Now Reading
美容師が選んだ馬油シャンプーおすすめ10選|効果やデメリットも

美容師が選んだ馬油シャンプーおすすめ10選|効果やデメリットも


「温泉で使った馬油シャンプーがとても良かった…家でも使ってみたい」

「髪の広がりを何とかしたい」

「馬油シャンプーにはどのような効果があるの?」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、馬油シャンプーの効果や選び方などについて紹介します。

また、現役美容師が厳選したおすすめの馬油シャンプーも最後にお伝えします。


この記事でわかること

・馬油シャンプーとは、馬の油脂を使ったシャンプーのこと

・馬油シャンプーは、保湿効果が高く美髪に導く効果や老化を防ぐ効果、頭皮環境を健やかに保つ効果を期待できる
・馬油シャンプーは、乾燥が気になる方や薄毛などのエイジングケアを行いたい方におすすめ

もくじ



この記事に登場する専門家





馬油シャンプーとは?

馬油シャンプーとは?

・馬油シャンプーとは、馬の油脂を使ったシャンプーのこと

・馬油は人間の皮脂構造に近く、浸透性に優れている
・馬油には血行促進効果や抗酸化作用、バリア機能向上、抗菌作用など頭皮に優しい成分・効果がある


馬油シャンプーとはその名の通り馬の油脂を使ったシャンプーのことを言います。

一般的なシャンプーとの一番の違いは、もちろん馬油が含まれているかいないかです。

この馬の油脂というのはたてがみや腹部、尾の付け根あたりにある皮下脂肪から取られるもので人間の皮脂構造にとても近いと言われています。

そのため、髪の毛はもちろん、肌馴染みいいだけでなく浸透性に優れているというのが特徴です。

また、馬油にはリノレン酸と呼ばれる脂肪酸が含まれており、血行促進効果や抗酸化作用、バリア機能向上や抗菌作用など頭皮に優しい成分が豊富に含まれているのも特徴です。



馬油シャンプーのメリット・効果は?

馬油シャンプーのメリット・効果は?

1. 保湿効果が高く美髪に導く効果

2. 老化を防ぐ効果
3. 頭皮環境を健やかに保つ効果


1. 保湿効果が高く美髪に導く効果


馬油は高いエモリエント効果を持っているため乾燥肌を保湿する効果に優れています。

また髪の水分が蒸発するのも防ぐ働きがあるため、艶やか且つしなやかな手触りを保つ効果を期待することができます。


2. 老化を防ぐ効果


紫外線やストレスなどで、体内に増加する活性酸素は体の老化だけでなく、白髪や抜け毛などの髪の老化に大きな影響を及ぼします。

20代の頃であれば体内にもともと備わってる抗酸化力ですが、年齢とともにその機能は低下し、抜け毛や白髪を促す原因となります。

馬油に含まれる抗酸化成分の働きによって活性酸素の働きを抑え、老化を防ぐ効果が期待できます。


3. 頭皮環境を健やかに保つ効果


馬油には殺菌作用があります。

そのため皮膚の炎症を抑えたり、頭皮から侵入する細菌に対する抗菌・殺菌​作用などがあるため頭皮環境を健やかに保つ効果があります。

また、馬油に含まれるαーリノレン酸には血行促進効果があるため育毛と発毛環境を整えることができます。



馬油シャンプーのデメリットは?

馬油シャンプーのデメリットは?

1. 一般的なシャンプーに比べて高い

2. べたつく場合がある
3. 酸化に弱い


1. 一般的なシャンプーに比べて高い


シャンプーは毎日使うものなので、ヘアケアだけでなく頭皮ケアにおいても重要なアイテムです。

毎日使うものであれば自分の髪質や頭皮環境に合わせたものも継続的に使いたいものです。

そのためできるだけコストを抑えたいと考える方も多いもしれませんが、馬油シャンプーは一般的なシャンプーに比べると少し高価なものが多いため、継続して使うことが難しいという方もいるかもしれません。


