Now Reading
フェイスタオルのおすすめランキング19選!ふわふわ&コスパ最高のおすすめフェイスタオルとは。

フェイスタオルのおすすめランキング19選!ふわふわ&コスパ最高のおすすめフェイスタオルとは。

毎日の生活で欠かせないタオル。中でもフェイスタオルはキッチンや洗面所など、いろいろな場所で使用しているため、出番の多いタオルです。

タオルはプレゼントにも選ばれることが多いですが、普段購入するタオルを選ぶときはなんとなく選んでいる方が多いのではないでしょうか。自分で使う場合も、他人に送る場合も、毎日使う商品だからこそ肌触りの良さ・吸水性・耐久性を考慮して良いタオルを選びたいものですよね。

そこで今回はタオルを選ぶ際のポイントやタオルの種類などを解説しながら、おすすめのタオルをまとめてご紹介します!

Contents

  • フェイスタオルを選ぶ際の10のポイント
    • フェイスタオルの選び方1.使用シーン
    • フェイスタオルの選び方2.触り心地
    • フェイスタオルの選び方3.吸水性
    • フェイスタオルの選び方4.乾燥性
    • フェイスタオルの選び方5.デザイン
    • フェイスタオルの選び方6.安さ
    • フェイスタオルの選び方7.抗菌性
    • フェイスタオルの選び方8.ブランド
      • 今治タオル
      • TENERITA.
      • HIPPOPOTAMUS.
    • フェイスタオルの選び方9.厚さ
    • フェイスタオルの選び方10.素材
  • フェイスタオルの種類
  • フェイスタオルのおすすめランキング19選
  • ふわふわを保つには?洗濯する際の柔軟剤について
  • 乾燥機は大丈夫?フェイスタオルの干し方について
  • フェイスタオルの売れ筋ランキングもチェック!
  • まとめ

フェイスタオルを選ぶ際の10のポイント

まずはタオルを選ぶ際のポイントについてご紹介して行きたいと思います。普段から使用する頻度が高いアイテムであるフェイスタオルですが、フェイスタオルを選ぶ上で考慮すべきことは実はたくさんあります。

まずはフェイスタオルを選ぶさいに必ずチェックしておきたい「10のポイント」をチェックしておきましょう!

フェイスタオルの選び方1.使用シーン

フェイスタオルを選ぶ時に重要なポイントの一つは使用シーンです。どのようなシーンで使うことを想定するかによって選び方が異なってきますよね。

タオルの使用シーンもたくさんあります。洗面所や台所などの水場で使用するタオルであれば、一般的なコットンタオルの他、吸収性の面から高く評価できるマイクロファイバーなども使いやすいので選択肢に入ってきます。

一方で赤ちゃん用のタオルなど肌に優しいタオルを選択する必要がある場合には、ガーゼタイプなどのフェイスタオルがおすすめです。

フェイスタオルの選び方2.触り心地

次に重要なのは、触り心地です。フェイスタオルの評価はやはり触り心地で大きく決まると言えるのではないでしょうか。フェイスタオルは毎日使用するものであり、その上肌に直接触れるものです。直接顔を吹いたりする時に毎日使うタオルの触りごごちが悪いと使い心地がよくないですよね。肌が弱い人にとっては触り心地の悪いタオルを使い続けることは肌にダメージを与える原因となってしまう可能性もあるでしょう。

触り心地の良いいタオルを選ぶのが良いのですが、触り心地にもふわふわしたものやさらっとしたものなど色々あります。触り心地の好みは使い手によって異なりますので、実際にお店に行ったりして触ってみて決めることをおすすめします。

インターネットで販売しているものであっても、同じ商品が店舗販売していれば実際に店頭に足を運んでみることをおすすめします。衣服を購入する時と同じような感覚でタオルを選択するのが良いでしょう。

フェイスタオルの選び方3.吸水性

タオルの使用目的を考えた時、やはりタオルを選ぶ際のポイントとして外せないのは吸水性でしょう。タオルを選ぶ上で吸水性は以外と見落としガチなポイントかもしれません。しかし、吸水性は以外と重要なポイントです。もし吸水性の悪いタオルを選んでしまうと液体を拭き取るのに時間がかかってしまったり使い勝手が非常に悪いです。

フェイスタオルですから、なんども同じ場所を拭き取ることを考えると肌にも影響がありそうです。せっかくならば一度で綺麗に拭き取れるような吸水性の高いタオルを選ぶようにしましょう。

フェイスタオルの選び方4.乾燥性

吸水性と同様に乾燥性も重要なポイントです。タオルはトイレの後や洗面台などにかけて繰り返し使用することが想定されます。そのため、一度使用して濡れた状態のタオルがしばらくして乾いていないと不便ですよね。バスタオルの場合は一度で使い切りという方が多いでしょうが、フェイスタオルはしばらく取り替えない方も多いのではないでしょうか。

以上のことを考えるとフェイスタオルは吸水性だけでなく、その乾燥性も重視して選ぶことが大切だと言えます。

フェイスタオルの選び方5.デザイン

フェイスタオルは家の目につくところで使用するものです。また、使いすてではなく比較的長期間使用するものです。そのためせっかく購入するならばデザインにもこだわった方が良いと思います。自分の好みのフェイスタオルを使っていると毎日の気分が良くなるのではないでしょうか?

