髪や頭皮がベタつかない市販で人気のおすすめシャンプー13選【ランキング】


夏の暑い季節、「毎日しっかり洗っているのに髪がベタつく」、「朝シャンしても夕方にはべっとりしてしまう」という悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。


特に夏になると汗のせいもありべたつきの悩みも増えてきます。

髪や頭皮がベタついていると見た目が悪くなりますし、自身も不快感を感じますよね。

髪や頭皮がベタつく要因はシャンプーの選び方が間違っているためかもしれません。


いつもはドラックストアで価格の低い市販のシャンプーを適当に選んでいたけど、もう少し自分にあったものを選びたいと感じ、ベタつきを解消したいとお考えではないでしょうか。


髪や頭皮のベタつきは、自分に合った適切なシャンプー選びと、正しい洗い方、そして正しい乾燥の仕方である程度は抑えることができます。


今回は市販で購入することのできる、人気の髪や頭皮がベタつかないシャンプーを紹介していきます。

ベタつきに悩む方は必見です。

もくじ



髪のベタつきで困ること


夜寝る前にシャンプーをしたのに、次の日の朝には髪がべっとりしているという経験をしたことはありませんか?

夏の蒸し暑い季節は特に寝ている間に汗をかくことが多いため、頭皮も髪もベタつきがちです。


きちんと清潔に保っているつもりでも、髪がベタついると相手からの印象はよくありません

また、ベタつきの原因を放置すると肌荒れにつながることもあります。


髪や頭皮がベタつくことによって以下のような悩みがあるのではないでしょうか。

1. お風呂に入っていないように見える
2. シャンプーをしても髪が臭い
3. 朝のセットに時間がかかる
4. 前髪が束になったり分裂したりする
5. 頭皮にニキビができる


1. お風呂に入っていないように見える


髪や頭皮がベタつかないように丁寧にシャンプーをしても、数時間後にはすでに髪がベタついているということはよくあります。


ひどい方は朝シャンをしても昼過ぎ頃にはベタつきが出てしまうということもあります。


毎日お風呂に入っていても、ベタつき方がひどければ、お風呂に入っていないような印象を相手に与えることになります。

清潔感のなさは、その人の信頼に直結します。


仕事で接客や営業など、対面のコミュニケーションを必要とする業務であれば、相手にマイナスな印象を与えることは仕事の成果の支障にもなります。


2. シャンプーをしても髪が臭い


シャンプーを選ぶ際、香りで選ぶことも多いですよね。

バスタイムに好きな香りに包まれることは気持ちのリフレッシュにも繋がります。


できればその香りを髪にまとわせて1日を過ごしたいものです。


しかし、髪や頭皮のベタつきが気になる方の中には、シャンプーの香りが持続しなかったり、すぐに髪が臭くなってしまう方もいます。


容姿同様にニオイについても、自分のニオイが相手にどのような印象を与えるのかは気になるポイントです。

いくらお風呂に入っていても、臭いニオイが相手に伝われば相手の自分に対する印象はマイナスになってしまいます。


3. 朝のセットに時間がかかる


朝のセットをする時点ですでに髪の毛がベタついている場合、ヘアセットにはかなり時間がかかります。

髪の毛にボリュームを出そうとしてもなかなかうまくいかなかったり、くしでとかしてもサラサラ感が出なかったりします。


また、ボリューム感を出すためにワックスやスプレーを使っても、余計にべっとりしてしまってうまくいかないということもよくあります。

ヘアオイルも同様に、つけすぎることでかえってベタつきが目立ち逆効果になることもあります。


ベタつきを無くそうと朝シャンをすることもありますが朝の時間が奪われ、そのぶん早く起きなければならずに、結局時間がかかることには変わりありません。


4. 前髪が束になったり分裂したりする


朝のセットがうまくいったとしても、夕方にはすでに崩れてしまっているということが多くあります。


特に前髪は、ふわっとした印象をもたせたいのにもかかわらず束になってしまったり、真ん中から左右に分かれてしまったりしがちです。

シースルー前髪をやってみたいけど、束になってしまうのが怖くてなかなか挑戦できないという方もいるでしょう。


前髪は顔の印象を大きく左右しますので、髪のベタつきは天敵です。


5. 頭皮にニキビができる


頭皮のニキビで悩んでいる方も多いです。

ニキビは皮脂の過剰な分泌や毛穴のつまりによって引き起こされます。


顔のニキビであれば鏡を見ることですぐに気がつきますが、頭皮のニキビは自分では見えないためなかなか気づきません

そのため、シャンプー中に間違えて引っ掻いてしまい、さらに悪化するというケースもあります。

【合わせて読みたい】

お悩み別!美容師おすすめシャンプーはこちら↓



髪がベタつく要因

 

