Now Reading
美容師が選んだ!髪がさらさらになるシャンプーおすすめ10選

美容師が選んだ!髪がさらさらになるシャンプーおすすめ10選

「髪の手触りが悪い」

「最近髪が絡まりやすい」

「さらさらな髪に憧れる」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、現役美容師が髪をさらさらにする方法などについて紹介します。

また、最後に髪がさらさらになるおすすめシャンプーもお伝えします。

もくじ

この記事に登場する専門家

この記事で分かること

・髪の毛がパサつく原因の1つにキューティクルの乱れがある

・髪の毛をサラサラにするには、アミノ酸系のシャンプーを使用する


髪がさらさらな状態とは?

髪の毛がさらさらな状態とは?

・髪の毛の一番外側にあるキューティクルが関係している

・キューティクルが傷つき、形状が乱れると髪の毛の手触りが悪くパサついた印象を与える


艶やかでさらっと風になびく髪は健康的で美しい印象を与えますよね。

そもそも、髪の毛のさらさらという質感には髪の毛の表面にうろこ状に存在する「キューティクル」というものが関係しています。

髪の毛は3つの層から構成されています。

一番中心部分が「メデュラ」で、その周りを「コルテックス」が覆っています。

最後にそのコルテックスの表面を「キューティクル」が包み込んでいる状態になります。

コルテックスは、主にタンパク質で構成されていて、たくさんの水分を含んでいます。

健康な髪であれば、キューティクルが髪の表面をしっかりと覆い、コルテックスのタンパク質や水分を守る働きをしています。

見た目も艶やかで指通りも滑らかなさらさらな髪のというのは、キューティークルが剥がれたりせずしっかりと蓋をして閉じた状態になっています。

手触りや指通りが悪くパサついた髪の毛は、通常であればうろこ状に重なり合うはずのキューティクルが傷つき形状が乱れている状態になっています。

出典リンク:髪の構造|髪の知識|花王株式会社 ヘアケアサイト

髪がさらさらでなくなる原因は?


