Now Reading
市販ボタニカルシャンプーのおすすめランキング10選!効果やオーガニックシャンプーとの違いを徹底解説

市販ボタニカルシャンプーのおすすめランキング10選!効果やオーガニックシャンプーとの違いを徹底解説

ボタニカルシャンプーを店頭で見かけて「髪や地肌に良さそう!」と気になったことがある方も多いのではないでしょうか。

最近話題によくあがるボタニカルシャンプーですが、その効果や選び方について知る機会は、中々ありませんよね。

今回は

「ボタニカルシャンプー効果とは?」
「どのボタニカルシャンプーを選ぶのがいいの?」

という疑問にお答えするべくボタニカルシャンプーを使うことで期待できるメリットシャンプーを選ぶときに確認すべきポイントなどについて解説していきます。

もくじ


ボタニカルシャンプーとは?


ボタニカルシャンプーと聞くと、BOTANISTの商品を思い浮かべる方も多いかと思います。

あの有名なBOTANISTの製品も、ボタニカルシャンプーのうちの1つのシリーズです。

 BOTANICAL(ボタニカル)という英単語には、「植物の、植物から採った」という意味があります。

ボタニカルシャンプーとは、植物由来の成分が配合されているシャンプーを指します。

植物由来の成分とは、植物油や植物エキスのことです。

後ほど詳しく説明しますが、植物油や植物エキスには、頭皮環境を整える作用などもあります。

また、ボタニカルシャンプーには、髪の毛や頭皮を優しく洗いあげることができるとともに、ダメージケアができる製品も多くあります。

お花と植物などの優しい香りがすることもボタニカルシャンプーの大きな特徴です。

そして、パッケージが自然をイメージしたナチュラルテイストなものが多いこともポイントです。


ボタニカルシャンプーとオーガニックシャンプーの違いは?


まず、ボタニカルシャンプーとオーガニックの共通点としては、自然由来成分や天然成分が配合されている点が挙げられます。

ボタニカルシャンプーとは、自然由来の成分が入っているシャンプーの総称です。

一方、オーガニックシャンプーとは、オーガニック認定を受けた自然由来成分が配合されているシャンプーの総称です。

ただし、オーガニック認定を受けた成分の配合率に決まりはないため、1つでも入っていれば、オーガニックシャンプーとなるということです。

また、オーガニックとは、薬品や肥料を用いずに、栽培しているという意味なので、肌や髪に優しい製品を使いたいという方にピッタリです。

ボタニカルシャンプーは、自然由来成分が配合されているシャンプーの全てを指しているので、ボタニカルシャンプーのくくりにオーガニックシャンプーと名乗っている製品が入っていることも、多々見受けられます。

おすすめのオーガニックシャンプーはこちらでご紹介しています。

オーガニックシャンプー おすすめ


ボタニカルシャンプーを使ってみてほしい方


1. 敏感肌・乾燥肌の方
2. 子どもがいるご家庭
3. 柑橘系やハーブ系の香りが好き方


敏感肌・乾燥肌の方


ボタニカルシャンプーは、肌が弱い方や乾燥しやすい方にもオススメです。

ボタニカルシャンプーは、洗浄力がマイルドなケース(弱酸性やアミノ酸系)が多く、頭皮や髪を優しく洗いあげることができます。

そのため、必要な皮脂までを取り除いてしまい、乾燥やかゆみなどの皮膚トラブルが起こることを未然に回避することができます、

洗浄力が強すぎるシャンプーを使って、頭皮が荒れてしまった経験や、乾燥してフケがでてしまった経験のある方にオススメです。

メンズシャンプーは頭皮の脂をしっかり落とすために洗浄力が高いものが多いため、「普通の男性用シャンプーでは頭皮が荒れてしまう」という男性にもオススメです。

無添加の製品も多いので、敏感肌や乾燥肌の方にも、安心して使っていただくことができます。


子どもがいるご家庭


ボタニカルシャンプーは、赤ちゃん子どものデリケートな肌にもピッタリです。

ボタニカルシャンプーの中には、90%以上が自然由来成分でできている低刺激性のものや、体に使えるほどに肌に優しいシャンプーもあります。

このように肌にも髪にも優しいシャンプーであれば、小さなお子様でも肌荒れの心配なく、使うことができます。

また、ボタニカルシャンプーの香りは、柑橘系やハーブ系など性別を問わず使うことのできるものが多いため、ご家族でお使いになれます。


柑橘系やハーブ系の香りが好き方


ボタニカルシャンプーの魅力の1つは自然由来の香りを楽しむことができることです。

オレンジ、グレープフルーツ、ティーツリー、ユーカリなどの清潔感漂うサッパリとした香りが好きな方は、自然由来エキスがたっぷりと配合されたボタニカルシャンプーの香りに癒されることができるはずです。


