Now Reading
頭皮スッキリクレンジンクシャンプーの人気ランキング11選!使い方やおすすめの頻度は?

頭皮スッキリクレンジンクシャンプーの人気ランキング11選!使い方やおすすめの頻度は?

「しっかりシャンプーをしているのに、頭皮や髪がべたついてしまう…」という経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。

その髪のべたつきの原因は、頭皮に蓄積された汚れや皮脂かもしれません

そこで、今回は頭皮の汚れをオフできるクレンジングシャンプーを紹介していきます。

クレンジングシャンプーの効果や、選び方、正しい使い方についても解説していきます。

もくじ


クレンジングシャンプーとは?


クレンジングシャンプーの特徴としては、一般のシャンプーよりも洗浄力が強いことが挙げられます。

一般的なシャンプーでは落としきれない、蓄積した汚れ、皮脂、スタイリング剤までをオフすることができます。

そのため、定期的にクレンジングシャンプーを使用することで、健やかな地肌を保つことができます。

健康的な地肌を保つことは、頭皮や髪のべたつきやフケやニオイも抑えることにも繋がります。  


クレンジングシャンプーはどんな時使うべき?


1.髪のべたつきやボリュームダウンが気になるとき
2.汗をかいた後やスポーツ後に頭皮のニオイが気になるとき
3.リフレッシュしたいとき


髪のべたつきやボリュームダウンが気になるとき


夕方になるにつれて、髪がべたついてきたり、ぺったりとしてきたりことは、多くあります。

そんな時に役に立つのが、クレンジングシャンプーです。

出先でも、スプレーをシュッと吹きかけ髪に馴染ませるだけで、髪をさらさらに戻すことができるので、とてもお手軽に使うことができます。

水やお湯をつかわないことから、1つ鞄に入れておくだけで、どこででも使えるということがポイントです。


汗をかいた後やスポーツ後に頭皮のニオイが気になるとき


頭皮のニオイが気になるときにもクレンジングシャンプーは、役立ちます。

消臭成分が配合されているものを選ぶことで、嫌なニオイを消し去ることができます。

また、柑橘系やフローラル系の香りがするものもあるので、フレグランスとしてもお使いいただけます。


リフレッシュしたいとき


スプレータイプのクレンジングシャンプーを使うと、炭酸泡で頭皮を泡うことができ、とてもサッパリとします。

また、メンソール成分が配合されているものを選ぶと、クレンジングシャンプーを使った後もスーッとした爽快感も味わうことができます。

また、ミント系の香りがするものだと、爽やかな香りでリフレッシュすることもできます。

そのため、仕事の合間に気分転換をしたい際に、クレンジングシャンプーを使うこともオススメです。


クレンジングシャンプーの効果


1.頭皮や髪のべたつきを抑える
2.頭皮のニオイを抑える
3.フケを抑える
4.髪が健康的に育つようになる


頭皮や髪のべたつきを抑える


クレンジングシャンプーは、通常のシャンプーより洗浄力が強いため、頭皮の汚れや毛穴に詰まった汚れまでをしっかりと洗い流すことができます。

蓄積された余分な皮脂を除くことができるため、頭皮や髪のべたつきを抑えられます

また、普段のシャンプーでは強いスタイリング剤を洗い流すことが難しく、無理に洗おうとすると髪がこすれキューティクルがはがれてしまうケースも多いです。

クレンジングシャンプーの中には、ワックスを落とすことに特化したクレンジングシャンプーをあるので、強いスタイリング剤を使用されている方は、そちらを使うことをオススメします。


頭皮のニオイを抑える


頭皮や毛穴に蓄積された汚れや皮脂は酸化し、ニオイの原因となります。

そのため、ニオイを防ぐには、普通のシャンプーよりも洗浄力が強めなクレンジングシャンプーを使用して普段取り除きにくい汚れも定期的に洗い流すことが必要です。

出典リンク:花王 ヘアケアサイト 「頭皮のトラブルはどうして起こるか
出典リンク:スカルプD 「頭皮の臭いが気になる…。原因と対策方法とは?


