Now Reading
傷んだ髪におすすめの市販シャンプー10選&自宅でできるケア方法

傷んだ髪におすすめの市販シャンプー10選&自宅でできるケア方法

「枝毛、切れ毛が増えてきている…」
「毛先がパサつきていて、指通りが悪い…」
「ハイダメージ毛をケアするにはサロンの高いシャンプーを使うしかないの?」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、枝毛、切れ毛、髪のパサつきなどのヘアダメージに悩んでいる方に向けて、ヘアダメージを防ぐ方法や健康的な髪の作り方について詳しく解説していきます。

また、シャンプーの選び方や傷んだ髪におすすめの市販シャンプーもお伝えするので、シャンプーを選ぶ上でのヒントにしてみてください。

この記事で分かること

・ヘアダメージをケアするには、髪への刺激を減らすことが一番大切  

・傷んだ髪におすすめのシャンプーには、ダメージ補修成分・保湿成分・植物由来オイルなどが配合されている  

もくじ


この記事に登場する専門家


PROFILE

Kei
シャンプートリートメント研究家。
現役毛髪診断士。大学院修士、大手メーカー製品開発を経て現在はフリーで活躍中。店頭販売員の経験もあり。男性の薄毛対策やシャンプーの選び方などについて発信しています。本日は傷んだ髪におすすめの市販シャンプーをお伝えします。

Shampoo_Kei (@ShampooR2) | Twitter

 


傷んだ髪におすすめのシャンプーとは?


傷んだ髪におすすめのシャンプーとは?

・ダメージ補修成分や保湿成分が配合されているシャンプー  

・洗浄力がマイルドで髪に優しいシャンプー  


傷んだ髪におすすめのシャンプーとは、ダメージ補修成分保湿成分が配合されているシャンプーです。

そのため、ヘアダメージをケアする効果が期待できます。

また、傷んだ髪におすすめのシャンプーの大きな特徴としては、洗浄力がマイルドであることが挙げられます。

ヘアケアには様々な方法がありますが、一番大事なのは髪へのダメージを軽減することです。

そのため、ヘアダメージをケアするうえで髪に優しいシャンプーを使うことは効果的です。


ヘアダメージ・髪が傷んだ状態とは?


毛髪がダメージを受けている状態とは、髪の一番外側のキューティクルが剥離している状態です。

また、キューティクルが剥がれてしまうと、髪の内部のタンパク質水分が流失し、髪の内部の空洞化が起こります。

中身がすかすかになった髪は強度が低下するので、枝毛や切れ毛ができやすくなります。


ヘアダメージの防ぎ方


簡単にできるヘアダメージの防ぎ方を5つ紹介します。

1. 濡れた髪にブラッシングをしない
2. ドライヤーとヘアアイロンの使い方に注意する
3. カラーやパーマの頻度を見直す
4. プールや海水浴のあとにはしっかり流水で流す
5. 紫外線対策をする
6. シャンプーは泡立ちのよいものをつかう


