Now Reading
美容師厳選!市販メンズ育毛シャンプーおすすめ10選

美容師厳選!市販メンズ育毛シャンプーおすすめ10選

「頭皮のべたつきや匂いが気になる…」

「育毛シャンプーは種類が多すぎて自分で決めるのは難しい」

「抜け毛が増えてきて今後が心配…」

「髪が減ってきてから老けてみられるようになった」

と感じている方は多くいらっしゃいます。

今回は、 メンズ育毛シャンプーの効果やメンズ育毛シャンプーをどのような方におすすめできるのかについて紹介します。

また、現役美容師が厳選した市販メンズ育毛シャンプーも最後にお伝えします。

もくじ

この記事に登場する専門家


この記事でわかること

・育毛シャンプーは頭皮環境を整え育毛を促すシャンプー。洗浄力の優しい「アミノ酸系」か「ベタイン系」を選ぶと良い

・抜け毛や薄毛に効果があるだけでなく頭皮の乾燥や臭い、フケやかゆみを抑える効果もある


市販メンズ育毛シャンプーとは?


育毛シャンプーとは、頭皮環境を健やかに維持し育毛を促すことができるシャンプーのことを指します。

一般的なシャンプーと大きく違うところは、皮脂汚れをしっかり落としつつも程よく保湿をし、血行促進を促す点です。

健康な髪の毛を生やす為の土台づくりに特化しています。

さらに、育毛シャンプーは頭皮環境を改善し整えることによってハリコシアップ効果やフケかゆみ、男性特有の頭皮の臭いまで抑える効果があります。

また、男性は女性に比べ皮脂の分泌量が約3倍とされています。

さらに、男性用のスタイリング剤は女性用に比べ、油分が多く含まれています。

その為、メンズ育毛シャンプーは女性用の育毛シャンプーと比べ、汚れを落とす働きを持つ洗浄成分が強いという特徴があります。

出典リンク:AGA・薄毛予防に育毛シャンプーは効果あり?男女別の選び方を理解して正しい抜け毛対策を

男性の抜け毛はなぜ起こる?


男性の抜け毛の原因

1.過度な頭皮への負担

2.栄養不足
3.ストレス


1.過度な頭皮への負担


抜け毛を促す要因となるのが頭皮への負担です。

普段使うシャンプーの洗浄成分が強すぎる場合、地肌を健やかに保つ為の皮脂を奪いすぎてしまい乾燥状態を引き起こします。

さらに、乾燥状態になることで皮脂が過剰に分泌され毛穴詰まりの原因にもなります。

毛穴の詰まりは、毛髪の成長を妨げる原因になります。

また、乾燥状態は頭皮のバリア機能を低下させ紫外線の影響を受けやすくなります。

紫外線は体内の活性酸素を増やす働きがあるため、髪の元になる毛母細胞にもダメージを与えます。

2.栄養が足りていない


髪の毛の成長には、普段の食事によるバランスのとれた栄養が必要です。

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質でできており、食事から摂取したアミノ酸によって作られます。

そのため、タンパク質の摂取が不十分だと髪の成長を妨げる原因になりかねません。

また亜鉛、鉄、ビタミンの不足も髪の成長を止め抜け毛を増やす原因になります。

3.ストレス


ストレスを感じると一時的に血流が悪くなります。

その結果、髪の毛に十分な栄養を行き渡らせることができなくなってしまいます。

さらに、血流を元に戻そうとする際に活性酸素を発生させます。

活性酸素は全身の様々な細胞を攻撃して酸化させ、老化させていきます。

髪の毛を生成する毛母細胞に対しても同様に攻撃してダメージを与えてしまいます。

その結果、抜け毛を促してしまいます。

育毛剤と発毛剤の違いは?


