Now Reading
美容師が選んだ!安い オーガニックシャンプー おすすめ10選

美容師が選んだ!安い オーガニックシャンプー おすすめ10選

「お手頃な価格で質の高いオーガニックシャンプーを使いたい!」

「敏感肌なので、頭皮に優しいシャンプーを選びたい」

「良い香りを楽しむことができるオーガニックシャンプーはどれ?」

と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、オーガニックシャンプーの効果や選び方について紹介します。

また、現役美容師が厳選した安いおすすめのオーガニックシャンプーも最後にお伝えします。

もくじ

この記事に登場する専門家

この記事で分かること

・オーガニックシャンプーは低刺激で乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめ

・オーガニックシャンプーは一般のシャンプーと比べると使用期限が短かったり、泡立ちが悪い場合もあるため確認が必要


オーガニックシャンプーとは?

オーガニックシャンプーとは?

・オーガニックシャンプーとは、有機栽培された植物の成分が入っているシャンプー

・ノンシリコンシャンプー、無添加シャンプー、ボタニカルシャンプーとは異なり、あくまでオーガニック成分の有無がポイント

「オーガニック」と聞くとなんとなく髪の毛や肌にいいもの、優しいものというイメージをお持ちの方も多いと思います。

まず初めにオーガニックシャンプーとは具体的に一般的にどう違うのかというところからお話ししていきます。

オーガニックとは有機栽培という意味であり、化学合成農法や化学肥料を使わずに有機肥料などにより土壌の持つ力を利用して栽培された植物のことを指します。

つまりオーガニックシャンプーというのは「有機栽培された植物の成分が入っているシャンプー」ということです。

ノンシリコンシャンプーや添加物が入っていないシャンプーであればオーガニックシャンプーという認識の方もいらっしゃるかもしれません。

ここで注意していただきたいのはあくまでオーガニックシャンプーというのは有機栽培された植物の成分が入っているものであります。

もちろんオーガニックシャンプーの中にはシリコンが入っていないものや添加物が入っていないものもありますが、これらの成分が含まれているオーガニックシャンプーも存在します。

あくまでオーガニック成分の有無がポイントになります。

ちなみに「ボタニカルシャンプー」というのもありますが、ここでいうボタニカルというのは植物由来ということです。

植物から抽出したオイルやエキス、香りが配合されたものをボタニカルシャンプーといいます。

自然派シャンプーでありつつも有機農法により栽培された植物を使用しているわけではないため、ここの違いに注意をしましょう。

出典リンク:スカルプD オーガニックシャンプーは、男性の髪や頭皮にも効果がある?

オーガニックシャンプーをおすすめできる方の特徴

オーガニックシャンプーをおすすめできる方の特徴

・乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを持った人でも安心

・髪質改善やリラックス効果に期待する人にもおすすめ

オーガニックシャンプーは化学肥料を使わずに有機栽培された植物を使用しており、一般的な化学製品を用いて作られたシャンプーに比べて刺激が少ないです。

そのため、かゆみやかぶれといった症状も起きづらく、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使うことができます。

また、オーガニックシャンプーには植物エキスや天然のヤシ油、アルガンオイルなどの天然成分が多く含まれています。

これらの天然成分には、髪のダメージを補修する効果や高い保湿効果を期待することができます。

さらに、香りに使われるものも天然由来成分のものや精油を使っています。

シャンプーをしながら香りによるリラックス効果やアロマテラピー効果を得ることができます。

オーガニックシャンプーの効果

オーガニックシャンプーの効果として、大きく3つご紹介します。

オーガニックシャンプーの効果

1.頭皮トラブルを防ぐ

2.フケ・かゆみ・臭いを防ぐ
3.頭皮と髪を保湿する


1.頭皮トラブルを防ぐ

多くのオーガニックシャンプーには合成保存料や防腐剤、人工着色料や香料が含まれていないことで肌への負担が最小限であるため、添加物による肌荒れを防ぐ効果があります。

また、一般的なシャンプーにおいて頭皮トラブルの原因になりやすい洗浄成分(界面活性剤)においても、必要以上に皮脂を洗い流すほどの強いものが含まれていません。

天然由来の洗浄成分で優しく洗い上げるため頭皮に負担をかけることもなく、程よく皮脂を残すことで頭皮のバリア機能をしっかりと保つことができます。

2.フケ・かゆみ、臭いを防ぐ

オーガニックシャンプーの原材料である植物成分には炎症を抑える効果や殺菌効果、抗菌効果があります。

特にセージやカンゾウ根、カワラヨモギには抗炎症効果がありフケやかゆみを抑える効果があったり、ラベンダーやローズマリーには抗菌効果があるため臭いを防ぐ働きがあります。