2. べたつく場合がある


馬油シャンプーの特徴は保湿力が高いということです。

その反面しっかりすすがないと、馬油の成分が頭皮や髪に残留してしまうことでベタつきを感じる場合があります。


3. 酸化に弱い


馬油は動物性油脂ということもあり、比較的酸化しやすいという特徴があります。

そのため一度開封したものは高温多湿を避け、なるべく早く使い切らなければなりません。

夏などはなるべく涼しい場所で保管する必要があります。



馬油シャンプーをおすすめできる方の特徴

馬油シャンプーをおすすめできる方の特徴

1. 頭皮や髪の毛の乾燥が気になる方

2. 髪のエイジングケアを考える方
3. 薄毛に悩んでいる方


1. 頭皮や髪の毛の乾燥が気になる方


頭皮の角質層から蒸発する水分を最小限に抑えることで、地肌の乾燥を防ぐことができます。

馬油シャンプーは、頭皮だけでなく髪の毛においても水分蒸発を抑え乾燥も防ぐことができるため、地肌や髪のダメージが気になる方にはオススメです。


2. 髪のエイジングケアを考える方


馬油には抗酸化作用があるとされています。

活性酸素によって体内が酸化することは、老化を引き起こす原因になります。

人間の体にはそもそも抗酸力が備わっていますが、年齢とともにその機能は低下していきます。

抗酸化作用がある馬油シャンプーを使うことでエイジングケアの効果が期待でき、白髪や抜け毛を予防する働きがあります。


3. 薄毛に悩んでいる方


年齢とともに薄毛に悩んでいる方にも馬油シャンプーは効果的です。

薄毛の原因の一つとして考えられる要因は頭皮の乾燥が挙げられます。

頭皮が乾燥しているということは血流が悪くなっているということに繋がります。

血流が悪いと、髪の成長に必要な栄養が行き渡りにくくなってしまい、髪の成長を妨げてしまうのです。

馬油の保湿効果によって頭皮に潤いを与えることは薄毛や抜け毛防止にもつながります。



美容師だけが知っている馬油シャンプーの選び方

美容師だけが知っている馬油シャンプーの選び方

1. 洗浄成分で選ぶ

2. 香りで選ぶ
3. その他配合されている成分で選ぶ


1. 洗浄成分で選ぶ


シャンプーを選ぶ際、最も重要なのは洗浄成分です。

一般的に販売されているシャンプーの中には洗浄成分として「高級アルコール系」や「ベタイン系」と言われる石油系と呼ばる界面活性剤が使われているものがあります。

石油系の界面活性剤の注意すべきところは必要な皮脂まで落としてしまうほど洗浄成分が強いということです。

保湿効果の高い馬油シャンプーを選ぶのであれば、同じ弱酸性であり、程よい洗浄力であるアミノ酸系の洗浄成分が使われているものを選びましょう。

選ぶ際の目安としては、成分表記の中に「ラウロイチルメチルアラニンNa」「ココイルグルタミン酸Na」「コカミドプロピルベタイン」「ココイルグルタミン酸TEA」などの成分があるものであればアミノ酸系シャンプーです。


2. 香りで選ぶ


馬油と聞くと動物特有の臭いがあるのではと思う方もいるかもしれません。

ですが馬油自体は無臭化されているため、そのもの自体の臭いはほとんどありません。

爽やかな柑橘系のものやリラックス効果の高いラベンダーやローズマリーのものなど様々な香りのものがあるため好みに合わせた香り選びができるのも特徴です。


3. その他配合されている成分で選ぶ


せっかく馬油シャンプーを選んだのであれば、まず第一にどれだけしっかり馬油を多く含んでいるかチェックする必要があります。

成分表に表記されている成分は、基本的に含有量の多いものから順に記載されているためなるべく最初の方に記載があるものを選びましょう。

また馬油だけでなくその力を存分に感じることができるよう、育毛効果のあるビワ葉エキスや抗菌作用のあるアロエエキス、そして保湿効果のあるホホバオイルなど、より髪の毛と頭皮の状態を改善できるもの選ぶことをお勧めします。



馬油シャンプーに関する注意点

馬油シャンプーに関する注意点

・洗浄力の強い「石油系洗浄成分」のものや、シリコンやパラベンなどの刺激物が多く含まれるものを極力控える

・馬油の浸透力の高さを活かして、少し置いてから流すことで有効成分が髪に染み渡る
・ベタつきを避けるために、一般的なシャンプーよりしっかりと洗い流す


馬油シャンプーの特徴は、頭皮や髪の毛に対する保湿効果の高さや、抗酸化作用によるエイジング効果、頭皮環境を健やかに維持する殺菌効果などが挙げられます。

これらの効果をより十分に発揮するためには、洗浄力の強い「石油系洗浄成分」のものを極力避けることや、シリコンやパラベンなどの刺激物が多く含まれるものは極力控えることをお勧めします。

また、馬油シャンプーの効果を高めるには、浸透力の高さを活かして少し置いてから流すことで髪の毛全体に成分が染み渡ります。

とはいえ、保湿力の高さからしっかり流さないとベタついた質感になってしまうため、一般的なシャンプー以上にしっかりと洗い流すことを心がけましょう。




美容師が選んだ!馬油シャンプーおすすめ10選


※このランキングは美容師(毛髪診断士、ORGANIQUE MAGAZINE編集部員)個人の主観に基づいて作成されています。

※価格は公式価格で表示


第10位 アイスタイル リシャン馬油シャンプー 600ml ¥1,430(税込)


フケやかゆみの原因となるシリコンを配合しないベタつかない馬油シャンプーです。

See Also

ノンシリコンでありながら、北海道日高地方のサラブレッドの胎盤から抽出されたプラセンタエキスを贅沢に配合しているため、うるおい成分が髪を保湿して潤いを与えます。


第9位 ジュン・コスメティック馬油シャンプーN 1000ml ¥1,280(税込)