ボタニカルシャンプーの効果


続いてボタニカルシャンプーの効果について説明していきます。

主な効果は大きく分けて3つに分かれます。

1. 頭皮を健やかに保つことができる
2. 頭皮や髪を優しく洗いあげることができる
3. 植物由来の香りで癒されることができる


頭皮を健やかに保つことができる


植物エキスが、頭皮に栄養を供給することで、健康な髪を育てることをサポート
します。

ボタニカルシャンプーに配合されている植物エキスの中には、アボカドの種子から採れるアボカドオイルなど保湿作用があるものもあります。

保湿作用のある植物エキスの配合されたシャンプーを選ぶと、指通りのいい艶髪に近づけるのでオススメです。


頭皮や髪を優しく洗いあげることができる


ボタニカルシャンプーは、頭皮への刺激が少ない弱酸性やアミノ酸系の洗浄成分を用いているケースが多いため、頭皮を守る働きをしている皮脂までを取り除いてしまう心配がありません

そのため、シャンプーの洗浄成分が強すぎることから起こる頭皮のかゆみなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

また無添加の製品も多いので、乾燥肌や敏感肌の方にも、安心して使っていただくことができます。


植物由来の香りで癒されることができる


ボタニカルシャンプーには、植物油と植物エキスが豊富に配合されています。

そのため、それらの組み合わさった草花のとてもいい香りがします。

特に、オレンジやグレープフルーツといった柑橘系の香りや、ユーカリやティーツリーのさっぱりとした香りが人気です。


ボタニカルシャンプーの選び方


ボタニカルシャンプーは、注目を集めているシャンプーというだけあって、日々数々の製品が発売されています。

そのため、店頭でどのシャンプーにしようか決めかねる方も多いかと思います。

そのため、今回は、「洗浄成分」「シリコンの有無」「香り」の観点から、自分に合ったシャンプーの選び方を紹介していきます。

1. 洗浄成分で選ぶ
2. シリコンの有無で選ぶ
3. 香りで選ぶ


洗浄成分で選ぶ


シャンプーの成分の1つである界面活性剤(かいめんかっせいざい)は、頭皮の汚れを落とす働きをします。

界面活性剤(かいめんかっせいざい)とは、水に馴染みやすい材質と油に馴染みやすい性質を合わせ持っています。

そのため、水と油を混ぜ合わせることができます。

そのため、界面活性剤の入ったシャンプーで洗髪することで、皮脂を洗い流すことが可能となっています。

また、ボタニカルシャンプーには、大きく分けて2種類の界面活性剤が入っていることが多いです。

・石鹸系
・アミノ酸系


石鹸系


石鹸系の洗浄成分は、天然由来のものが多く、洗浄力が高いのが特徴です

そのため、洗い流しにくい毛穴の中の汚れまでしっかりと落としてくれます。

しかし、洗浄力がやや強いので、敏感肌の方や頭皮にできものなどができやすい方にはオススメできません。

また、カラーやパーマが落ちやすくなったり、髪が乾燥しやすくなったりする恐れもあります。

健康毛の方や、皮脂の分泌が多めでさっぱりと洗いあげたい方にはオススメです。


アミノ酸系


ラウロイルメチルアラニンNaなどが代表的なアミノ酸系の界面活性剤です。
皮脂のバランスを整えられることが大きなポイントです。

髪や頭皮に優しく洗いあげることができるので、敏感肌の方やカラーの退色を抑えたい方にピッタリです。

また、保湿があるので、しっとりとした仕上がりになります。

しかし、洗浄力が弱めなので、強いスタイリングを使っている方や、皮脂の分泌が多めの方は、物足りなさを感じてしまうケースもあります。


シリコンの有無で選ぶ

まずよくシャンプーに配合されているシリコンとは何なのかについて説明していきます。

一般的に「シリコン」と呼ばれていますが、正式には「シリコーン」と表記します。シリコーンは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物です。(中略)シャンプーやコンディショナーなのどヘアケア製品にも配合されているシリコーン。その効果としては、洗髪やすすぎの際に髪同士の摩擦を軽減すること、そして、つややしっとり感のような仕上がりの質感をコントロールすることなどが挙げられます。