髪の毛がサラサラでなくなる原因

1.普段の何気ないシャンプー

2.髪の毛を自然乾燥させている


1.普段の何気ないシャンプー

普段家で行うシャンプーには注意が必要です。

シャンプーは髪の毛や頭皮を健やかに保つために必要不可欠です。

しかし、間違った方法で続けてしまうと髪の毛の状態は悪化します。

髪の毛をさらさらに保つために重要なキューティクルは、濡れると開くという性質を持っています。

そのため、力一杯ゴシゴシと洗うとキューティクル同士がこすれあい傷つく原因になります。

シャンプーをする際は、しっかりと泡立てることで、なるべく髪の毛同士の摩擦を防ぐことが重要です。

また、ゴシゴシと洗いすぎると頭皮が傷つく原因にもなります。

指の腹で優しく洗うようにしましょう。

2.髪の毛を自然乾燥させてしまう

髪の毛を乾かすのが面倒だからとドライヤーで髪の毛を乾かさずに、自然乾燥にしているという方もいるのではないでしょうか。

髪の毛は濡れている状態だとキューティクルが開いてしまいます。

そのままの髪を放置していると、髪に必要なタンパク質や水分がどんどん失われてしまい髪の毛がパサつく原因になります。

また、髪の毛が濡れたままの状態で寝ると髪の毛が枕に擦れることでキューティクルが剥がれる原因にもなります。

自然乾燥はフケやかゆみ、臭いなど頭皮環境の悪化を引き起こす可能性があります。

面倒でもドライヤーでしっかりと乾かすことが重要です。

美容師直伝!髪をさらさらにする方法


髪の毛をサラサラにする方法

1.丁寧なシャンプーを心がける

2.ドライヤーで乾かし「一手間」加える
3.髪の毛がサラサラになるシャンプー を使う


1.丁寧なシャンプーを心がける

シャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とし清潔に維持するために必要不可決です。

しかし、間違った方法やちょっとした手間を省いてしまうと髪にダメージを与える原因になる可能性があります。

まずシャンプーをする前、髪にある程度の長さがある方であれば軽くブラッシングをするようにしましょう。

ブラッシングにはあらかじめ髪の毛の絡まりを取るという働きがあります。

しかしそれだけではなく、余分な皮脂や汚れが浮き上がって落ちやすくなるため、シャンプーの量も少なくすませることができます。

また、シャンプーはしっかりと泡立てることで髪の毛同士の摩擦を和らげ、キューティクルの剥がれを防ぐことができます。

そのためには、シャンプーをつける前にしっかりと予洗いをすることが重要です。

予洗いとは、シャンプーをする前にお湯のみで髪の毛や頭皮を洗うことを指します。

予洗いを丁寧にすることで、ある程度の皮脂や汚れを落とすことができるため、少量のシャンプーでしっかりと泡立たせることができます。

しかし、髪の毛がお湯でびしゃびしゃな状態でシャンプーを泡立てると水っぽい泡になってしまいます。

しっかりと濡らした後は軽く髪の水分を絞り、空気・水分・シャンプーの三つを優しく揉み込むように泡立てるようにしましょう。

2.ドライヤーで乾かし「一手間」加える

髪を乾かすのが面倒で自然乾燥させていると、開いたキューティクルから水分がどんどん抜けてしまい、パサつきやゴワつきの原因になります。

自然乾燥は避け、ドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

まず、髪を乾かす前はタオルである程度の水分を拭き取ります。

この時も力いっぱいゴシゴシとこすってはいけません。

髪の毛同士が擦れてダメージの原因になってしまう恐れがあります。

タオルドライは頭皮を指の腹でポンポンと弾き、髪の水分はタオルで優しく叩くように取るようにしましょう。

次に、ドライヤーで髪を乾かす際は地肌を指でこするようにして、根元から乾かすようにします。

根元から乾かすことで無駄な熱による髪のダメージを最小限に抑えることができます。

最後に仕上げの一手間として、上から下に向かって冷風を当てることでキューティクルを固定することができます。

また、冷風を地肌に当てるとドライヤーの熱を冷ます効果があり、寝汗や寝癖防止になります。

3.髪がさらさらになるシャンプーを使う

使用するシャンプーも髪の毛がサラサラになるシャンプーを使うと更に効果的です。

具体的には、髪の毛同士の摩擦を最小限に抑えることができる泡立ちが良いものであったり、指通りやツヤ感の悪化の原因になるキューティクルをケアする成分が含まれているものが挙げられます。

シャンプーには、頭皮と髪の毛を健やかに保つ効果があります。

各メーカーで様々な種類のシャンプーが販売されていますが、それも同じように見えてそれぞれ特徴が異なります。

ご自身のお悩みによって、必要な成分は異なるため、確認して選ぶことでより効果を実感できます。

髪がさらさらになるシャンプーの選び方


髪の毛がさらさらになるシャンプーの選び方

1.洗浄成分で選ぶ

2.配合されている成分で選ぶ
3.香りで選ぶ


1.洗浄成分で選ぶ

シャンプーには頭皮の汚れを落とすことを目的とした「洗浄成分」が含まれています。

その洗浄力は種類によって様々です。

あまりに洗浄力が強すぎると、頭皮や髪の毛に必要な潤いまで取り除いてしまい地肌の乾燥や髪のパサつきの原因になってしまいます。

そのため、髪の毛をサラサラに保つためには程よい洗浄力と保湿効果のある「アミノ酸系」シャンプーがオススメです。

アミノ酸系シャンプーの見分け方としては成分表示の中に「ココイル〜」や「ラウロイル〜」と表記があるものです。

アミノ酸系シャンプーには保湿効果だけでなく、程よい泡立ちやコンディショニング効果もあります。

2.配合されている成分で選ぶ

サラサラ状態を維持するためにはキューティクルをしっかりとケアする必要があります。

そのためキューティクルのケアすることができる成分が含まれているシャンプーを選ぶようにしましょう。

具体的には、キューティクルの剥がれを防ぐ効果のある「ユズ果実エキス」や、キューティクルをコートし髪のツヤ感を向上させる効果のある「ゼイン」などを含むシャンプーがおすすめです。