また、シャンプーの香り自体もラベンダーやベルガモットなど天然精油の優しい香りであるため強すぎず弱すぎず、男女関係なく使うことができるのも特徴です。

出典リンク:理化学研究所 生薬「甘草」のゲノム解読に成功

出典リンク:AZARE 化粧品成分辞典

出典リンク:薬用植物の健康食品、化粧品等としての利用

出典リンク:日本食品機能研究会

3.頭皮と髪を保湿する効果

オーガニックシャンプーに含まれる植物由来の保湿成分が頭皮と髪の毛の乾燥を防ぐ効果があります。

パンテノールやカミレツエキス、アルガンオイルやヤシ油などは髪のダメージを補修し保湿する効果が高く、カミツレ花エキスや甘草であれば頭皮にうるおいを与える効果が高いです。

そもそもオーガニックシャンプーは優しい洗浄成分が使われています。

そのためある程度頭皮や髪にうるおいを残して洗い上げることがでいるので、プラスアルファの植物エキスの力でその効果はさらに期待することができます。

出典リンク:パンテノールのお話|ムヒソフトGXブランドサイト|池田模範堂

出典リンク:保湿成分なら「カミツレ(カモミール)エキス」:丸善製薬株式会社(薬粧部)【健康美容EXPO】

出典リンク:アルガンオイルの効果や使い方を徹底解説!おすすめの人気アイテムもご紹介! | Domani

出典リンク:ヤシ油〈植物油〉 – 【luamo-ルアモ-公式ブランドサイト】いつも守る。ずっと守る。ナチュラルで心地よいものを求める女性に。

美容師だけが知っているオーガニックシャンプーの選び方

オーガニックシャンプーの選び方

1.洗浄成分で選ぶ

2.シリコンの有無で選ぶ
3.香りで選ぶ


1.洗浄成分で選ぶ

オーガニックシャンプーと一般的なシャンプーの違いはオーガニック成分が含まれているかいないかです。

どれだけ有機栽培された植物の成分含まれているかということは差別化を図る上でとても重要です。

しかし、シャンプーの一番の目的は頭皮の汚れを落とし健やかに保つことです。

そのため、やはり最大の目的である汚れを落とす成分、つまり洗浄成分の強さに注目することが大切です。

一般的なシャンプー剤に多く含まれている「高級アルコール系」は避けたほうが良いでしょう。

洗浄成分が強く頭皮や髪に刺激を与えてしまう恐れがあります。

乾燥肌や敏感肌の方の場合、頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあります。

頭皮環境や髪の毛のことを第一に考えるのであれば、髪の成分と同じ「アミノ酸系」のものか、植物由来の「ベタイン系」のものを選ぶようにしましょう。


2.シリコンの有無で選ぶ

ノンシリコンシャンプー=オーガニックシャンプーという認識を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

オーガニックシャンプーというのは有機栽培された植物の成分が入っているシャンプーのことであるため、シリコンが含まれている場合もあります。

シリコンは髪の毛の表面をコーティングし一時的に指通りが滑らかになりツヤ感が出ます。

しかし、その成分が毛穴に詰まってしまうことで、フケやかゆみなどのトラブルを引き起こし頭皮環境を悪化させてしまう恐れがあります。

オーガニックシャンプーを選ぶ際には、シリコンが入っていないものを選ぶことをおすすめします。

出典リンク:シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは何?