育毛剤と発毛剤の違い

・育毛剤は頭皮の血行を促進し、栄養を与えることで今生えている髪を健康に育てるためのもの

・発毛剤は新しい髪の毛の発毛と成長を促して毛量を増やすためのもの


育毛剤と発毛剤はよく混同されてしまいがちです。

この二つの大きな違いは「今生えている髪にアプローチしていくか」、「今生えていない髪にアプローチしていくか」というところです。

まず「育毛剤」とは、現状生えている髪の毛が抜けて薄毛にならないように働きかけます。

頭皮の血行を促したり栄養を与える働きがあるため、健康的な髪の毛を育てる効果を得ることができます。。

これに対して「発毛剤」は、新しい毛髪の発毛と成長を促し毛量を増やします。

そのため、AGA(男性型脱毛症)により起こる薄毛や抜け毛を治療することを目的とします。

これら二つは薬事法により明確に分けられています。

「育毛剤」は抜け毛予防や現状の維持に使われる「医薬部外品」とされています。

一方で「発毛剤」は発毛成分のミノキシジルが配合されているなど疾患や症状を治療し改善する「医薬品」と分類されています。

出典リンク:スカルプD:育毛剤と発毛剤は何が違う?2つの特徴を詳しく解説!

市販メンズ育毛シャンプーをおすすめできる方の特徴


おすすめできる方の特徴

1.抜け毛や薄毛を予防したい方

2.頭皮の乾燥が気になる方
3.髪のハリ・コシが気になる方


1.抜け毛や薄毛を予防したい方


年齢とともに抜け毛が増える原因の一つとして、「ヘアサイクルの乱れ」が考えられます。

ヘアサイクルは成長期・休止期・後退期の3つに分けられ、加齢によって成長期が短くなってしまいます。

そのため、十分に栄養を受けて育つことができなかった毛がどんどん抜け毛となり薄毛につながっていきます。

育毛シャンプーを使って血流を促すことでヘアサイクルが正常に機能し、今生えている髪の毛の成長を促し抜け毛を防ぎます。

育毛シャンプーは発毛効果を期待するものではなく、今生えている髪の毛に対してアプローチしていくものです。

2.頭皮の乾燥が気になる方


かゆみやフケに悩んでいる男性は、頭皮が乾燥している可能性があります。

シャンプーは皮脂汚れを落とすためのものです。

しかし、落としすぎることで、頭皮環境が悪化し育毛環境としてはふさわしくない状態となってしまいます。

例えば、最近抜け毛が気になる男性やフケやかゆみ、頭皮のベタつきに悩んでいる男性は頭皮環境が乱れている可能性があります。

育毛シャンプーは、一般的なシャンプーと違って洗浄成分も優しく、乾燥を防ぎ保湿をする有効成分が含まれているものが多いです。

上記のようなお悩みをお持ちの方は、育毛シャンプーを使用することで症状を改善できるかもしれません。

3.髪のハリ・コシが気になる方


年齢とともに髪のハリコシがなくなる原因の1つに毛母細胞の機能が弱っているということが考えられます。

これは血行を促進することで改善が期待できます。

また、そのほかの原因として髪の主成分であるタンパク質や水分の不足や、髪の表面を覆うキューティクルのはがれなどが考えられます。

育毛シャンプーには天然由来成分が含まれています。

不足しがちな潤いや栄養素を補い、ボリュームアップを期待することができます。

市販メンズ育毛シャンプーの効果


メンズ育毛シャンプーの効果

1.抜け毛や薄毛を予防する効果

2.頭皮の臭いを抑える効果
3.フケやかゆみを抑える効果


1.抜け毛や薄毛を予防する効果


髪の毛には寿命があり、伸びては抜け、伸びては抜けを繰り返すヘアサイクルというものがあります。

このヘアサイクルには成長期、休止期、退行期があるのです。

しかし、AGA(男性型脱毛症)の場合ヘアサイクルが乱れることによって成長期が短くなってしまい十分に育つことができません。

育毛シャンプーがもつ頭皮環境を健やかに維持する働きにはこのヘアサイクルを正常に機能させる効果あります。

そのため、抜けにくい髪の毛を育てることができます。

出典リンク:AGA・薄毛でよく聞くヘアサイクル(毛周期)とは|ゴリラクリニックのAGA・薄毛治療

2.頭皮の臭いを抑える効果


必要以上に頭皮に皮脂が残ってしまうと、それをエサとする皮膚常在菌である「マラセチア菌」が増殖し臭いを発生させます。

しかし、だからと言って強すぎる洗浄成分で洗ってはいけません。

皮脂を必要以上に洗い流し、頭皮が乾燥してしまいます。

すると、体が潤いが足りていないと勘違いしてしまい過剰に皮脂を分泌してしまいます。

その結果、マラセチア菌を増殖させてしまう恐れがあります。

育毛シャンプーによる頭皮環境の正常化作用は臭いも防ぐことができます。

3.フケやかゆみを抑える効果


育毛シャンプーには、余分な皮脂汚れを落とし保湿をし頭皮環境を健やかに維持する働きがあります。

必要以上に皮脂を取りすぎず頭皮に皮脂膜を残すことで、頭皮の乾燥を抑えフケやかゆみを抑える効果があります。

出典リンク:頭皮の臭いや脂っぽさが気になります。原因と対策を教えてください。 | ヘアケアQ&A

男性美容師だけが知っている市販メンズ育毛シャンプーの選び方


メンズ育毛シャンプーの選び方

1.洗浄成分で選ぶ

2.有効成分が配合されているものを選ぶ
3.香りで選ぶ


1.洗浄成分で選ぶ


洗浄力が強すぎると必要以上に皮脂を洗い流してしまい、乾燥や皮脂の過剰分泌などの頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