出典リンク: 資生堂 「【知って、なるほど化粧品】シリコンについて

このようにシリコンとは、髪同士の摩擦を軽減したり、髪のツヤやしっとり感を出したりする成分です

次に、「シリコンは頭皮の毛穴につまってしまうことがあるので、よくない成分だ。」というよくある指摘について見ていきます。

シャンプーに配合しているシリコーンは、非常に細かい粒子のため、毛髪に過剰に付着することはありません。また、コンディショナーの成分として毛髪に残ったシリコーンも、次の洗髪時には洗い流されるため、毛髪に蓄積したり、毛穴に詰まることもありません。よって、シリコーンが地肌や毛髪にダメージを与えるという事実はありません。

出典リンク:LUX 「ヘアケア&アドバイス シリコーンとノンシリコーン、あなたはどっち?

この部分から、シリコンが毛穴に詰まってしまうという指摘は間違いであることが、分かります

では、次にシリコン入りのシャンプーとノンシリコンのシャンプーは、それぞれどのような方にオススメできるのか紹介していきます。

まず、シリコン入りのシャンプーには、コーティング作用があるため、ツヤがある髪やしっとりとした髪質に憧れる方にオススメです。

また、摩擦によるダメージを防ぐ効果があるため、枝毛や切れ毛に悩んでいる方にもオススメです。

ノンシリコンシャンプーは、コーティングしないぶん髪に軽さがでるのが特徴です

そのため、髪を巻く方や、髪にボリュームを出したい方にオススメです。

また、髪のサラサラ感を重視するかたにもオススメできます。


香りで選ぶ


次にボタニカルシャンプーの香りについて紹介していきます。

ボタニカルシャンプーの香りの種類は大きく分けて2つに分かれます。

・柑橘系
・フローラルハーブ系


柑橘系


具体的には、オレンジ、グレープフルーツ、ネロリオイル(オレンジ花油)、プチグレンオイル(オレンジ葉・枝油)の香りが例として挙げられます。

甘すぎず、さっぱりとした香りで万人受けする香りと言えます。


フローラルハーブ系


ローズマリー、セージ、ティーツリー、ユーカリの香りが例として挙げられます。

すっきりした香りや爽快感溢れる香りのものが多いです。

例えば、セージにはリラックス効果や美肌効果などもあるとされています。

出典リンク: わかさ生活 「セージ


同じ植物エキスが入っているシャンプーでも、組み合わせや配分によって香り方は変わってきます。

是非店頭で香りを実際にかいでみてお気に入りのものを見つけてみてください。


ボタニカルシャンプーのおすすめランキング10選


※このランキングはORGANIQUE MAGAZINE編集部員個人の主観に基づいて作成されています。


第10位 オルビス(ORBIS) ナチュラルリペア シャンプー 420mL ¥1,320(amazon価格)


アミノ酸系のノンシリコンシャンプー。

無香料ですので、強い香りが苦手な方でも安心して使うことができます。

また、アミノ酸系の洗浄成分を用いており、髪や頭皮への刺激が少ないため、敏感肌の方やお子様がいらっしゃるご家庭にもオススメです。

また、ボトルのデザインがとてもシンプルなこともポイントです。


第9位 ネイチャー アンド コー ボタニカル シャンプー ¥1,530(amazon価格)


自然由来の洗浄成分が配合されたノンシリコンシャンプー。

ホワイトフローラルの女性らしい香りです。

洗髪後サラサラとした指通りが続くことが大きなポイントです。

また、体にも使えるほど優しい成分でできているので、髪や頭皮へのダメージの心配が要りません。

そのため、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使えます。


第8位 LIPPS L18ボタニカルスカルプシャンプー ¥1,980(税込)


アミノ系とベタイン系の洗浄成分が配合されたメンズ用のスカルプ系シャンプー。

爽やかなシトラスレモンの香りでリフレッシュすることができます。

ニオイの元ととなる汚れをしっかり落としながらも、きしきし感を感じさせない一品です。

頭皮をケアする成分も配合されているのがポイントです。


第7位 髪と地肌を手早クレンズトリートメントシャンプーモイスト ¥1,540(税込)


朝用マスクでおなじみのサボリーノシリーズのシャンプー。

アミノ系のノンシリコンシャンプーです。

シトラスブーケの柑橘系の香りでリフレッシュすることができます。

このシャンプーの特徴は、これ一本で、トリートメント、コンディショナー、頭皮ケアができることです。

そのため、「ヘアケアをしたいものの時間がない 」という方にピッタリです。


第6位 オルナ オーガニックシャンプー ¥2,037(amazon価格)