フケを抑える


フケには、大きく分けて2種類あります。

1つ目は、白くてかさかさとしたフケ。
2つ目は、黄色くてねっとりとしたフケ。

クレンジングシャンプーで抑えられるフケは2つ目の方です。

1つ目のフケの原因としては、頭皮の乾燥が挙げられます。

洗浄力の強すぎるシャンプーを使っていることで頭皮が乾燥してしまうケースが多いので、使っているシャンプーの見直しが必要です。

洗浄力のマイルドなシャンプーの例としては、ベタイン系の洗浄成分(コミカドプロビルベタインなど)が配合されているシャンプーが挙げられます。

これらは、赤ちゃんでも安心して使えるほど頭皮や髪に優しいので、敏感肌や乾燥肌の方にオススメです。

2つ目のフケの原因としては、皮脂やスタイリング剤が落としきれていないことが挙げられます。

そのため、黄色くてねっとりとしたフケに悩まされている方には、クレンジングシャンプーを使うことが効果的です。

クレンジングシャンプーを使い汚れをしっかりと落とすことにより、フケが抑えられるかもしれません。


髪が健康的に育つようになる


頭皮がしっかりと洗えていないと、汚れや皮脂が毛穴につまり、根毛が弱ってしまうことがあります。

すると、元気な毛が育たなくなることや抜け毛が増えることに繋がります。

そのため、定期的に汚れや皮脂はしっかりと取り除くことが必要です。


クレンジングシャンプーの選び方


クレンジングシャンプーと一口に言っても、素材や配合されている成分の組み合わせは、商品ごとに異なります。

そのため、どのタイプのどんな成分が配合されているものが、ご自身に合っているのかを是非探してみてください。

1.タイプで選ぶ
2.洗浄成分で選ぶ
3.配合されている成分で選ぶ


タイプで選ぶ


クレンジングシャンプーのタイプ(素材)は大きく分けて4つに分かれます。


炭酸タイプ


炭酸ガスが含まれており、洗浄力の高いタイプ。

炭酸の力で、毛穴に詰まった汚れや皮脂を浮かせることができます。

血行促進効果爽快感があります。

さっぱりした洗いあがりが特徴。


泥タイプ


皮脂と汚れを吸着する泥が含まれているタイプ。

頭皮のべたつきを抑えたい方にオススメです。

保湿成分を豊富に含まれている製品が多いことが特徴。

ヘアケア成分も配合されているケースが多いです。


石鹸タイプ


液体せっけんになっているタイプ。

自然由来の成分から作られているものも多く、低刺激なのがポイント。

敏感肌の方にオススメです。

シャンプーのように使えるため、髪の汚れも同時に取り除くことができます。


オイルタイプ


オイルでできているタイプ。

皮脂や汚れを浮き上がらせて取り除きます。

オイルには保湿効果が期待できるため、髪のパサつきに効果的。

ツヤを出したい方にもオススメです。


洗浄成分で選ぶ


シャンプーの成分である界面活性剤(かいめんかっせいざい)は、頭皮の汚れを落とす作用があります。

界面活性剤(かいめんかっせいざい)は、水に馴染みやすい材質と油に馴染みやすい性質を合わせ持っているため、水と油を混ぜ合わせることができます。

そのため、シャンプーで洗髪することで、皮脂を洗い流すことが可能となっています。

クレンジングシャンプーに配合されている主な界面活性剤は以下の2つです。


アミノ酸系


クレンジングシャンプーの中で一番多く用いられている界面活性剤です。

ラウロイルメチルアラニンNaが代表的なアミノ酸系の洗浄成分です。

地肌や髪に優しく保湿力があることがポイントです。

ただし頑固な皮脂や汚れが落ちないことがあります。

敏感肌やカラーをしている方にオススメです。

脂性肌や強いスタイリング剤を用いる方には向いていません。


石鹸系


天然成分でできており、アルカリ性で、洗浄力が高いことが特徴です。

毛穴に詰まった汚れや皮脂もしっかりと落としてくれます。

普通肌や健康毛の方にオススメです。

敏感肌やカラー、パーマをしている方には向いていません。

界面活性剤についてさらに詳しく知りたい方は、合わせてこちらの記事もご覧ください。


配合されている成分で選ぶ


クレンジングシャンプーには、先ほど紹介した洗浄成分の他にも様々な効能のある成分が複数含まれています。

今回は、具体例として大きく分けて3つの頭皮や髪に良い成分を紹介していきます。


保湿成分


アボカドオイル・ホホバオイル・アルガンオイルなど

油脂には、傷んだ髪に栄養を補給する効果髪を保護をする効果が期待されています。

また、天然成分でできているため、頭皮へのダメージが少ないこともポイントです。


植物由来成分


ラベンダーエキス・チャ葉エキス・ユーカリ葉油

例えば、ラベンダーエキスには、頭皮の水分と油分のバランスを整える作用があります。

また、毛根に栄養をもたらし、健やかな髪を育む効果も期待できます。


〈抗炎症成分〉


グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸は、生薬である甘草(カンゾウ)などに含まれる成分です。