髪がベタつくのには以下の4つの要因が考えられます。

1. 皮脂の量が多い
2. 生活習慣の乱れ
3. シャンプーが髪や頭皮の状態と合っていない
4. 間違ったシャンプーの仕方をしている


1. 皮脂の量が多い


皮脂は皮脂腺と呼ばれる部位から分泌されています。

頭皮は皮脂腺が全身で最も多く存在し、顔のTゾーンの2倍以上の1cm2あたり144〜192個もの皮脂腺が存在します。


そのため、皮脂の分泌量が全身のなかでも最も多くなります。


皮脂は頭皮場で肌表面の常在菌による分解や酸化によって脂肪酸となります。

脂肪酸は頭皮を刺激して炎症や赤みを引き起こし、痒みやニオイの原因にもなります。


皮脂は時間が経つと頭皮から髪へと移行します。

髪のベタつきを防ぐためには、皮脂が頭皮から髪へと移行する前に洗髪をすることが大切です。


また、髪が細い方や少ない方は髪に移行する皮脂の量が通常より少なく、頭皮に皮脂が残りやすいです。

そのため、肌荒れ等の皮脂トラブルに注意しましょう。

出典リンク: 頭皮の皮脂の挙動と頭皮トラブル


2. 生活習慣の乱れ


生活習慣も髪のベタつきの一因です。

食事・ストレス・生活習慣などは皮脂の分泌に影響します。

バランスの悪い食事、喫煙、運動不足、睡眠不足、疲労などは避けた方が良いです。


また、肉や卵などの動物性食品に多く含まれるアラキドン酸などの脂肪酸を過剰に摂取すると炎症物質が体内で生成され毛穴がつまってしまいます。

ニキビなどの肌トラブルが発生するため、摂取のしすぎには注意が必要です。


出典リンク:高岡 素子, 宮崎 博隆, 別所 京子, 松本 剛, 佐々木 愛
食生活が肌の状態に及ぼす影響


3. シャンプーが髪や頭皮の状態と合っていない


ドラッグストアに行くと様々な種類のシャンプーがありますよね。

シャンプーを選ぶ際には、そのシャンプーがどのような特徴を持ったシャンプーであるかを確認することが大切です。


頭皮の状態には主に乾燥タイプとオイリータイプがあり、ベタつきが気になる方はオイリータイプであることがほとんどです。


乾燥タイプの方には保湿力が高く、あまり洗浄力が高くないシャンプーがオススメですが、オイリータイプの方は髪のベタつきが洗い流しきれないためかえって逆効果になることがあります。


また、洗浄力の強すぎるものも頭皮に必要な皮脂が過剰に洗い流されてしまうことに繋がるため、避けた方が良いです。


髪のベタつきが気になる際は、適度な洗浄力のあるシャンプーを選ぶと良いでしょう。


4. 間違ったシャンプーの仕方をしている


頭皮のベタつきをきちんと落としたいからといって、シャンプーをする際に爪を立ててゴシゴシと洗ったり、一度のバスタイムで何度も洗髪したりしていませんか?