アミノ酸系のノンシリコンシャンプー。

ティーツリー葉油、ラベンダー花エキス、マンダリンオレンジ果皮エキスを基調としたフレッシュシトラスの香りです。

また、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミド、ビタミンC誘導体などが配合されていることが、ポイントです。

これらの成分が地肌をしっかりと保湿し、肌荒れを防いでくれます。


第5位  ダイアン ボタニカル シャンプー ディープモイスト 480ml ¥1,016(amazon価格)


9種類のハーブを配合したしっとり系のボタニカルシャンプー。

ローズマリーエキスやラベンダーエキスなど10種類のオーガニックボタニカルエキスが配合されているのが特徴的です。

ハニーオランジュの香りで癒されることができます。

鉱物油や石油系界面活性剤や合成色素などの添加物を使用していません。

そのため、肌の弱い方や、お子様も安心して使うことができます。


第4位 ダヴ ボタニカルセレクション ダメージプロテクション シャンプー ¥600(amazon価格)


100%植物由来のボタニカルオイルが配合されたノンシリコンシャンプー。

グリーンフローラル&フルーツの優しい香りです。

ダメージを和らげるアルガンオイルが配合されていることから、切れ毛や髪の痛みに悩まされている方にピッタリです。

また、アボカドエキスとトウキンセンカ花エキスの作用により、髪をしっかりと保湿できます。

価格がお手頃なのも嬉しいポイントです。


第3位 アミノメイソン ディープモイスト ホイップクリーム シャンプー ¥1,540(楽天価格)


アミノ酸系のノンシリコンシャンプー。

ローズブーケの女性らしい香りです。

もこもこホイップ泡で洗いあげることのできる使用感抜群の一品です。

泡で一本一本髪を包むことにより、痛んだ髪を修復することができます。

その為、髪の痛みに悩んでいる方にオススメです。

See Also

また、リピジュアという強力な保湿成分が配合されていることも大きなポイントです。


第2位 ザ パブリック オーガニック スーパーバウンシー 精油シャンプー ¥1,738(税込)


アミノ酸系のノンシリコンシャンプー。

Amazonヘアケア部門 売れ筋ランキングで1位を獲得したTHE PUBLIC ORGANICの新シリーズのシャンプーです。

マンダリンオレンジ精油とゼラニウム精油の香りです。

紫外線やドライヤーなどのダメージにより、水分が不足した髪や、水分保持力の低下した髪を潤わせることができる一品です。


第1位 ボタニカルシャンプーモイスト ¥1,540 (税込)