艶やかで指通りの良い状態に仕上げることができます。

出典リンク:​​ユズ果実エキス(ユズセラミド)はヒト型に近い!効果は? | エイジングケアアカデミー

出典リンク:ゼインの成分解説と安全性、役割|白髪染め・カラートリートメント総合サイト リカラ


3.香りで選ぶ

毎日使うシャンプーであればいい香りがするものを選びたいですよね。

サラサラと髪が風になびいた瞬間、ふわっと良い香りに包まれると気分も高まります。

シャンプーの香りは「柑橘系」「フローラル系」「石鹸系」など様々な種類のものがあります。

香りによって周りに与える印象も異なるため、ほのかに香るフレグランスの代わりとして気分によって使い分けるのも良いでしょう。

しかし、香料というのは刺激物の一種でもあります。

敏感肌の方や頭皮に傷があったり荒れているという方で頭皮に異常を感じた場合は、無香料のものを選ぶようにしましょう。

髪がさらさらになるシャンプーに関する注意点

髪の毛がさらさらになるシャンプーの注意点

・アミノ酸系シャンプーを使用し、石けん系や高級アルコール系シャンプーは控える

・シャンプーの後はぬるめのお湯でしっかりと流す

髪の毛をサラサラに保つためには表面にあるキューティクルをしっかりと閉じる必要があります。

髪のキューティクルには、pHによって開いたり閉じたりする性質があります。

弱酸性ではキューティクルが閉じ、アルカリ性では開くという性質があります。

そのため、健康な肌や髪と同じ弱酸性のシャンプーで洗うことでキューティクルが閉じ、サラサラとした状態になりやすいです。

これに適したシャンプーが弱酸性であるアミノ酸系シャンプーです。

その反対に、石鹸系シャンプーや高級アルコール系シャンプーはアルカリ性であるため注意が必要です。

一般的に市販で多く販売されているシャンプーには泡立ちを良くするために石鹸系や高級アルコール系の洗浄成分が使用されえていることが多いです。

泡立ちの良さは洗浄力の強さによるものという場合もあります。

洗浄力が強すぎると、頭皮や髪の毛に必要な潤いまで奪ってしまい乾燥やごわつき等のダメージ悪化の原因になります。

気をつけるべき洗浄成分は以下のものが挙げられます。

石鹸系シャンプー
・石けん素
・脂肪酸ナトリウム
高級アルコール系シャンプー
・ラウリル硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム

また、サラサラになるシャンプーとはいえその洗浄成分や保湿成分が地肌に残留してしまうと、頭皮のかぶれや炎症、フケやかゆみの原因になる場合があります。

シャンプーの後は乾燥を防ぐために高温のお湯ではなく、37〜38程度のお湯でしっかりと流すようにしましょう。

美容師が厳選した髪がさらさらになるシャンプーおすすめ10選

※このランキングは美容師個人の主観に基づいて作成されています。

※*価格は公式価格で表示

第10位 アクアノア アミノレスキュー モイストシャンプー 400ml ¥1,450(税込)

アミノ酸を20種類配合し、シルク系の洗浄成分を配合しているため、髪の毛の主成分であるタンパク質を効率的に補う効果があります。

また、保湿成分であるアミノセラムPTCを配合しているため、髪の水分バランスを保ち自然なツヤと潤いを維持する効果が期待できます。

第9位 無印良品 エイジングケアシャンプー 300ml ¥990(税込)

ざくろや木苺など10種の天然美髪成分と、ヒアルロン酸やコラーゲンなど5種のうるおい機能成分を配合しています。

そのため、特に年齢による髪の乾燥やダメージが気になる方にオススメのシャンプーです。

合成香料無添加・無着色・無鉱物油・弱酸性・シリコンフリーであるため乾燥肌の方だけでなく敏感肌の方やにもオススメです。

第8位 ボタニスト ボタニカル ダメージケアシャンプー 490ml ¥1,540(税込)


