Now Reading
シャンプーの泡立ち 〜その違いは?〜

シャンプーの泡立ち 〜その違いは?〜

皆さんは何をポイントにシャンプーを選びますか?

香りを重視したり、成分を基準に選んだり…
皆さんそれぞれ自分のお気に入りのシャンプーを選ぶポイントがあるのではないでしょうか。

しかし、泡立ちを基準にしてシャンプーを選ぶ方は決して多くはありません。

今まで泡立ちについて気にしたことがない方も、この記事をきっかけに、ご自身が使用しているシャンプーの泡立ちを気にしてみてはいかがでしょうか?

また、普段のシャンプーのやり方、実は間違っていたり?

今回は、シャンプーの“泡立ち”について説明します。


シャンプーの“泡”はなぜ大事?

なぜシャンプーの泡立ちはそれほど大事なのでしょうか。詳しく説明していきます。

泡立ちが大事な理由は二点あります。

一つ目の理由は、汚れを落とすためです。

洗い物をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

洗剤が泡立って、その泡が食器についた油汚れを包み込んで落としていますよね。

実は、汚れを落とす仕組みは、髪を洗う時も同じなのです。

泡が汚れを髪から浮かし、包み込むように汚れを落としています。

髪や頭皮の汚れは目で見えないようなものが多く、実感が沸きにくいですが、シャンプーの泡立ちは、汚れを落とす上で非常に重要なのです。

二つ目の理由は、シャンプーの泡には、“クッション”的な役割として髪の毛を保護する力があるためです。

泡には洗っているときに、髪の毛同士が擦れて摩擦によって痛むのを防ぐ力があります。

“汚れを落とす”、“髪を保護する”という2つの側面から泡は大事だったのです。


シャンプーが泡立つ原理

どうしてシャンプーは泡立つのでしょうか。それは、シャンプーには界面活性剤が含まれているためです。

界面活性剤とは、汚れを落とす成分のことで、汚れの中でも特に、脂汚れに強いことで知られています。

一般的に、油は水と混ざりませんが、界面活性剤は、水にくっつきやすい“親水基”と油にくっつきやすい“親油基”を持ち合わせるため、脂汚れを浮かし、水で洗い流すことができるのです。

この界面活性剤はシャンプーにとって欠かせない成分で、この界面活性剤のおかげで泡ができるのです。


正しいシャンプーの仕方は?

ここで一度、正しいシャンプーの使い方についておさらいしましょう。

①ブラッシングする。
②シャワーで髪全体を濡らし、頭皮を揉み洗いする。
③シャンプーを手のひらで泡立てる。
④泡で髪全体を指の腹で洗う。
⑤しっかり洗い流す。

この5ステップとなっています。

シャワーを浴びる前にブラッシングするのを忘れてしまったり、シャンプーを充分に泡立てずに髪につけてしまう方、多いのではないでしょうか?

一度この流れでシャンプーをしてみると、

もっと泡立ちが良くなったり、髪へのダメージが軽減できると思うので、是非試してみてくださいね。


いつもは泡立つのに・・・急に泡立ちが悪いときの理由は?

普段と同じシャンプーを使っているのに今日だけなんだか泡立ちが悪い・・・。

そんなことを感じたことがある人もいるのではないでしょうか?

なぜ、急に泡立ちが悪くなるのか、その理由としてまず挙げられるのが、“整髪料のつけすぎ”です。

ワックスやスプレーをかなり使ったときは泡立ちが悪くなります。

また、カラー剤や紫外線によって髪が傷んでいると、キューティクルが開いた状態で、そこに水分などが吸収されやすくなるため泡立ちが悪くなります。

See Also

他にも、シャンプー前のシャワーでの洗い流しが不十分なことが原因になることがあります。

整髪剤がなかなかシャンプーで落ちない際は、シャンプー前に、アルガンオイルや椿油を髪の整髪剤がついている部分に塗布し、その後にシャンプーをすると汚れがより落ちやすくなりますよ。

もちろん、シャワー前のブラッシングや、シャンプー前にシャワーのお水でしっかり流すことも忘れないでくださいね。


ノンシリコン・オーガニックシャンプーが泡立ちの悪い理由

ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーを使っている方の中には、泡立ちが悪いな、と感じている方も多いかもしれません。

なぜ、ノンシリコンやオーガニックのシャンプーの泡立ちが悪い傾向にあるのでしょうか。

原因は、先ほども話題に挙がった“界面活性剤”の種類にあります。

ノンシリコン、オーガニックのシャンプーには洗浄力が低く、頭皮や髪に優しい界面活性剤が使われていることが多く、その分、泡立ちも悪くなってしまうのです。

泡立ちが悪いと、汚れが落ちているのか気になりますよね。

しかし、心配ご無用です。

一般的にお湯で髪を洗い流すだけでも、汚れの8割は落ちると言われているため、ノンシリコンやオーガニックのシャンプー程度の泡立ちでも汚れは落ちていると言えます。


ノンシリコン・オーガニックシャンプーの泡立ちを良くするには?

髪へのダメージを考えて、洗浄力が弱く髪に優しい界面活性剤を使っているシャンプーを使いたい・・・けれど、泡立ちも良くしたい!という方もいるのではないでしょうか?

その場合、先ほどお話しした正しいシャンプーのやり方を徹底してみてください。

それでも泡立ちが改善しない場合は、泡立てる際に空気を含ませるイメージで円を描くように泡立たせてみてください。


さいごに

今回はシャンプーの泡立ちについてお話ししました!

皆さんもこれからは“泡”についてこだわってみてはいかがでしょうか?

View Comment (1)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:https://mejio.jp/
お問い合わせ・広告掲載依頼:https://mejio.jp/contact/

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top