抗炎症作用があるため、頭皮のフケやかゆみを改善する効果が期待できます。

出典リンク:日経メディカル 処方薬事典 「グリチルリチン製剤


クレンジングシャンプーのおすすめランキング11選



※このランキングはORGANIQUE MAGAZINE編集部員個人の主観に基づいて作成されています。


第11位 サボリーノ 髪と地肌を手早クレンズ トリートメントシャンプー スムース ¥1,540(税込)


朝用マスクで有名なサボリーノのクレンジングシャンプー。

アミノ酸系のシャンプーなので、頭皮や髪に優しいです。

クレンジング成分であるカオリンが配合されていることから、しっかり汚れを吸着することができます。

また、保湿成分であるマカデミア種子油も配合されていることから、しっとりサラサラな仕上がりになります。

コンディショニング成分が豊富に入っていることも大きなポイントです。

キューティクルの剥がれを防ぎ、ハネにくい髪へと導いてくれます。


第10位 ファンケル マイルドクレンジングシャンプー ¥1,570(税込)


アミノ酸系のクレンジングシャンプー。

ラベンダーやオレンジの香りでリラックスすることができます。

ファンケルの人気製品であるマイルドクレンジングオイルの技術をシャンプーに取り入れているので、余分な皮脂だけを取り除くことができます。

頭皮や髪の潤いをキープする効果もあるので、乾燥肌の方や髪のパサつきに悩んでいる方にもオススメです。

また、無添加で洗浄力もマイルドなので、敏感肌の方でも安心してお使いになれます。


第9位 サクセス24 クレンジングシャンプー&コンディショナー ¥2,400(amazon価格)


CMでお馴染みのサクセスのメンズ向けシャンプー。

ふわふわなマイクロ泡が毛穴に入り込み、汚れをしっかりと洗いあげることができます。

髪の毛一本一本を撥水コーティングする効果があるので、髪のべたつきを抑えることができます。

速乾アロマテクノロジー処方の効果により、汗をかくたびアロマが反応し心地良い香りを放ってくれることから、頭皮の嫌なニオイを防ぐことができます。


第8位 ピュアナチュラル 頭皮すっきりクレンジング ¥880(楽天価格)


自然由来の洗浄成分が配合されたクレンジングシャンプー。

頭皮や髪の毛に直接吹きかけるスプレータイプなので、お手軽に使うことのできる一品です。

天然海藻エキスやオーガニックホホバオイルなどの保湿成分が配合されているため、髪の毛や頭皮の乾燥を防ぐ効果が期待できます。


第7位 merit PYUAN(メリット ピュアン) メリット ピュアン アクション クレンズケアシャンプー ¥1,202(amazon価格)


アミノ酸系のクレンジングシャンプー。

優しい泡立ちで地肌を優しく洗いあげることができます。

上品なシトラスとサンフラワーの香りで癒されることもできます。

地肌とおなじ弱酸性で出来ているため、敏感肌の方にもオススメです。

ピーリング作用のあるリンゴ酸や保湿作用があるレモン果実エキスが配合されていることもポイントです。


第6位  Timotei Pure(ティモテ ピュア) ティモテ ピュア クレンジングシャンプー ¥524(amazon価格)


アミノ酸系のクレンジングシャンプー。

ドラッグストアでも取り扱っており、お手頃な価格です。

クレンジングシャンプーを試してみたい方にオススメの一品。

レモングラスの香りでリフレッシュすることができます。

See Also

抗炎症作用があるチャ葉エキスが配合されているため、フケ・かゆみを抑えることができます。


第5位 ルベル イオ クレンジング フレッシュメント シャンプー 600ml ¥2,458(amazon価格)


アミノ酸系のクレンジングシャンプー。

きめやかな泡立ちで使用感抜群です。

ヤシ油由来の洗浄成分も配合されているため、ベタつきを抑えることができます。

ビタミンB1・Cやクエン酸やシイクワシャー果皮エキスも配合されており、地肌を健やかに保つことができます。

メントールの爽快感とフルーツグリーンの香りが感じられるシャンプーです。


第4位  ミュリアム 薬用スカルプ炭酸クレンジング ¥1,695(amazon価格)