他のポイントを踏まえた上で、自分の好きなデザインのタオルを選ぶことをおすすめします。

フェイスタオルの選び方6.安さ

フェイスタオルを購入する時に誰でもきになるのがその価格です。出来るだけ安い物を買いたいと思うかたも多い一方で、高級なタオルも、それだけ品質が担保されているとも言えます。

フェイスタオルの安さだけに注目して選ぶのはおすすめしませんが、価格も重要な一つの指標になると言えるでしょう。

フェイスタオルの選び方7.抗菌性

フェイスタオルを選ぶ上で需要なポイントとして抗菌性も挙げられます。近年では新型のコロナウイルスをはじめ感染症や風邪が流行しています。その対策として手洗いやうがいが挙げられていますが、手を洗った後に使うタオルが汚れていたりすることも考えられますよね。

実は使用後のタオルは雑菌だらけと言われています。

繰り返しになりますが、フェイスタオルの場合こまめに取り替えないこともあるかと思います。その場合に濡れた状態のタオルで菌が繁殖したりすることを防ぐためにも抗菌性のあるタオルを購入することをおすすめします。

フェイスタオルの選び方8.ブランド

フェイスタオル購入の際にその指標となるのがタオルのブランドです。多くの方はタオルのブランドといって「今治タオル」を思いつくのではないでしょうか。実はタオルのブランドには多くの種類があり、今治以外にも一流のホテルなどで取り扱われているブランドタオルは沢山あります。海外のタオルブランドでも有名なものが沢山ありますが、今回はその一部を紹介したいと思います。

■今治タオル

タオルのブランドと言えばやはりすぐに思いつくのが今治タオルですよね。誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

愛媛県で作られているタオルで、その質のよさが特徴的なタオルです。その人気は凄まじく「一度手にしたら手放せなくなる」と言われているほど。吸水性や触り心地を他のタオルと比べて見ても優れています。

知名度の高いブランドタオルである今治はプレゼントとして送っても喜ばれるのではないでしょうか。

■HIPPOPOTAMUS.

次に紹介するタオルブランドはHIPPOPOTAMUSです。HIPPOPOTAMUSは知名度こと高くないですが、オーガニックタオルにも関わらず鮮やかな色を楽しめるタオルブランドです。それまでのタオルにはなかったヒポポタマスの鮮やかな配色は、有機栽培綿と再生竹繊維からなる二種類の異なる糸をランダムジャガード織りで織り交ぜることで誕生しました。

■TENERITA.

TENERITA.のオーガニックコットンは、この上なく品質がよく信頼が高いものを目指しており、全てのタオルに南インドの契約農場で採れる最高級の綿花のみを使用しています。

TENERITA.のオーガニックコットンは国際認証を受けています。

【TENERITA.の受けている国際認証】

・Global Organic Textile Standard(GOTS)

・OCS100 OCS Blended

・Textile Excange

TENERITA.のタオルは糸を撚りつつも、綿本来の柔らかさに近づける数値を柔らかすぎて糸が切れてしまわないぎりぎり、強度を保てるぎりぎりの数値を追求したものです。

通常コットンはまったく撚らない無撚糸と呼ばれる糸がいちばん柔らかいとされますが、実は環境にわるい化学物質でコーティングされています。

肌にも環境にも優しいオーガニックタオルブランドであるTENERITA.も強くおすすめできるブランドです。

フェイスタオルの選び方9.厚さ

フェイスタオルを購入する際に一度必ず確認してほしいのはその厚さです。

タオルの商品表示では「匁」という単位が使われていますが、普段使いのタオルに適しているのは200匁前後です。

繰り返し使用するタオルは、その厚さが薄いとすぐに取り替えが必要になってしまいます。

そのため、できるだけ暑いタオルを選びたいですが、厚すぎでも使い勝手が悪いです。厚みがあるタオルほど吸水力があるので購入前に必ず確認しましょう。

フェイスタオルの選び方10.素材

最後のポイントは素材です。フェイスタオルの素材によって吸水性のよさや手触りが異なってきます。素材には「綿」「麻」などの種類があります。素材によって吸水性のよさなど機能的な差異もありますが、タオルの色合いなども異なってきます。タオルの商品表示に基本的に表示されているので確認してみましょう。

フェイスタオルの種類

ここまでフェイスタオルを選択する上での抑えるべき10のポイントをご紹介してきました。

しかし、その他にもフェイスタオルは降り方の違いによって種類が分けられており、自分のこだわりポイントによってタオルの種類を選ぶことも需要です。


■フェイスタオルのこだわり別おすすめの織り方まとめ

・「肌触り」にこだわる▶️ループパイル・シャーリング・無撚糸

・「乾きやすさ」にこだわる▶️ガーゼかワッフル生地

・「耐久性」にこだわる▶️ホテル仕様

・「吸水性」にこだわる▶️甘撚り(あまより)タオル

フェイスタオルのおすすめランキング20選

ここまでフェイスタオルの種類やフェイスタオルを選ぶ場合のポイントなどについてご紹介しました。

ここからは、これらを踏まえた上でおすすめのフェイスタオルをご紹介していきます!