1. 濡れた髪にブラッシングをしない


髪が濡れている状態は、キューティクルが傷つきやすいです。

そのため、ブラッシングは髪が乾いてから行うことがおすすめです。


2. ドライヤーとヘアアイロンの使い方に注意する


髪は、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱ダメージに弱いです。

ドライヤーとヘアアイロンの使用はできるだけ短時間に抑えることがおすすめです。

ドライヤーと髪の距離は10cm以上あけて、髪が乾いたあとに温風を当て続けないようにしましょう。

ヘアアイロンの温度は、髪の内部のタンパク質が変異しにくい160度以下に設定して、できるだけ髪をこすらないようにしましょう。

また、ヘアダメージを軽減させたいという方には、ヘアビューロンというヘアアイロンを使ってみることもおすすめです。

ヘアビューロンには、独自技術が搭載されていて、髪にダメージを与えずにヘアセットすることができ、髪につやを出すことができます。

ヘアビューロンについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので、気になった方はご覧ください。



3. カラーやパーマの頻度を見直す


カラーやパーマ剤によって髪が傷むと、枝毛、切れ毛、つやのなさ、髪の染まりにくさ、染パーマのかかりにくさ、色ムラなどが起こります。

そのため、髪にこのような症状が出ている方には、カラーやパーマの頻度を見直すことをおすすめします。

カラーは1カ月に1回、パーマは3~4カ月に1回までに抑えることがおすすめです。

また、白髪染めをしている場合には、髪全体を染め直すのではなく、生え際のみを染め直すリタッチカラーをすることで、ダメージを軽減することもできます。


4. プールや海水浴のあとにはしっかり流水で流す


プールの塩素や海水の塩が髪に残留することは、髪の損傷に繋がります。

そのため、プールや海水浴のあとには流水で髪をしっかり洗い流すようにしましょう。


5. 紫外線対策をする


過度に紫外線に当たると、キューティクルを構成しているタンパク質が変異し、髪の柔軟性や強度が低下します。

その結果、枝毛切れ毛ができやすくなります。

そのため、帽子スプレータイプの日焼け止めを用いて紫外線対策を行うことがおすすめです。


6. シャンプーは泡立ちのよいものをつかう


泡立ちにくいシャンプーを使うと、泡立てるために髪をこすってしまうので、髪が摩擦により傷ついてしまいます。

そのため、泡立ちやすいシャンプーを選び、髪を優しく洗うことがおすすめです。

もちもちとした密度の高い泡にはクッションの役割があるので、キューティクルを守ることができます。

また、髪を洗う際には、爪を立てずに指の腹で優しく洗うようにしましょう。


健康的な髪の作り方


自宅で行うことができる健康的な髪の作り方を2つ紹介していきます。


1. 食事に気をつける
2. 睡眠をしっかりとる
3. ストレスをケアする
4. トリートメントを使う
5. シャンプーの見直しをする


1. 食事に気をつける


健康的な髪を形成するためには、五大栄養素をしっかりとることが必要です。

五大栄養素とは、炭水化物脂質タンパク質ビタミンミネラルのことです。

そのため、偏食や過度なダイエットを避けることがおすすめです。

また、五大栄養素のなかでも髪の主成分であるタンパク質をしっかりとするように意識することをおすすめします。


2. 睡眠をしっかりとる


健康的な髪を育成する上で、睡眠時間をしっかり確保すること睡眠の質を高めることは欠かせません。

それは、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて髪の生成に関わる毛母細胞に働きかけるためです。

