Now Reading
艶髪を目指す方必見のトリートメント!おすすめ15選

艶髪を目指す方必見のトリートメント!おすすめ15選


髪にツヤを出したい、もっと美しい髪になりたいというのは女性にとっていつまでの憧れではないでしょうか。


私もツヤのある髪をいつまでも保ちたいと思っています。特に美容室に行ったあとの髪を毎日再現できたらいいのにと思っています。年齢を経るごとにツヤが失われてしまうので、トリートメントに頼ることも多くなってきます。どういったトリートメントを使うと髪にツヤが出るのか、おすすめのトリートメントについて紹介させていただきます。

もくじ


この記事に登場する専門家


髪のツヤは何で決まるのか

結論から言うと髪のツヤのポイントになってくるのがズバリ【髪質】です。


世の中には沢山のシャンプーやトリートメント、ドライヤーがあり、良質なものも多く出てきています。美容室で使われるものも一般販売されており、自宅でも高品質なケアができるようになってきています。


髪のツヤが欲しい方にとって一体どれが自分に合うのかを選ぶのにとても苦労している方も少なくないのではないでしょうか。


ひとえに髪質がポイントと言ってもくせ毛の方がツヤを出せない訳ではありません。


要するに大事になってくるのは「ツヤができる髪質」を作ることです。


上記のことを踏まえてツヤ髪の構造およびメカニズムも踏まえて紹介していきます。


そもそも髪質とは、表面のキューティクルが整っているか否かで決まります。キューティクルとは髪の毛の大きく3層に分けた時の1番外側の部分で毛小皮ともよばれます。



キューティクルが整っていると光の反射が均等になり、ツヤが見えるということです。


最近は髪質改善トリートメントというものも流行っていますが、これはツヤを出すということに特化したトリートメントです。


では次は具体的にどうツヤを出して、どうキープしていくかを紹介します。


歳をとっていくと髪のツヤがなくなっていく理由は


年齢を重ねるに当って、髪の毛にツヤがなくなったと思われる方は一定数いらっしゃいます。


主な原因としては髪の毛のハリコシがなくなることや、髪の毛の内部の組織の栄養分が失われやすくなっていることです。結果として、キューティクルが一定方向に整いづらくなります。


ただ、もちろんそうだからといってツヤが出せないわけではありません。トリートメントでケアをすることによって髪のツヤはいくつになっても取り戻す事ができます。


美容室に行ったあとはなぜ髪にツヤがあるのか

ほとんどの方が経験された事があると思いますが、美容室帰りの髪の毛はツヤが出ていて、触り心地もとっても気持ちがいいものです。


これは単に美容室で使われているシャンプー・トリートメントが特別なのではなくて、美容師さんは髪質を整える術を知っているからなのです。


ポイントはブローで髪質を整えているという事です。


我々、美容師は満を持して乾かすだけという作業に料金をいただいております。実を言うとブローは乾かすという作業ではなく、いかに施術を通してお客様の髪質を最大限に綺麗に整える事ができるかを価値としている作業です。


というと少し大げさですが、裏を返せばコツがあるという事です。そのコツや仕組みを知ることによってツヤ髪を作ることは可能ということになります。


髪の指通りをよくしてツヤを出すために注意すべきこと


よくありがちですが「ストレートアイロンを使ってツヤを出すと楽だよ!」という声を聞くことがあります。


確かにまっすぐに綺麗に簡単に伸ばす事ができるアイテムがストレートアイロンです。しかし、ここで注意していただきたいのは使用頻度になります。ストレートアイロンの使用に関して抑えていただきたいポイントとしては熱の温度です。


髪の毛はタンパク質でできています。一般的に髪の毛は乾いている状態で120度から130度の熱でタンパク変性を起こすと言われており、タンパク変性を起こすとキューティクルが剥がれ落ち、切れ毛、枝毛の原因を引き起こします。