過剰な洗いすぎは頭皮を傷つけ、頭皮に残しておいた方が良い皮脂まで洗い流してしまいます。

失われた皮脂を補おうとする働きによって、皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。


また、シャンプーのつけすぎも洗い残しやすすぎ残しに繋がり、頭皮環境を悪化させる要因となるので気をつけましょう。


季節ごとのベタつきに注意


夏になると気温が高くなり、汗を書く機会も多くなりますよね。

皮脂の汚れやベタつき・ニオイなどがより一層気になる季節です。


夏は皮脂の分泌量が多く、汗と混ざることで皮脂の流動性も高くなります

皮脂の流動性が高くなると髪に移行する皮脂の量も多くなります。


そのため、夏は特に髪のベタつきや汚れに注意しましょう。

汗をかいたら地肌からきちんと拭き取り、清潔を保つことが重要です。


また夏だけでなく、冬も頭皮のベタつきには注意が必要です。


冬は個体脂が多く皮脂が髪に移行しにくいため、頭皮に残る皮脂の量が夏よりも多いです。

冬の乾燥した気候や脂肪酸による皮膚刺激とも相まって、紅斑やフケ・吹き出物などの地肌トラブルは夏よりも冬の方が多く起こります。

出典リンク: 頭皮の皮脂の挙動と頭皮トラブル


髪や頭皮がベタつかない市販シャンプーを選ぶポイント


頭皮や髪のベタつきをすっきり洗い流すために洗浄力の高いシャンプーを好む方も多いですよね。

しかし、洗浄力の強いシャンプーを使っているはずなのに、なぜかすぐにベタついてしまうと感じたことある方もいるでしょう。


洗浄力の強すぎるシャンプーの中には、必要な皮脂までもを洗い落としてしまうものもあります。

頭皮や髪のベタつきが気になる際は、適度な洗浄力のシャンプーを選ぶのがポイントです。

以下の表は、洗浄成分の強さを表した表になっています。


頭皮や髪の汚れを洗い落とす必須成分である界面活性剤の中でも強力な皮膚刺激性を有するのがラウリル硫酸ナトリウムです。

表の真ん中の洗浄成分に該当する洗浄成分です。

ラウリル硫酸ナトリウムは、動物実験で皮膚炎や皮膚乾燥を誘発するために使用されています


通常、頭皮に残った界面活性剤は皮膚のターンオーバーによって垢と一緒に排出されるため皮膚へ有害反応をもたらすことはほとんどありません。

しかし、洗髪後に皮膚が正常な状態に戻る前に繰り返し洗髪を行うと頭皮の荒れや乾燥を引き起こします。


したがって、毎日の洗髪に使われるシャンプーには、皮膚バリア機能の破壊作用が強いラウリル硫酸ナトリウムが含まれないものを選ぶと良いでしょう。

具体的には、表で示されているアミノ酸系洗浄成分に該当する洗浄成分を選ぶことをお勧めします。


出典リンク:井波義博
界面活性剤によって誘発される痒みとケラチノサイトによるhistamin産生に関する薬理学的研究
富山大学学位論文



頭皮・髪のベタつきを抑えるシャンプーの仕方


自分にあったシャンプーを選んだとしても、シャンプーの仕方が間違っていれば頭皮や髪にとってかえってマイナスになってしまいます。

髪がベタつく要因はシャンプーの仕方にもあるのです。

理想のシャンプーの流れは次の通りです。

1. 髪を濡らす前にくしでとかす
2. シャンプーに使用するお湯はぬるま湯で
3. シャンプーは1プッシュでOK
4. 指の腹で優しく洗う
5. 洗い残しがないようにすすぐ
6. シャワーから上がったらすぐに乾かす

ここからは頭皮や髪がベタつかないシャンプーの仕方について詳しく説明していきます。


1. 髪を濡らす前にくしでとかす


髪を濡らす前にくしでとかすことによって髪のほつれが取れ、頭皮の汚れを浮き上がらせることができます。

しかし硬いくしやコームは頭皮を傷つける可能性もあるため、くしの先端が柔らかいクッションブラシなどを使うと良いでしょう。


また、スタイリング剤をつけている場合はくしではなく指を通し、毛流れを整えるのも良いです。


2. シャンプーに使用するお湯はぬるま湯で


熱いお湯を当てると頭皮は乾燥しやすくなってしまいます。

頭を洗う際は36〜38度くらいの人肌よりも少し高めの温度が理想です。


熱いかなというよりも、少しぬるいかなという温度の方が頭皮への負担は少なくなります。


3. シャンプーは1プッシュでOK


泡を立てて洗っている感じを出すために、2プッシュ以上シャンプーを使うという方もいるかもしれません。

しかし、シャンプー剤のつけすぎは頭皮への負担を強めたり、すすぎ残しに繋がったりします。


したがって、一度のシャンプーで使用する量は1プッシュ分が良いでしょう。


4. 指の腹で優しく洗う


爪を立ててゴシゴシこするとベタつきを落とせる気がしますが、実際は頭皮へダメージを与えてしまっています


シャンプーをする際は、指の腹で頭皮に円を描くようにくるくると優しく洗うようにしましょう。


5. 洗い残しがないようにすすぐ


洗い残しやすすぎ残しは頭皮の老廃物として蓄積してしまいます。

特に頭頂部や耳の裏側、生え際などの洗いにくい場所はすすぎ残しやヌメリがついたままになりがちです。


髪や頭皮がもうベタつかない!市販の人気シャンプーランキング13選

※このランキングはORGANIQUE MAGAZINE編集部員の主観に基づいて作成されています。


第13位 第一三共 ミノン 薬用ヘアシャンプー (医薬部外品) 450ml オープンプライス(Amazon:¥1,540)(税込)