成長ホルモンの分泌は、22時~2時に分泌されるので、できるだけ早く寝ることをおすすめします。

また、睡眠の質を高めるには、スマホなどの電子機器の使用を寝始める2時間前から控えることがおすすめです。

それが厳しいという場合には、画面の明るさを暗くしたり、画面のブルーライトをカットするメガネを使用したりしましょう。


3. ストレスをケアする


ストレスを受けると、自律神経が乱れ、血行が悪くなります。

そうなると、髪に必要な栄養素が行き渡りにくくなり、髪にハリがなくなったり、抜け毛が増加したりします。

そのため、自分にストレスの解消する方法を見つけることがおすすめです。

例えば、リラックスリフレッシュできることを見つけたり、ストレッチ軽い運動をすることをおすすめします。


4. トリートメントを使う


髪につやを出すには、キューティクルを整えることと髪の空洞化を防ぐことが必要です。

キューティクルは、髪の外側で栄養素や水分が流れないように髪の内部を守っています。

そのキューティクルを整えるには、アウトバストリートメントを使うことがおすすめです。

アウトバストリートメントには、髪の外側をケアする効果熱ダメージから髪を守る効果があります。

髪の空洞化を防ぐためには、洗い流さないトリートメントを用いて、髪の内部に水分と栄養を補うことがおすすめです。

洗い流さないトリートメントやアウトバストリートメントを併用することもおすすめできます。


5. シャンプーの見直しをする


ヘアダメージを抑えるには、洗浄力がマイルドな成分が配合されているシャンプーや泡立ちの良いシャンプーを選ぶことがおすすめです。

洗浄力がマイルドな成分が配合されているシャンプーを選ぶことで、髪に必要な水分を残しつつ洗うことができます。

また、泡立ちの良いシャンプーを選ぶと、泡がクッションの代わりになり、毛髪の摩擦からキューティクルを守ることができます。


傷んだ髪におすすめのシャンプーの効果


傷んだ髪におすすめのシャンプーの効果は大きく分けて3つあります。


1. ヘアダメージをケアすることができる
2. 指通りの良い髪に近づけることができる
3. 髪につやを与えることができる


1. ヘアダメージをケアすることができる


傷んだ髪におすすめのシャンプーには、ヘアダメージ補修をする成分が配合されています。

そのため、切れ毛や枝毛に悩んでいる方におすすめです。

また、髪をダメージから守る効果がある成分も配合されているので、外からのダメージを軽減する効果も期待できます。


2. 指通りの良い髪に近づけることができる


傷んだ髪におすすめのシャンプーには、保湿成分保湿効果がある洗浄成分が配合されています。

そのため、髪に水分を与え、指通りの良い髪に近づけることができます。


3. 髪につやを与えることができる


傷んだ髪におすすめのシャンプーには、保湿効果があるので、髪のパサつきを抑えてつやを出す効果が期待できます。

また、植物由来オイルが配合されているシャンプーを選ぶと、よりつや髪に近づけやすくなります。


傷んだ髪におすすめのシャンプーの選び方


傷んだ髪におすすめのシャンプーと一口に言っても様々なシャンプーがあります。

そのため、今回は「洗浄成分」「配合されている成分」「シリコンの有無」の3つの観点から自身に合ったシャンプー選びの方法を紹介していきます。


1. 洗浄成分で選ぶ
2. 配合されている成分で選ぶ
3. シリコンの有無で選ぶ


1. 洗浄成分で選ぶ


傷んだ髪におすすめのシャンプーの洗浄成分は大きく2種類に分かれます。

1つ目は、アミノ酸系の洗浄成分です。

アミノ酸系の洗浄成分の例としては以下のものが挙げられます。

・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸Na
・ココイルサルコシンNa

アミノ酸系の洗浄成分は、保湿力が高いので、乾燥肌の方におすすめです。

2つ目は、ベタイン系の洗浄成分です。

ベタイン系の洗浄成分の例としては以下のものが挙げられます

・ラウラミドプロピルベタイン
・ココアンホ酢酸Na

ベタイン系の洗浄成分は、肌にとても優しいので、敏感肌の方におすすめです。


2. 配合されている成分で選ぶ


傷んだ髪のおすすめのシャンプーには、頭皮や髪に良い様々な成分が配合されています。

そのなかでも特にヘアダメージに効果的な成分を4種類紹介します。


保湿成分


・ヒアルロン酸Na
・グリセリン
・セラミド
・加水分解コラーゲン

保湿成分が配合されているシャンプーを選ぶと、髪のパサつきを抑え、指通りの良い髪に導くことができます。


髪のダメージ部分を補修する成分


・加水分解コメタンパク
・加水分解ケラチン
・へマチン

髪のダメージを補修する成分が配合されているシャンプーを選ぶと、ダメージレスな髪に近づけることができます。

また、髪にハリを与える効果も期待できます。


キューティクルを整える成分


・ユズ果実エキス

ユズ果実エキスが配合されているシャンプーを選ぶと、キューティクルを整えたり、キューティクルを保護したりすることができます。

キューティクルがしっかりしていると、髪の内部の水分や栄養素の流出を防ぐことができます。


植物由来オイル


・アルガニアスピノサ核油
・ツバキ種子油
・ホホバ種子油
・ヒマワリ種子油

植物由来オイルが配合されているシャンプーを選ぶと、髪につやを与えたり、髪をダメージから守ったりすることができます。

そのため、ヘアダメージを軽減したい方におすすめです。


3. シリコンの有無で選ぶ


シリコンと聞くと、頭皮や髪に悪いものであるという印象を持つ方が多いかと思いますが、しっかり洗い流せば害はない成分です。

シャンプーに配合しているシリコーンは、非常に細かい粒子のため、毛髪に過剰に付着することはありません。また、コンディショナーの成分として毛髪に残ったシリコーンも、次の洗髪時には洗い流されるため、毛髪に蓄積したり、毛穴に詰まることもありません。よって、シリコーンが地肌や毛髪にダメージを与えるという事実はありません。