頭皮環境を改善し健やかに保つには、洗浄力の優しい「アミノ酸系」か「ベタイン系」を選ぶようにしましょう。

アミノ酸系やベタイン系であれば頭皮に必要な皮脂を残し余分な皮脂だけをしっかりと落としてくれます。

刺激に弱い敏感肌の方や定期的にカラーやパーマをされている方であれば、頭皮や髪に優しく保湿力の高い「アミノ酸系」がおすすめです。

地肌が乾燥気味の方やカラーやパーマによるダメージが気になる方は、より洗浄力のマイルドなベタイン系がおすすめです。

しかし、この2つだと洗い上がりのベタつきが気になるという脂性の方は、これらだけだと皮脂が頭皮に残った状態となり健やかな頭皮環境にすることができません。

その場合は「アミノ酸系」をベースに「石けん系」の洗浄成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

石けん系は、天然の界面活性剤ではありながらも洗浄力が高いことが特徴で、皮脂をしっかり洗い流してくれます。

一般のシャンプーであれば、より洗浄力の強い「高級アルコール系」シャンプーでも問題ない場合もあります。

しかし、刺激が強く地肌への負担がかかってしまい頭皮環境を悪化させかねません。

育毛シャンプーはあくまで頭皮環境を健やかに維持することが目的であるため使用は控えましょう。

2.有効成分が配合されていものを選ぶ


育毛シャンプーには、洗浄成分だけでなく頭皮環境を健やかに維持するために有効な成分も多く含まれています。

髪の毛の成長に必要な栄養を効率よくしっかりと運ぶためには、血流を促進する必要があります。

そのために有効な成分としてセンブリエキス、ショウガエキス、トウガラシエキスなどがあります。

また、頭皮の乾燥はバリア機能を低下させ刺激に弱くなってしまいます。

乾燥を防ぐ保湿成分として有効とされるものにはセラミド、ヒアルロン酸、豆乳発酵液、天然由来のオイル成分などがあります。

最後に、刺激によるかゆみやニキビなどの炎症によるダメージを防ぐものとして効果的な成分にはグリチルリチン酸ジカリウム、ヒノキチオールなどがあります。

頭皮環境に合わせた有効成分の見極めによっても効率的に頭皮ケアをすることができます。

出典リンク:トウガラシ果実エキスとは…成分効果と毒性を解説

出典リンク:肌の必須成分「セラミド」とは

出典リンク:グリチルリチン酸二カリウム|薬の成分ディクショナリー|エスエス製薬

3.香りで選ぶ


育毛シャンプーの使用感を実感するためには毎日継続して使うことが効果的です。

そのためには、洗い上がりの爽快感やスッキリ感だけでなく香りもポイントです。

整った髪型や見た目での清潔感はもちろんですが、香りによっても好印象を与えることができます。

清潔感のある香りのものを使用することで、臭いが気になる方も安心です。

市販メンズ育毛シャンプーに関する注意点


リンスインシャンプーの注意点

・しっかりとした泡立ちを実現できる石油系界面活性剤は、頭皮への刺激が強く育毛シャンプーには向かない

・「ラウリル〜」「ラウレス〜」と表記のあるものは避けたほうが良い

一般的なメンズシャンプーは、しっかりとした泡立ちや爽快感を得ることができます。

しかし、この使用感を得るために石油系界面活性剤が含まれていることが多くあります。