アミノ酸系のノンシリコンシャンプー。

ボタニカルシャンプーの代名詞とも言えるボタニストのシャンプーです。

アプリコットとジャスミンの華やかな香りです。

植物エキスやオイルが豊富に含まれており、低刺激で頭皮への刺激が少ないシャンプーです。

そのため、敏感肌の方にオススメです。

セラミドNG、ナノヒアルロン酸、ダイズ由来脂質が配合されており、髪に潤いと輝きがでてくることが大きなポイントです。


ボタニカルシャンプーのオススメの使用頻度・使い方



使用頻度


ボタニカルシャンプーは、弱酸性やアミノ酸系の洗浄成分を用いているケースが多く、比較的頭皮への刺激が少ない為、毎日使いするシャンプーにも最適です。

特に、乾燥肌や敏感肌の方にオススメです。

しかし、皮脂の分泌が多めの方には、洗浄力が足りないと思われるケースもあります。

その場合には、普段はアミノ酸系のボタニカルシャンプーを使い、スポット的に洗浄力が強めのシャンプーを用いてさっぱりと洗いあげることもオススメです。

洗浄力が強いシャンプーの例としては、石鹸系のシャンプー(アルカリ性の成分の洗浄成分が配合されているシャンプー)が挙げられます。


使い方

ボタニカルシャンプーの使い方は、一般のシャンプーとほとんど同じですが、いくつかの注意点があります。


1.ブラシで髪をとかす

洗髪前に髪をしっかりヘアブラシでとかします。

しっかりとかすことでシャンプー中に絡まった髪が抜けてしまうことを防ぎます。

このときに用いるのは、コームやプラスチックのボディでできているものよりも、AVEDAのパドルブラシのようにクッションがついているものがオススメです。

クッションがついているブラシを使うことで、頭皮への負担を軽減することができます。


2.お湯で頭皮の汚れを浮かして落とす

髪についた汚れの8割は、お湯で流すことで落とすことができると言われています。

そのため、1~2分程かけてしっかり流していきましょう。

このときのお湯の温度設定は、36~38℃にすることをオススメします。

これよりも高い温度を髪に当てると髪にダメージを与えかねないためです。

また、しっかりと汚れをお湯で落としておくことでシャンプーを使う量が減るというメリットもあります。


3.頭皮を優しく洗う

500円玉程の大きさにシャンプーを出し、手で泡立てたのち頭皮にのせていきます。

その後、ゆっくり弧を描くように指の腹を頭皮につけて動かしていきます。

ボタニカルシャンプーは、一般的なシャンプーと比べ、泡立ちがマイルドであることが多いです。

そのため、泡があまり立たないからといって、ごしごしこすらないようにしましょう

髪の表面のキューティクルがはがれる原因となってしまいます。

また、泡立ちがいいことと頭皮が洗えていることはイコールではないので、あまり泡立たないと感じても安心してください。

爪を立てずに頭皮をマッサージするように洗うことで、頭皮を綺麗に洗うことはできます。


4.頭皮と髪をお湯でしっかりとすすぐ

シャンプーが頭皮に残らないように3~5分かけてしっかりと洗い流しましょう。

流し残しがあった場合には、シャンプーがついている部分がかゆくなったり、炎症を起こしたりしてしまいます。

流し残しがないかを確認するには、耳の裏側や頭頂部など流しにくい場所にヌメリが残っていないか触ってみることをオススメします。


5.髪を10分経たないうちに乾かす

自然乾燥派という方も夏場だと多いかもしれませんが、できるだけ早く髪を乾かすことがオススメです。

濡れた髪はキューティクルが開いた状態ですので、とてもダメージを受けやすくなっています。

また、濡れた髪にタオルを巻いたままにすると、頭皮に菌が増殖し、ニオイの原因となってしまうため、注意が必要です。


ボタニカルシャンプーを使う際の注意点



泡を立てるためにごしごしと洗うことを控える


ボタニカルシャンプーは泡立ちがマイルドであることが多いです。

だからと言って、ごしごしとこすりながら洗ってしまうと、髪の表面のキューティクルがはがれる原因となってしまいます。

爪を立てずに弧を描くように洗うようにしましょう。


消費期限を確認


一般のシャンプーと違い、オーガニック素材でつくられているシャンプーには、消費期限が記載されているケースが多くあります。

シャンプーのなかに保存料や防腐剤がはいっていないことから、使用期限が決まっているのです。

シャンプーの効果を最大限にひきだすために、できるだけ早く使いきることがオススメです。


保存場所に注意


食品と同様に、オーガニック素材でつくられているシャンプーは、痛みやすい場所や酸化しやすい場所を避けて保管するようにしましょう。

具体的には、湿気が多い場所や高温の場所は避けた方がいいです。

浴室は、この条件に当てはまるので、シャンプー使用後に涼しい場所に移動させることがオススメです。

また、保管方法は、シャンプーのパッケージに記載されているケースが多いので、確認しておきましょう。


アレルギーに注意


ボタニカルシャンプーには、豊富な植物エキスやオイルが配合されています。

そのためアレルギーを持っている方は、ご自身がアレルギー反応を引き起こす成分が入っていないか購入前にしっかりとチェックすることが必要です。


偽物!?質の悪いボタニカルシャンプーに注意


現在ボタニカルシャンプーと名乗るには、どれくらいのボタニカル成分がはいっていないといけないという条件は、明確に定められていません。

そのため、極論1%程度しかボタニカル成分が入っていなくても、ボタニカルシャンプーとして売り出すことはできます。

偽物のボタニカルシャンプーがあるというよりは、ボタニカルの定義のあいまいさを利用した安価で粗悪なボタニカルシャンプーが存在するということです。

そのため、購入する際には、パッケージ裏側に記載されている成分表を見るようにしましょう。

成分表には、入っている量が多い順に成分が記載されています。

そのため、できるだけ自然由来成分が上の方に記載されているシャンプーを選ぶことがオススメです。

また、安価なボタニカルシャンプーは、洗浄成分も上質なものではなく、洗浄力が強すぎるものが配合されていることも多々あるので注意が必要です。

洗浄力が強すぎる製品を使うと髪のきしみや頭皮や髪の乾燥にも繋がります。


参考文献一覧


View Comments (2)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top