリコシが期待できます。

コッテリとしたテクスチャーなので、シャンプー後に水気を切りすぎず髪の毛全体にしっかり伸ばして行き渡らせて使用するのがポイントです。

髪の毛一本一本が柔らかく元気になるのを実感できます。

週1、2回の集中トリートメントとしての使用におすすめです。

【あわせて読みたい】

↓ シャンプー美容師おすすめ ↓

最後に

この記事では、オーガニックトリートメントの特徴やオーガニックトリートメントをおすすめ出来る方の特徴について紹介しました。

オーガニックトリートメントは髪のダメージが少ない方やナチュラルな仕上がりを求めている方、自然の香りが好きな方におすすめです。

自身の髪の悩みに合わせて、仕上がりや配合されている成分を見極め、ぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top