資生堂「【知って、なるほど化粧品】シリコンについて」


そして、シリコン入りのシャンプーを使うことで、髪をコーティングすることができるので、摩擦によるヘアダメージを軽減する効果が期待できます。

そのため、枝毛や切れ毛に悩んでいる方におすすめです。

また、しっとりとした仕上がりになります。


一方、シリコンが配合されていないシャンプーを選ぶと、髪をコーティングしないぶん軽さがでます


シリコンが配合されているシャンプーを選ぶかどうかは、理想の仕上がりで選ぶことをおすすめします。


傷んだ髪におすすめのシャンプーを使う際の注意点


洗浄力がやや弱い


傷んだ髪におすすめのシャンプーは髪にダメージを与えないように洗浄力がマイルドに設計されています。

そのため、皮脂の分泌が多い方は、洗浄力が物足りなく感じるかもしれません。

もし、傷んだ髪におすすめのシャンプーを使ってみて頭皮のべたつきが気になるようであれば、一般的なシャンプーと傷んだ髪におすすめのシャンプーを一日置きで使ってみることをおすすめします。


傷んだ髪におすすめのシャンプーおすすめ10選


※このランキングは毛髪診断士個人の主観に基づいて作成されています。

*価格は公式価格で表示


第10位 ヒーリングシャンプーPEARL 300ml ¥2,200(税込)


ココイルグルタミン酸TEAなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naというやや洗浄力が強い成分が加えられているので、皮脂の分泌が多い方におすすめです。

グリチルリチン酸2Kが配合されているので、頭皮トラブルを予防できます。

このシャンプーには、保湿成分が豊富に配合されていることがポイントです。

具体的には、セラミドNP、セラミドEOP、セラミドAP、ハチミツ、BG、ローヤルゼリーエキスなどが配合されています。

そのため、頭皮のバリア機能を高める効果や髪のパサつきを抑える効果が期待できます。

また、15種類ほどの植物由来オイルも配合されています。

オリーブ油、シア脂油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、アボカド油、ヘーゼルナッツ油、アルガニアスピノサ核油などが配合されているので、髪につやを与えることができます。

そして、加水分解ケラチンが配合されているので、ダメージ補修をすることができます。


第9位 クラシエホームプロダクツ HIMAWARI ディアボーテ オイルインシャンプー リッチ&リペア 500ml ¥860(amazon価格)(税込)


ココイルメチルタウリンNaなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

BG、グリセリン、ヒマワリ芽発酵エキスなどの保湿成分が配合されているので、髪のパサつきを抑えることができます。

そして、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ種子油などのヒマワリにまつわる成分が豊富に配合されていることがポイントです。

ヒマワリ種子エキスには、頭皮のバリア機能を高める作用があります。

ヒマワリ花エキスには、頭皮と髪を保湿する作用や髪につやを与える作用があります。

そのため、乾燥肌の方や髪にうるおいを与えたい方におすすめです。

1,000円以下とお手頃な価格であることもポイントです。


第8位 レヴール フレッシュール モイスト ノンシリコンシャンプー 340ml ¥980(税込)


コカミドプロピルベタインやラウラミドプロピルベタインなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

BG、ハチミツ、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、加水分解卵殻膜などの保湿成分が豊富に配合されているので、敏感肌の方や乾燥肌の方におすすめです。