約30万種の植物から厳選された植物由来成分が配合されていることでツヤのある、なめらかな髪に洗い上げます。

毎日使うことを考えて作られているためアミノ酸系洗浄成分であることはもちろん、シリコン、パラベン、合成着色料、サルフェートを含まない4つのフリー処方は敏感肌の方も安心です。

第7位 凜恋 レメディアル 無添加 ノンシリコン シャンプー 520ml ¥2,035(税込)


約20種類にも及ぶアミノ酸を配合し、国産植物由来の原料や無添加にこだわって作られたシャンプーです。

特に髪のツヤを保つ「加水分解コンキオリン」を配合していることでサラサラな仕上がりを実感することができます。

女性らしく華やかなローズブレンドの香りも魅力な一本です。

第6位 マー&ミーLatte シャンプー 490ml ¥698(税込)

マイルドな洗浄力を持ち、頭皮と髪に適度な潤いを保つアミノ酸系シャンプーです。

髪、地肌の保護成分であるプレミアムWミルクプロテインを配合しているため、ママも子供も使うことができる濃密泡も魅力の一つです。

第5位 アミノメイソン ディープモイスト ホイップクリーム シャンプー 450ml ¥1,540(税込)

きめの細かい濃密なホイップクリームのような泡が髪を優しく包み、髪の毛同士の摩擦を最小限に抑える効果が高いシャンプーです。

タウリン系やアラニン系などアミノ酸成分を多数含んでいるスーパーアミノ酸処方であるだけでなく、加水分解乳タンパク(牛乳)や加水分解ケラチン(羊毛)なども配合された補修効果の高い一本です。

第4位 ザ パブリック オーガニック スーパー ポジティブ シャンプー 480ml ¥1,580(税込)

アミノ酸系やベタイン系の洗浄成分の濃密泡が髪を優しく包みこみます。

毛髪補修成分である「ワサビノキ種子エキス」を配合した補修力に優れたノンシリコンシャンプーです。

100%精油だけで調合した甘美な香りも特徴での一つです。

第3位 メデル ナチュラル シャンプー ハーバルリフレッシュアロマ 400ml ¥1,320(税込)

泡立ちも低刺激かつ良く適度な洗浄力をもつアミノ酸系シャンプーです。

5種の米由来の潤い成分や厳選植物を配合し、髪や頭皮の乾燥を防ぐ効果があります。

髪の毛のパサつきがきになる方だけでなく頭皮の乾燥が胃にある方にもオススメです。

第2位 いち髪ナチュラルケアセレクト スムース 480ml ¥950(税込)

頭皮や髪の毛に安心のアミノ酸系洗浄成分であるラウロイルメチルアラニンNaが配合された、90%天然由来成分で作られたシャンプーです。

素早く泡立つ濃密な泡立ちが地肌と髪の毛を包み込むのが特徴なだけでなく、合成着色料フリーやノンシリコンであるため敏感肌の方も安心して使うことができます。

第1位 オルビス リリースバイタッチ シャンプー 480ml ¥1,430(税込)

弱酸性の洗浄成分で天然由来の保湿成分であるシルクエキスとパールエキスを配合した、髪の毛をサラサラにするために適したシャンプーです。

無香料、無着色、さらにノンシリコン処方であるので敏感肌の方でも安心して使うことができる一本です。

さいごに

この記事では、髪の毛がパサつく原因とサラサラにする方法についてお伝えしました。

また、髪がサラサラになるおすすめのシャンプーについてもご紹介しました。

髪の毛のパサつきが気になる方はぜひこの記事を参考にお気に入りの1本を見つけてみてください。

参考文献

出典リンク:髪の構造|髪の知識|花王株式会社 ヘアケアサイト

出典リンク:​​ユズ果実エキス(ユズセラミド)はヒト型に近い!効果は? | エイジングケアアカデミー

出典リンク:ゼインの成分解説と安全性、役割|白髪染め・カラートリートメント総合サイト リカラ

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top