頭皮と髪のどちらにもバランスがとれた高品質なシャンプーです。植物性アミノ酸系洗浄成分が配合されています。


アレルギーの原因物質を強力カットした弱酸性のシャンプーのため、敏感肌の方やお子様にもオススメです。


髪が細めで毛の量があまり多くない人がさらさらになるシャンプーです。



第12位 P&G h&s リフレッシュ 地肌ケアシャンプー(医薬部外品) 370ml オープンプライス(Amazon:¥487)(税込)



スカルプケアに優れているh&sです。女性用も男性用もありますが、抗フケ成分がはいっているのでベタつきにも効果的です。


豊かでクリーミーな泡で包み込みながら地肌をマッサージすることで、汚れや余分な皮脂を取り除くことができます。


頭皮のベタつきとフケと主に頭皮ケアに悩んでいる人におすすめです。



第11位 牛乳石鹸共進社 カウブランド 無添加シャンプー さらさら 500ml ¥1,080(税込)



牛乳石鹸がつくる無添加のシャンプーで、地肌にやさしい天然由来のアミノ酸系洗浄成分配合の弱酸性タイプです。


頭皮にも優しく、適度にすっきりできるシャンプーです。


特徴があまりないものを使いたくて、頭皮の汚れもしっかり落としたいという人に使ってほしいです。家族がいる方にも、家族使いできるシャンプーです。



第10位 Kracie ディアボーテ オイルインシャンプー(ボリューム&リペア) 500ml オープンプライス(Amazon:¥860)(税込)



ディアボーテヒマワリのオイルインシャンプーですが、うねりに効果的なシャンプーです。


プレミアムヒマワリオイルEXが配合されているため、髪の根元に弾力を与え、毛先まで軽いサラサラな髪が実現します。


髪表面と髪内部の両方からアプローチし、扱いやすい髪へと導きます。洗浄力もそれなりに強いので、頭皮の皮脂を落とすことでベタつきが軽減されます。


ベタつきがとても強い男性よりも女性に向いています。



第9位 コーセーコスメポート ビオリス ボタニカル シャンプー(スリークストレート) 480ml オープンプライス(Amazon:¥820)(税込)



華やかなフローラルにみずみずしいフルーティが調和するピンクアロマの香りがするシャンプーです。


ボタニカルダメージリペア成分が配合されており、水分保持力の高い髪に導くことでデイリーなダメージから髪を守ってくれます。


きめ細やかな泡で指の腹でしっかりと洗えます。泡をしっかり泡立てて髪の根本から洗うことをおすすめします。



第8位 花王 | キュレル シャンプー (医薬部外品) 420ml オープンプライス(Amazon:¥1,100)(税込)



花王が作る高品質のシャンプーであるキュレルです。余計なものが入っておらず、頭皮のケアをしっかりと行ってくれる医薬部外品です。


健やかな頭皮のために必須の成分「セラミド」を守り、潤いを保ちながら皮脂の汚れをすっきり落とします。

きめ細かい豊かな泡立ちが特徴で、絡まずスムーズな洗い心地が実感できます。


頭皮のベタつきを軽減させて、指通りもよくなる優れものです。髪が細めの方にとっては使いやすいです。



第7位 ネイチャーラボ モイストダイアン パーフェクトビューティー エクストラストレート シャンプー 450ml ¥814(税込)



メンソールタイプではない爽快感が味わえるシャンプーです。

保湿もしっかりしてくれるので、朝晩2回頭を洗う習慣がある人にはほどよいバランスです。


モイストダイアンシリーズを試して好きな人にもよいでしょう。



第6位 資生堂 マシェリ エアフィール シャンプー EX 450ml ¥1,089(税込)