See Also

そして、チャ葉エキスが配合されているので頭皮の匂いを抑える効果が期待できます。

クララ根エキスが配合されているので、頭皮の血行を促進することや肌荒れを予防することができます。

ヘアケアだけでなく頭皮のケアも行いたい方にぴったりです。

また、加水分解ケラチンが配合されているので、ダメージ部分を補修し、ハリのある髪に導く効果が期待できます。

ポリクオタニウムが配合されているので、指通りの良い髪に近づけることもできます。


第7位 サンコール R-21 シャンプーEX 260ml ¥2,935(amazon価格)(税込)


ココイルメチルタウリンNaなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているシリコンシャンプーです。

シリコンが配合されているので、指通りの良くする効果や、外部からのダメージを軽減する効果が期待できます。

しっとりとした仕上がりにしたいという方におすすめです。

また、加水分解ケラチンやヘマチンが配合されているので、髪のダメージを補修することができます。

そして、センブリエキスなどの血行促進作用がある成分や、セージ葉エキスなどの抗炎症作用がある成分が配合されていることが特徴的です。

これらの成分の作用により、健やかな頭皮環境をキープすることができます。

さらに、グリセリンや加水分解コラーゲンなどの保湿成分も配合されているので、頭皮の乾燥や髪のパサつきを抑えることができます。


第6位 SOWASOWA ピュアダメージケアシャンプー 500ml ¥1,650(税込)


ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタインなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

グリセリン、加水分解コラーゲン、BGなどの保湿成分が配合されているので、頭皮や髪の乾燥を抑えることができます。

そして、加水分解シルクが配合されているので、キューティクルをケアすることができます。

ポリクオタニウムが配合されているので、指通りの良い髪に近づけることができます。

また、加水分解ケラチンが配合されているので、ヘアダメージを修復し、髪のハリを出す効果が期待できます。

血行促進作用があるカンゾウ根エキスなどや、抗炎症成分であるローマカミツレ花エキスなどが豊富に配合されているので、健やかな頭皮環境に導くことができます。

かゆみやフケを抑えたい方にもおすすめできます。


第5位 ハホニコ ケラテックスファイバーシャンプー 300ml ¥2,550(amazon価格)(税込)


ラウロイルメチルアラニンTEAなどの肌に優しい洗浄成分がべースになっているノンシリコンシャンプーです。

ココイル加水分解ケラチンKというケラチン由来の洗浄成分も含まれていることが特徴的です。

また、イソステアロイル加水分解ケラチン、加水分解ウールキューティクルタンパク、加水分解ケラチン、ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチンというケラチンが豊富に含まれています。

そのため、キューティクル整える効果やヘアダメージを補修する効果が期待できます。

ヘアダメージをケアしたい方にぴったりです。

そして、高い保湿力を持つセラミド2が配合されているので、髪のパサつきを抑えることができます。

また、血行促進作用があるアルギニンや、抗炎症作用があるラベンダー花エキスが配合されているので、頭皮を健やかな状態に保つことができます。


第4位 エイトザタラソ クレンジングリペア&モイスト美容液シャンプー 475ml ¥1,540(税込)


ココイルメチルタウリンNa、ラウラミドプロピルベタインなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

このシャンプーには、保湿成分が豊富に配合されています。

例えば、グリセリン、マコンブエキス、セラミドNG、セラミドAP、セラミドNP、水溶性コラーゲン、ダイズステロール、BGなどです。

髪に水分をしっかり与えることで、パサつきを抑え、指通りの良い髪に近づけることができます。

さらに、リンゴ果実培養細胞エキスが配合されているので、皮膚細胞の老化を防ぐことができます。

また、セイヨウハッカ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ティーツリー葉油が配合されているので、トラブルのない頭皮環境をキープすることができます。

きめ細やか泡立ちなので、使用感はとても良いです。

ホワイトムスクとグレープフルーツ香りでリラックスすることができます。


第3位  QUO クゥオ ヘアバス es 400ml ¥4,620(税込)


ラウロイルメチルアラニンNaなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

ヘマチンが豊富に配合されていることが特徴的です。

ヘマチンには、白髪予防や抜け毛予防をする作用、ヘアダメージを修復する作用、髪にハリやコシを与える作用などがあります。

そして、グリセリン、スクワラン、加水分解水添デンプンなどの保湿成分が配合されているので、髪のパサつきを抑え、指通りの良い髪に近づけることができます。

また、アルニカ花エキス、セージ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキスが配合されているので、頭皮を健やかな状態に保つことができます。

それに加え、血行促進作用があるアルギニンが配合されているので、頭皮や髪に必要な栄養を届けやすくすることができます。

このシャンプーは、シリコンが配合されておらず、ハリのある髪に近づける成分が複数配合されているので、髪にボリューム感を与えたい方におすすめです。

ホホバ種子油、ベルガモット果実油、レモングラス油、ライム油、レモン果皮油などの植物由来オイルが配合されているので、つやのある髪に導く効果も期待できます。


第2位 RETOIRO リフレッシュ オールインワン シャンプー&ボディ 250ml ¥3,553(税込)


コカミドプロピルベタインなどの肌に優しい洗浄成分がベースにになっているノンシリコンシャンプーです。

髪を補修する効果がある洗浄成分であるラウロイル加水分解シルクNaも配合されています。

また、ヘマチンや加水分解ケラチンが配合されているので、ヘアダメージを補修する効果が期待できます。

そのため、ヘアダメージをケアしたい方におすすめです。

ヒアルロン酸Na、グリセリン、スクワラン、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNP、加水分解コラーゲンなどの保湿成分が豊富に配合されています。

そのため、髪のパサつきを抑えるとができます。

ユズ果実エキスが配合されているので、キューティクルを整えたり、保護したりする効果が期待できます。

さらに、シア脂が配合されているので、髪をダメージから守ることができます。

また、ベルガモット果実油、オレンジ果皮油、イランイラン花油、ダマスクバラ花油などの精油の良い香りを楽しむことができます。


第1位 ボタニカルシャンプーダメージケア 490ml ¥1,540(税込)


ココイルメチルタウリンNaやラウロイルメチルアラニンNaなどの肌に優しい洗浄成分がベースになっているノンシリコンシャンプーです。

また、ラウレス-4カルボン酸Naという石ケン系の洗浄成分が加えられているので、低刺激ながら余分な皮脂はしっかり落とすことができます。

グリセリンやBGなどの保湿成分が配合されているので、頭皮や髪に不足している水分を補うことができます。

加水分解コメタンパクや加水分解ケラチンなどの髪と同じタンパク質でできている成分が配合されていることがポイントです。

加水分解コメタンパクや加水分解ケラチンの作用により、髪のダメージ部分を補修する効果が期待できます。

そして、キューティクルを整える作用やキューティクルを保護する作用があるユズ果実エキスも配合されています。

そのため、シャンプー1本で髪の補修とキューティクルの保護の2つを行うことができます。

このシャンプーの大きな特徴は、植物由来オイルが豊富に配合されていることです。

具体的には、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、サルビアヒスパニカ種子油が配合されています。

そのため、髪につやを与えたい方やダメージから髪を守りたい方にぴったりです。

ポリクオタニウムが配合されているので、指通りの良い髪に導く効果も期待できます。


さいごに


この記事では、ヘアダメージを防ぐ方法や健康的な髪の作り方などについて紹介しました。

また、傷んだ髪におすすめのシャンプーもお伝えしました。

ヘアダメージをケアするには、これ以上髪にダメージを与えないようにすることが大切です。

そのため、枝毛、切れ毛、髪のパサつきに悩んでいる方には、髪に優しい傷んだ髪におすすめのシャンプーを使ってみることをおすすめします。


参考文献


KAO「髪と頭皮のお手入れ10か条」(2021年3月22日参照)

資生堂(2019)「【知って、なるほど化粧品】シリコンについて」(2021年3月22日参照)

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:https://mejio.jp/
お問い合わせ・広告掲載依頼:https://mejio.jp/contact/

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top