短時間の使用ならば綺麗に形が整う程度の反応で済む事が大半ですが、なんども同じ箇所にアイロンを入れたり長時間同じ場所に熱を当ててしまうと、かなりのダメージの原因となってしまうのです。


ダメージを蓄積することによってツヤをができにくい髪質になりかねません。


アイロンを使用する際は、熱によるダメージを低減してくれる洗い流さないトリートメントを使用する事を推奨します。


コテにおいても同じですが、私はアイロン操作の施術の際に最大限配慮する点として2秒以上同じところに熱を当てない様にしています。熱によるダメージは深刻になりかねないので是非一つの参考までに覚えておいてください。


インバストリートメントとアウトバストリートメントはツヤを出すためにはどちらがいいのか

ツヤを出すためにアウトバストリートメントの使用は極めて効果的です。


アウトバスの選定に関しましては髪の量、元々の質、乾燥度合いによって大きく異なってきます。


髪の毛を乾かす直前につけるだけのため、とても簡単に髪の毛のケアができます。また最近ではボリュームを出してくれたり、いい香りを持続させてくれたりするアウトバストリートメントも登場しています。


付け方のポイントは、髪の毛全体に満遍なくつけ、中間から毛先にかけてメインでつけることです。


主に毛先をカバーすることによって髪の毛の質感が根元から均一に整い、ツヤが出やすくなるのです。


自宅でも美容室なみにツヤがでる方法


自宅で手っ取り早くツヤを出したい!という方は是非アウトバストリートメントを使用してみてください。


前述したようにツヤを出すにはある程度の保湿が必要となってきます。髪そのものが持っているうるおいは人それぞれ違ってくるものです。その不足分を簡単に効率よく補うことができるのが洗い流さないトリートメント、いわゆるアウトバストリートメントとなります。


髪の毛を乾かす前に中間から毛先に満遍なく手ぐしを通し、よく撫でてあげてください。それだけでいつものあなたの髪の毛からレベルアップした綺麗な髪の毛に仕上げる事ができる事でしょう。


下記におすすめの15選をあげさせていただきました。参考にしていただけたら幸いでございます。


選定基準はツヤが出るかどうかを軸に保湿力、使い勝手(ショート、ロングどちらでも対応できるか)などを総まとめして上げさせていただきました。


ツヤにフォーカスしたいならぜひオイル系アウトバストリートメントを使用してみてください。


ツヤ髪が実現するおすすめトリートメント15選


プロが選ぶおすすめのトリートメントを紹介します。おすすめポイントともに紹介させていただきます。

※以下商品は美容師個人の主観に基づいて選定されています。


15. 大島椿 40ml ¥1210(税込)


言わずと知れたロングセラー商品です。


保湿力は抜群であるが仕様頻度に気をつけて重くならないように使うのがベストでしょう。


14. ジョンマスターオーガニック グリーンティ&カレンディラ リーブインコンディショニングミスト 125ml ¥3740(税込)


ベタつきはなく軽く保湿してくれる商品です。


オーガニックにこだわりたい方におすすめできます。


13. インテンシブミルク 100ml オープン価格(Amazon:¥633)(税込)


コストパフォーマンスが優秀です。


サロン仕様に敷居が高いと感じている人、乾燥が特に気になる人にはとてもおすすめです。


12. ジョマローン ヘアミスト 30ml ¥6600(税込)


パフューム好きにおすすめです。


高いので本当に香りにこだわりたひと向けになっています。


保湿成分はアルガンオイルを使用しているのでもちろん保湿効果も抜群です。


11. ナプラ イノート 100ml ¥1540(税込)


パーマ毛におすすめです。オイルと違いベタつきなどは全くなく、仕上がりも軽いです。


パーマでパサつきやすい髪質におすすめできます。


10. パールジュレ 50ml ¥2860(税込)


同ブランドの「ダイヤモンドセラム」に比べ少し重めになり、どちらかというと乾かす前に使うよりもドライ後に使用することによって効果を発揮します。

そのためスタイリング剤としての仕様として優秀です。

パールが入っており髪の毛のツヤを出すのにも効果的です。


9. ハホニコ16油 120ml ¥4180(税込)