3.香りで選ぶ

毎日使うシャンプーであれば香りも重要です。

どんなに成分が良くても強い香りや苦手な香りだと、継続して使うことがストレスになってしまいます。

オーガニックシャンプーは人工的な香料ではなく自然由来の自然な香りが使われています。

そのためストレスなく使うことができます。

ラベンダーの香りであればリラックス効果を感じられ、ハッカやレモングラスであればすっきりとした爽快感を得ることができます。

気分に合わせて選ぶことができるのも特徴の一つです。

お手頃な価格のオーガニックシャンプーに配合されているおすすめ成分

オーガニックシャンプーに含まれるおすすめの成分がいくつかあります

それぞれどんな効果があるのかご紹介していきます。

1.ハーブ系成分

ローズマリーやラベンダーなどのハーブ系成分には抗炎症作用フケや痒みの抑制があります。

さらに、頭皮の臭いを改善する効果も期待できます。



2.植物性オイル

アルガンオイルやバオバブオイルなどの植物性オイルには保湿性に優れているものが多くあります。

頭皮の乾燥や髪のダメージが気になる方にはおすすめです。


3.果実系エキス

オレンジやグレープフルーツなどの果実系エキスにはハリコシがアップする効果があります。

猫っ毛や髪の毛が細い方、年齢による髪のボリュームダウンが気になる方におすすめです。



安いオーガニックシャンプーに関する注意点

オーガニックシャンプーに関する注意点

・一度開封すると使用期限が短い

・一般的なシャンプーと比べて泡立ちが悪い場合がある

オーガニックシャンプーには無添加のものが多く、パラベンと呼ばれる保存料が含まれていないことが多いです。

そのため、デメリットとして一度開封すると使用期限が通常のシャンプーより短という注意点があります。

また、オーガニックシャンプーは自然由来の成分で作られているので食品と同じように成分が傷んだり、酸化してしまいます。

使用後は成分が傷みやすい浴室等の高温・多湿な場所ではなく、涼しい場所に保管するようにしましょう。


地肌に優しい自然由来の成分で作られてはいますが、植物アレルギーがある方はアレルギー物質が反応してしまい刺激になる恐れがあります。

敏感肌の方はアレルギー物質が含まれていないか注意しましょう。

使用感においても注意点があります。

オーガニックシャンプーは化学成分が含まれていないものが多いため、一般的なシャンプーと比較すると泡立ちが弱いです。

泡立ちが弱いままでシャンプーをしてしまうと、髪の毛同士がこすれ合い、摩擦によるダメージを与えてしまう恐れがあります。

使用する際はしっかり泡立てるようにしましょう。

美容師が選んだ!安いオーガニックシャンプーおすすめ10選

※このランキングは美容師(毛髪診断士、ORGANIQUE MAGAZINE編集部員)個人の主観に基づいて作成されています。

※*価格は公式価格で表示

第10位 ビオリス ヴィーガニー ボタニカルシャンプー 480ml ¥1078(税込)

See Also

洗浄成分だけでなく、10種類の保湿成分や髪の補修成分など、含まれている成分全てが植物由来のオーガニックシャンプーです。

100%天然由来のシアバターが髪1本1本を包み込み、キューティクルのダメージホールを乾燥から保護します。

ローズとカシスの優美な香りも特徴の一つです。

第9位 エコロヴィスタ シャンプー 330ml ¥858(税込)

90%以上の天然由来成分とクリーンな水で作られたシア由来のもっちりとした濃密泡が特徴のシャンプーです。

植物由来のアルガンオイル配合で、指通りのいいサラサラな髪に仕上げることができます。

使用するボトルも植物由来素材で作られており、中身も外側もオーガニックにこだわった1本です。

第8位 ビーエスト オーガニックスパークリングシャンプー 200ml ¥1,980(税込)

5000ppm以上の高濃度の炭酸が毛穴の奥まで浸透し、髪にツヤを与え若々しい印象に仕上げることができます。

また、合成洗浄成分不使用であるため頭皮と髪の毛を優しく洗い上げます。

ノンシリコンでありながらも世界基準のオーガニックオイルを使用することで、枝毛や切れ毛を防ぎ、髪に潤いとツヤを与えます。

第7位 スーパーフードラボ オーガニックス シルキーリッチシャンプー 450ml ¥1,760(税込)

96%以上自然由来成分が配合された髪と地肌をいたわるオーガニックシャンプーです。

ミネラルやビタミンが豊富なマルラオイルが配合されているため、高い保湿効果によるエイジングケアにも最適です。

13種類のスーパーフード成分が配合されており、頭皮ケアだけでなく髪のハリコシやツヤの向上も期待することができます。

第6位 スカルプDボーテ ナチュラスター スカルプシャンプー 350ml ¥1,650(税込)