石油系界面活性剤は頭皮への刺激が強いです。

そのため、頭皮環境を健やかに改善・維持していくことを目的とする育毛シャンプーには向いていません。

目安となる成分として、以下の成分が含まれるものは使用を控えましょう。

・「ラウリル〜」
・「ラウレス〜」 など

また、シリコン入りシャンプーにも泡立ちを良くするための界面活性剤が使われている場合があります。

とはいえノンシリコンシャンプーにも髪が広がりやすくなったり、まとまりが悪くなるなどデメリットも存在します。

自身の頭皮環境や髪の毛の状態に合わせたものを選ぶようにしましょう。

また、育毛シャンプーだからといってその効果を期待するあまり1日に何度もシャンプーしてしまってはかえって逆効果です。

必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥やフケ、かゆみなどの原因になります。

いくら低刺激な洗浄成分とはいえ、頭皮に全く刺激を与えないと言うわけではありません。

過度なシャンプーは、うるおい不足と皮脂の過剰分泌の引き起こします。

シャンプーは1日1回で十分であり、その1回のシャンプーを丁寧に行うことが重要です。

美容師が選んだ!市販メンズ育毛シャンプーおすすめ10選

※このランキングは美容師個人の主観に基づいて作成されています。

※*価格は公式価格で表示



第10位 スカルプD 薬用スカルプシャンプー ドライ 乾燥肌用 350ml ¥3,973(税込)


頭皮の乾燥が気になる男性用の育毛シャンプーです。

アミノ酸系洗浄成分を配合したノンシリコン処方であるため、程よく頭皮の潤い保つことができます。

また、オウバクエキス、ゲットウ葉エキス、メリッサエキスの「トリプルホールド成分」により頭皮と髪を健やかに保つ効果が期待できます。

第9位 大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スカルプシャンプー 300ml ¥1,650(税込)


髪と頭皮に刺激が少なく安心のアミノ酸系洗浄成分配合の育毛シャンプーです。

また、コアセルベーション技術によりノンシリコン処方にも関わらず髪を痛めることなく優しく洗い上げます。

殺菌剤と消炎剤の二つの有効成分が健康な頭皮に導きます。

第8位 LUCIDO(ルシード) 薬用スカルプデオシャンプー 450ml ¥1,412(税込・楽天価格)


40歳からの頭皮ケアと育毛にオススメのノンシリコン処方のシャンプーです。

40代男性の特有の加齢臭とは違う「ミドル脂臭」の元になるねっとり脂をしっかりと除去してくれます。

カンゾウ抽出末、桂皮エキス、緑茶エキスなどの保湿成分を配合しています。

そのため、サッパリと仕上げつつ、しっとりとした洗い上がりに仕上げてくれます。

アミノ酸系をベースに高級アルコール系をブレンドした洗浄力の高い育毛シャンプーです。

頭皮が乾燥しないようにグルタミン酸やアルギニンなど保湿効果の高い成分がしっかりと含まれているのも特徴の一つです。

清涼感のあるシトラスジンジャーの香りが嫌な臭いもカバーしてくれます。

脂性肌用と乾燥肌用があります。ご自身の肌質にあったタイプを選んでみてください。

第7位 アンファー(ANGFA) スカルプDネクスト プロテイン5 350ml ¥1,986(税込)