天然の馬油成分を贅沢に配合したシャンプーです。

ココナッツオイル由来の洗浄成分が、パーマやカラーによる枝毛や切れ毛をやさしく包み込んで洗います。

浸透性の高い馬油が頭皮に浸透し頭皮に潤いを与えて保湿するだけでなく、植物性セラミドが髪にうるおいを与えてシルクプロテインが表面をコートし、ツヤのあるみずみずしい髪に仕上げます。


第8位 薬師堂 ソンバーユ 馬油シャンプー 400ml  ¥2,200(税込)


洗浄成分の98%以上が馬油主原料の純石けんで作られたシャンプーです。

石油系洗浄成分不使用で石鹸ベースのシャンプーのため、髪だけでなく洗顔やボディにも使えるのが魅力です。

汚れをしっかり落としながらも潤いとしなやかさを残した、さっぱり感のある洗い上りです。


第7位 フェニックス 馬油さくらシャンプー 500ml  (Amazon価格)¥1,173(税込)


馬油と陽光桜花エキスが髪をしっかりと保湿します。

また、指通りの良いたっぷりのクリーミーな泡が頭皮の皮脂や汚れをきれいに落とし、保湿成分が潤いをキープしてサラサラの仕上がりにしてくれます。

華やかな桜の香りに和を感じる、リラックス効果の高いシャンプーです。


第6位 熊野油脂 馬油リンスインシャンプー 600ml (Amazon価格)¥1,012(税込)


髪や肌と同じ弱酸性タイプのシャンプーです。

アルガンオイルを配合したなめらかで指通りの良い髪に洗い上げてくれます。

また、ノンシリコン処方のため地肌に優しく、リンスインシャンプーであるのも魅力の一つです。


第5位  北海道純馬油本舗 オイルケアシャンプー潤馬 400ml ¥2,420(税込)


低刺激のアミノ酸系洗浄成分が、頭皮に必要な皮脂を取り過ぎないため、負担をかけずにマイルドに洗い上げ流ことができる馬油シャンプーです。

ダマスクバラ花油・ノバラ油・カンゾウ根エキスなどのボタニカルエキスを配合していることで頭皮の乾燥を防ぎ、敏感肌の方にもお勧めです。


第4位  アズマ商事 馬油シャンプー 400ml ¥1,800(税込)


国産馬油を贅沢に配合したアミノ酸系の馬油シャンプーです。

頭皮環境を正常に維持することに特化して作られているため、美しい髪を生やし育てることを期待することができます。

植物エキスを多く配合しているため、頭皮がデリケートな方にもおすすめのやさしいシャンプーです。


第3位  リバテープ製薬 リマーユヘアシャンプー 240ml ¥2,530(税込)


無香料・無着色・パラベン・硫酸塩洗浄剤不使用の、髪にやさしい馬油シャンプーです。

頭皮と髪にやさしいアミノ酸系洗浄成分配合で植物由来の保湿成分であるグリチルリチン酸2Kやクレアチンなど、髪の保湿効果を高める成分が配合されているため、良質かつ贅沢な一本です。


第2位 ディアラ こうね馬油ナチュラルシャンプー 200ml ¥2,200(税込)


ラウレス硫酸Na・鉱物油・パラベン・着色料・香料の5つのフリーにこだわり、こうね馬油を使ったシャンプーです。

キメの細かい泡立ちと自然派の成分が特徴のシャンプーなため、赤ちゃんから大人まで幅広い世代で安心して使うことができます。

またオレンジ・ラベンダー・ローズマリーが爽やかに香るので、リラックス効果もあります。


第1位 ゼロプラス U-MA プレミアム 300ml ¥3,520(税込)


頭皮のかゆみや汗など、頭皮環境を整えたい男性にオススメの馬油シャンプーです。

植物由来のアミノ酸系洗浄成分で頭皮の汚れをきれいに落とし適度な潤いを残します。

さらにハリコシを与える「加水分解ケラチン」が年齢とともに弱った髪のボリュームに効果的です。



さいごに


こちらの記事では、おすすめの馬油シャンプーについてご紹介しました。

血行促進効果や抗酸化作用、バリア機能向上、抗菌作用がある馬油が入っている馬油シャンプーは、頭皮や髪に優しく、美髪へと導いてくれます。

浸透性が高いので、頭皮や髪の毛の乾燥が気になる方に特におすすめです。

また、馬油の浸透力の高さを活かして、シャンプーをする際は少し置いてから流すことで有効成分が髪に染み渡るので、シャンプーをする際はぜひ試してみてください。



参考文献

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:https://mejio.jp/
お問い合わせ・広告掲載依頼:https://mejio.jp/contact/

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top