天然由来成分を90%以上使用し、ヤシやバームなど植物由来の洗浄成分を使った頭皮と髪に優しい使用感です。

また、シリコンやパラベン、合成着色料など5つのフリー処方で頭皮を健やかに保ちます。

濃密なもっちり泡が髪の摩擦によるダメージを軽減することができます。

第5位  アロマキフィ オーガニックシャンプー 480ml ¥1,540(税込)

ノンシリコンのアミノ酸系を洗浄成分としたシャンプーで、濃密もっちり泡が水分・油分を補いながらもしっかりと洗い上げます。

傷んだ髪へ瞬時に浸透する希少ボタニカルオイルが配合されています。

そのため、ノンシリコンでありながらシリコン配合のような滑らかな手触りに整えてくれるのが特徴です。

シリコンやパラベンなど7つのフリー処方であるためお子様も安心して使える一本です。

第4位 ALLNA ORGANIC シャンプー 500ml ¥2,037(税込)

アミノ酸系の洗浄成分コカミドプロピルベタインを採用しており、シリコンや合成着色料などは無添加で頭皮や髪にやさしいオーガニックシャンプーです。

ヒアルロン酸やセラミドのほか24種類の植物性保湿成分を配合しているため、スーッと指通りのいいさらさら髪に仕上げることができます。

第3位 アルジェラン バランシングモイストスカルプシャンプー 500ml ¥1,540(税込)

天然由来原料を95%以上配合した頭皮に優しいオーガニックシャンプーです。

3つの植物成分としてオーガニックカレンデュラオイル、オーガニックローズマリー精油、オーガニック ジャーマンカモミールエキスが含まれています。

そのほかにも美髪に導く成分が豊富に含まれています。

第2位 アブリーゼ ナチュラル オーガニック シャンプーCR 260ml ¥1,980(税込)

心地よいハーブの香りでリラックス効果の高いシャンプーです。

ハーブエキスは髪と地肌に潤いを与えるものとして欠かせません。

そのハーブエキスとして、自社農園で栽培したエキナセアエキス(ムラサキバレンギクエキス)配合しているというこだわりの一本です。

また、ベジタミド・加水分解エンドウタンパク・大豆タンパクなどの植物性タンパク質が髪のダメージを優しくケアし、クリーミーな泡とともに摩擦によるダメージを軽減します。

第1位 ザ・パブリックオーガニック スーパーポジティブシャンプー 480ml ¥1,783(税込)

98%天然由来成分で作られた毛先までしっかりとまとまるノンシリコン処方のオーガニックシャンプーです。

合成香料や着色料も使用していないため敏感肌の方も安心して使用することができます。

洗浄成分がマイルドなアミノ酸系シャンプーなので頭皮の保湿からダメージケアまでトータルでケアすることができます。

最後に

この記事では、オーガニックシャンプーの効果や選び方についてお伝えしました。

また、最後におすすめのオーガニックシャンプーもご紹介しました。

よく目にするけれどどれを選べばいいかわからないといういう方は、ぜひこの記事を参考にお気に入りの1本を見つけてみてください。

参考文献

出典リンク:スカルプD オーガニックシャンプーは、男性の髪や頭皮にも効果がある?

出典リンク:理化学研究所 生薬「甘草」のゲノム解読に成功

出典リンク:AZARE 化粧品成分辞典

出典リンク:薬用植物の健康食品、化粧品等としての利用

出典リンク:日本食品機能研究会

出典リンク:パンテノールのお話|ムヒソフトGXブランドサイト|池田模範堂

出典リンク:保湿成分なら「カミツレ(カモミール)エキス」:丸善製薬株式会社(薬粧部)【健康美容EXPO】

出典リンク:アルガンオイルの効果や使い方を徹底解説!おすすめの人気アイテムもご紹介! | Domani

出典リンク:ヤシ油〈植物油〉 – 【luamo-ルアモ-公式ブランドサイト】いつも守る。ずっと守る。ナチュラルで心地よいものを求める女性に。

出典リンク:シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは何?

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top