パールやはちみつ等を配合した濃密パールハニージュレDXがダメージヘアの内側から補修し、艶やかな髪を実現するシャンプーです。


洗浄力は市販シャンプーでは平均くらい。

洗浄力も平均くらいなのでそこまで頭皮の脂が気にならなにがたまに気になる程度の人におすすめです。


泡がきめ細やかなので指の腹でしっかりと洗ってください。


第5位 カネボウ化粧品 サラ シャンプー しっとりさらさら(サラ スウィートローズの香り) 400ml オープンプライス(Amazon:¥832)(税込)


ほのかにずっと続く華やかで優しいスウィートローズの香りが特徴のシャンプーです。

ラウレス硫酸Na、ラウレス-4カルボン酸Naがベースの界面活性剤であり、一般的には洗浄力が強いといわれています。特にしっとりさらさらシリーズは洗った感がでてきます。

頭皮がやや弱めの人には使いづらいので頭皮は普通以上で皮脂多めの方に使ってほしいシャンプーです。


第4位 大正製薬 リジェンヌシャンプー(医薬部外品) 240ml ¥1,296(税込)

製薬会社である大正製薬が販売しているシャンプーで、毛穴の汚れをすっきり落とすアミノ酸系のシャンプーです。

「地肌のモイストエステ処方」が地肌トラブルを防ぎ、潤いのある健康な地肌に整えることで、根元からハリのある美しい髪へと導きます。フケに効果的なピロクトンオラミンが配合されており、フケ、かゆみに悩んでいる人にはおすすめのシャンプーです。

洗浄力が少し強めのため、頭皮が弱すぎる人にはフィットしませんがベタつきに悩んでいる人にとっては使いやすいシャンプーです。



第3位 Le ment (ルメント)高濃度炭酸オイルヘッドスパシャンプー 200g ¥1,639(税込)(セット価格のためシャンプー1本あたりで換算)
(初回特別価格で 37% Off)



超濃密泡でしっかり頭皮・髪をクレンジングできる炭酸シャンプーです。

バオバブオイルやアルガンオイル、オーガニックの植物エキスといったこだわられた美容成分がギュッとつまっているため、スッキリした仕上がりなのに頭皮と髪に優しいシャンプーとなっています。

ルメントは炭酸シャンプーのため、3日に一度のスペシャルケアとして特に頭皮のベタつきがひどいときに使うのがおすすめです。

通常のヘッドスパで使用される炭酸ガスの濃度が1000ppm前後であるのに対して、ルメントは5000ppmの高濃度炭酸ガスを使用しているため、泡が濃密で頭皮をスッキリなめらかに洗い上げてくれます

 

高級なアミノ酸系洗浄成分が配合されているシャンプーです。

 


第2位 haru kurokami シャンプー 400ml 3,168円(税込)

洗浄成分が優しいアミノ酸系シャンプーです。

このシャンプーに配合されているココイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸TEAは、洗浄成分の中でも優しい成分といわれています。

そのため、髪や頭皮を優しく洗浄してくれるため、過剰な皮脂分泌を防ぎ、べたつきを抑える効果があります。

また、カミツレ花エキスなどの髪へのハリやコシを与える成分も含まれているので、非常におすすめのシャンプーです。

今なら、公式から購入されますと通常価格の約20%offで購入することができますので、ぜひお試しくださいね。

第1位 ラサーナ プレミオール シャンプー スターターセット 130ml ¥1,980(税込)

高級なアミノ酸系洗浄成分が配合されているシャンプーです。

アミノ酸系洗浄成分は、アミノ酸でできている髪の毛と非常に相性がよく、余計なダメージを与えずに、汚れを落とすことができます。

また、海泥が配合されているため毛穴奥の細かい汚れまで洗浄してくれるため、頭皮環境をしっかりと整えてくれます。

今なら、公式から購入されますと通常価格の49%offで購入でき、トリートメントとヘアエッセンスがセットが付いてきますので、ぜひお試しくださいね。


さいごに

夏が近づくと頭皮や髪のベタつきによって不快感を感じることは多くなります。

せっかく毎日シャンプーをしているのに、ベタつきによって見た目が悪くなってしまうのは避けたいものです。

髪や頭皮がベタつく原因には体質だけではなく、シャンプーの選び方や仕方も関係があるとご紹介しました。

ぜひ自分にあったシャンプーを選び、紹介した洗い方を実践することで美しいサラサラヘアを実感してくださいね。

View Comment (1)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top