アミノ酸系をベースに高級アルコール系をブレンドした洗浄力の高い育毛シャンプーです。

頭皮が乾燥しないようにグルタミン酸やアルギニンなど保湿効果の高い成分がしっかりと含まれているのも特徴の一つです。

清涼感のあるシトラスジンジャーの香りが嫌な臭いもカバーしてくれます。

脂性肌用と乾燥肌用があります。ご自身の肌質にあったタイプを選んでみてください。


第6位 HMENZ スカルプシャンプー 250ml ¥2,380(税込)


硫酸系の洗浄成分を100%排除したノンシリコン処方のアミノ酸系シャンプーでマイルドな洗浄成分が頭皮を優しく洗い上げます。

髪の毛を保護する延命草エキスが配合されていることで、年齢とともに気になる髪の毛のボリュームにも効果が期待できます。

ヘアサイクルを正常に機能させる効果のある「ビワ葉エキス」や保湿効果の高い大豆種子も含まれています。

第5位 BULK HOMME THE SHAMPOO 200g ¥3,300(税込)


スキンケアブランドであるバルクオムが手がけるシャンプーです。

ノンシリコン処方の弱酸性アミノ酸系の洗浄成分とダメージ補修成分であるジヒドロキシプロピルアルギニンHCIが配合されています。

さらに、加水分解コラーゲンエキスによる高い保湿効果で洗浄、補修、保湿をバランスよくケアできるのが特徴です。

第4位 MARO 薬用デオスカルプシャンプー 480ml  ¥1,100(税込)


アミノ酸系とベタイン系をブレンドしており、低刺激かつマイルドな洗い上がりは頭皮に優しい使用感です。

有効成分である「イソプロピルメチルフェノール」と洗浄成分「シクロデキストリン」が男性の気になるニオイの原因を除去します。

また、4つの伝承ハーブによる保湿効果が高く頭皮と髪の潤いを保つ効果が高いため、敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。

第3位  チャップアップシャンプー 300ml ¥5,500(税込)


植物系成分を43種類、オーガニック成分を10種類、そしてアミノ酸系洗浄成分を5種類配合した頭皮に優しいシャンプーです。

また、コアセルベーション処方により髪の毛の潤いを守りつつハリコシをアップさせる働きがあります。

年齢とともに気になり始めたボリュームにもアプローチすることができます。

第2位 プレミアムブラックシャンプー 400ml ¥5,280(税込)


低刺激なアミノ酸系洗浄成分を配合したノンシリコン処方のシャンプーです。

健やかな髪を育てるために21種類の天然植物成分を含んでいるため、トリートメントが不要なほど潤いを与えてくれます。

独自の技術で炭化した泥が毛穴の汚れや皮脂に優しく吸着することで、優しくしっかりと洗い上げてくれます。

第1位 薬用ウーマシャンプープレミアム 300ml ¥3,520(税込)


刺激が低いアミノ酸系洗浄成分であるコカミドプロピルベタインが含まれているアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

頭皮や髪を保湿する効果の高い「馬油」が豊富に含まれているのが特徴です。

また、フケやかゆみを抑える効果のある「フコダイン」や力強い髪を育てる「センブリエキス」が配合されています。

そのため保湿とボリュームアップが期待できます。

さいごに


この記事では、薄毛の原因と共にメンズ育毛シャンプーの効果や選び方についてご紹介しました。

また、おすすめの市販メンズ育毛シャンプーについてもご紹介しました。

ぜひ、薄毛に悩んでいる方はこの記事を参考にご自身にあった育毛シャンプーを探してみてください。

参考文献


出典リンク:AGA・薄毛予防に育毛シャンプーは効果あり?男女別の選び方を理解して正しい抜け毛対策を

出典リンク:スカルプD:育毛剤と発毛剤は何が違う?2つの特徴を詳しく解説!

出典リンク:AGA・薄毛でよく聞くヘアサイクル(毛周期)とは|ゴリラクリニックのAGA・薄毛治療

出典リンク:頭皮の臭いや脂っぽさが気になります。原因と対策を教えてください。 | ヘアケアQ&A

出典リンク:トウガラシ果実エキスとは…成分効果と毒性を解説

出典リンク:肌の必須成分「セラミド」とは

出典リンク:グリチルリチン酸二カリウム|薬の成分ディクショナリー|エスエス製薬

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top