シャンプーでも人気のあるハホニコシリーズの中でも説得力のあるアウトバスシリーズです。


ヒートプロテクト効果もあり、アイロンを使う頻度が高い方には特におすすめのトリートメントと言えます。

See Also


8. ケラスターゼフルイドクロマリッシュ 125ml ¥3850(税込)


カラー毛に特化したアウトバストリートメントです。


もちもよくする上に香りの人気度が高く、ロングセラーとなっています。


細げでさたっと仕上げたいからにおすすめのトリートメントです。


7. ロレアル ミシックオイル 100ml ¥3850(税込)


ロレアルシリーズの中でも手頃でかつ幅広い髪質に対応できるミシックオイルは海外でも人気があり、理由としては細毛でもベタつかない上に保湿力が高いです。


6. ケラスターゼ ユイルスブリムル 100ml ¥3850(税込)


ケラスターゼの中でもダントツの保湿力と、高級感があるユイルスブリムは美容師目線から見てもかなり結果を出してくれるアウトバストリートメントです。

値段は高いが少量でも効果があるのであまり気にならない印象があります。


5. モロッカンオイル 100ml サロン専売品(株式会社フォーサイスの美容室へお問い合わせください)


言わずと知れた王道アウトバストリートメントです。


保湿成分は文句なしのアルガンオイルに加えて高級感のある香りにリピーターは多いです。


香りの好き好きが分かれるものの特に剛毛の人には是非一度使って欲しい一品ですね。


ライトタイプと普通タイプがあるので髪の毛が少ない人にはライトタイプがおすすめです。


4. デミ ヒトヨニリラクシングミルクケア 95g ¥2640(税込)


乾かす前、仕上げなど使用用途を様々に対応できるミルクタイプのトリートメントです。

ナチュラルハーブの香りがリラックスできる万能なトリートメントと言えるでしょう。


ミルクタイプなのでパーマやカラー毛にも特におすすめです。


3. mod’s hair ダイヤモンドセラム 100ml ¥3080(税込)


サロン専売品の中でもかなり信用できる商品、香りは控えめであまり匂いをつけたくない(香水などと混ざりたくない)などという方に特にオススメです。


保湿力が高いわりにベタつきが全くなく全ての髪におすすめできる商品となっています。


2. N. ポリッシュオイル 150ml ¥3740(税込)


柑橘系の香りが心地よく、重たくない質感でスタイリングにも保湿にもどちらでも使える超ライトな商品です。


ショートの方にも使い勝手が良いお手軽オイルです。


かばんに忍ばせておいても邪魔にならないおしゃれアイテムですね。


1. エルジューダ シリーズ 120ml ¥3080(税込)


どのダメージレベルかによって使い分けができるエルジューダ シリーズはいかなるダメージ毛でも網羅できるラインナップが特徴です。

くせ毛がすっと収まったり、スタイリングとしても使用できたりと用途が様々です。


値段が手軽なのも良く、また細かく髪質に応じてラインナップされているため、選ぶのに時間がかかるということはありません。


髪の毛のつやをできるだけ長く持続させる方法(まとめ)


上記にご紹介させていただいたトリートメント以外に世の中にはたくさんの良い製品があります。ご存知いただいてるように髪の毛は人それぞれ千差万別なものであります。

ゆえに、絶対というものはありません。


しかし、自分に合った商品を知っておくということはとても大切なことだと思います。

一つのこと、ものに固執せず、様々なトライをして新しい自分に出会い続けることが美容においてとても大切なことだと思っております。


ツヤを出すという点においてはアウトバストリートメントをお使いいただくのが一番シンプルで簡単です。

是非皆様も相棒と呼べるトリートメントと出会い、毎日がきらびやかなものになるように願っております。

View Comments (2)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:https://mejio.jp/
お問い合わせ・広告掲載依頼:https://mejio.jp/contact/

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top