—–

1位 IKEUCHI ORGANIC

https://www.ikeuchi.org/c/bath/gr21/oc120-ft

2位 今治謹製タオル

https://www.imabari-kinsei.com/fs/imabarikinsei/066SH34300000020

3位 今治浴巾

https://imabariyokkin.jp/shop.php

4位 天衣無縫

https://tenimuhou.shop-pro.jp/?pid=145577620

5位 HIPPOPOTAMUS.

https://hippopotamus.co.jp/collections/towel

6位 TENERITA

https://www.tenerita.com/item/item_detail1

7位 ジョンマスターオーガニック

https://www.johnmasters-select.jp/products/jmsp253

See Also

8位 hamam(ハマム)

https://hamam.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2280751&page=2

9位 白雲タオル

http://hacoon.jp/

10位 丸山タオル

https://maruyamatowel.co.jp/

11位 泉州フェイスタオル

https://www.senshu-towel.jp/?pid=148420103

12位 UCHINO フェイスタオル ごくふわ

https://item.rakuten.co.jp/uchino-towelandbath/8814f711/?gclid=CjwKCAiAhc7yBRAdEiwAplGxX-Ra07bhmcXuezv4t624ZE6Drs8hxe_pEBpugRqNH9SqRnShZcPbLRoCLNUQAvD_BwE&scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

13位 無印良品 綿パイルフェイスタオル・中厚手/オフ白

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4549738979425

14位 セブンイレブン 極ふわ贅沢仕上げのフェイスタオル

https://7premium.jp/product/search/detail?id=6184

15位 スタイレム 四国今治産 極上タオルプレミアム フェイスタオル 

https://www.giftmarry.jp/shopdetail/002005000023/ct703/page1/price/?gclid=CjwKCAiAhc7yBRAdEiwAplGxX_vbJKwJZzXwJS73FfBZ8sx6q_9wbr6BhYqrbGLAARTeRR9Ilj-WuhoCdusQAvD_BwE

16位 ブルーム 今治タオル ナチュラルボーダー フェイスタオル

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E4%BB%8A%E6%B2%BB%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB-%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB-%E5%85%A8%E8%89%B2%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/B01B5HB5NM

17位 アビス&ハビデコール フェイスタオル

https://www.rakuten.co.jp/harukanatumi/

18位 ヒオリエ 上質ホテルスタイルタオル(クラッシー)

https://item.rakuten.co.jp/toucher-home/c/0000000328/

19位 GamachaTowel

 https://www.amazon.co.jp/stores/node/3483779051?_encoding=UTF8&field-lbr_brands_browse-bin=%E3%82%AC%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB%28GamachaTowel%29&ref_=bl_dp_s_web_3483779051

ふわふわを保つには?洗濯する際の柔軟剤について

おすすめのタオルをご紹介しましたが、実際に購入した後にもどのようにフェイスタオルを使用するかが重要です。せっかく買ったフェイスタオル、ずっとふわふわの状態を保ちたいですよね?そのためには選択の際に気をつけなければならないことがあります。

フェイスタオルをふわふわに保つためには柔軟剤をしようするイメージがあるかと思います。しかし柔軟剤の使いすぎには注意が必要です。

柔軟剤は毎回使う必要はなく、たまに使う程度がちょうどいい使用頻度です。その目安は10回に1回ほどと言われています。

柔軟剤の代わりに洗濯する際の水の量を少し多めにしたり、クエン酸を足したりすることも効果的です。

乾燥機は大丈夫?フェイスタオルの干し方について

フェイスタオルを乾かす際に乾燥機を使う方も多いと思いますが、乾燥機を使うことによってふわふわさがなくなってしまうのではないかなど不安に思われる方もいらっしゃると思います。結論から申し上げますと、基本的に乾燥機を使っても大丈夫です。

しかしながらどうしても乾燥機を使うことに抵抗がある場合は干して乾燥させることをおすすめします。

そのときもポイントですが、布全体を風に当てることがポイントです。早く乾かしたい場合はタオルとタオルの内側に空気の通り道を作ることを意識して干してみてください。

フェイスタオルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、フェイスタオルのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

楽天売れ筋ランキング

まとめ

今回ご紹介したように、タオルには糸の撚り方・素材・織り方によっていろいろな種類の商品があります。

はじめに紹介した10のポイントの通り、肌触りや触り心地なども異なります。それぞれの特性に合わせてタオルを使い分けるようにすれば、より心地よく使用することが可能です。

日常的に使うタオルを選ぶ場合は特に洗濯のことも考えて、吸水性・速乾性・耐久性に優れた商品を選ぶことが大切です。

ぜひ今回の記事を参考にして、自分の好みのタオルを選び長く使用してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

View Comment (1)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top