アミノ系の炭酸タイプのクレンジングシャンプー。

しゅわっと感は少ないので、しゅわしゅわした刺激が苦手な方にもオススメです。

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸や保湿作用のあるローヤルゼリーと海藻エキスが配合されています。

そのため、フケなどの頭皮トラブルに悩んでいる方や、髪のパサつきが気になる方にもオススメです。


第3位 ミルボン プラーミア クリアスパフォーム ¥2,750(税込)


アミノ系の炭酸タイプのクレンジングシャンプー。

しゅわしゅわした炭酸泡でさっぱりと洗いあげることができます。

高濃度の炭酸泡で、毛穴に詰まった皮脂や汚れを浮き上がらせることができます。

地肌をマッサージしながら洗うことでかゆみ解消の効果も期待できます。

洗浄補助成分であるカキタンニンが頭皮のニオイや加齢臭をキャッチしてくれるのも大きなポイントです。

頭皮環境を整え二オイやべたつきを抑えることができます。


第2位 CLAYGE(クレージュ) フレッシュクレンジング 塩シャンプー ¥1,320(税込)


人気のクレージュシリーズのシャンプー。

いつも使っているシャンプーに1:1の割合で混ぜ合わせて使うタイプのクレンジングシャンプーです。

アミノ系の洗浄成分が配合されているので、髪や頭皮への刺激が少ないのもポイントです。

クリーミーなモッチリ泡で、毛穴汚れや皮脂をすっきり洗い流すことができます。

汚れや皮脂を吸着クレイと皮脂のバランスを整えるソルトの力で、べたつきやニオイを解消することができます。


第1位 KAMIKA(カミカ)黒髪クリームシャンプー ¥1,980 400g

KAMIKAはクリームで髪と頭皮を洗うという新感覚のヘアケアシャンプーです。

自然由来の成分がたっぷり配合されているため、頭皮に必要な栄養を惜しみなくチャージしてくれます。

アルガンオイルやオリーブオイル・ヒマワリ種子油などが、年齢とともにツヤが失われがちな髪の毛に優しく浸透し、洗うたびにツヤ・ハリ・潤いを補給することができます。

KAMIKAのシャンプーは、1本5役(シャンプー・コンディショナー・トリートメント・パサつきケア・頭皮クレンジング)のオールインワンシャンプーです。

クリームタイプのシャンプーのため、髪の毛をぴったり覆うことができ、隅々まで潤いを補給してくれます。クレンジング効果抜群でリピーターも多いのが特徴です。

たった1本で見た目年齢マイナス5歳と言われているほどのコストパフォーマンス最強のクレンジングシャンプーでもあります。

今なら公式ページからのご購入で65%Offになるので、ぜひ一度試して見てくださいね。


クレンジングシャンプーのオススメの使用頻度


クレンジングシャンプーは、洗浄力が比較的強いものが多いことから週に1~2回のスペシャルケアとして用いることがオススメです。

毎日使うと頭皮や髪に必要な油分までもを取り除いてしまうことに繋がり、頭皮のかゆみや髪の乾燥やパサつきを引き起こす恐れもあります。

また、洗浄力が強く、カラー剤が抜けやすくなるため、髪を染めたての方やカラーを長持ちさせたい方も、使用頻度に気をつけましょう。

クレンジングシャンプーのパッケージに、製品ごとのオススメの使用頻度の記載がありますので、ご確認ください


クレンジングシャンプーの使い方


次にクレンジングシャンプーの正しい使い方を紹介します。


1.洗髪前にブラッシングをする

髪を洗う前にブラシでといておくことで、髪に付着したほこりや汚れを浮き上がらせることができます。

ブラッシングを事前にしておくことで、汚れを洗い落としやすくなる効果とクレンジングシャンプーが泡立ちやすくなる効果が期待できます。


2.お湯だけで頭皮の汚れを落とす

頭皮をマッサージしながらお湯だけで、皮脂を落としていきます。

水温は36~38℃で1~2分間洗うことがオススメです。


3.頭皮をもみ洗いする

シャンプーを500円玉ほどの大きさに出し、手のひらで泡を作ります。

開いたの指の腹を頭皮に密着させ、頭皮にシャンプーを馴染ませていきます。

空気を含むように指を動かしていくのがポイントです。

そうすることで、泡立ちが良くなります。


4.洗い流すまえに時間を置く

クレンジングシャンプーを用いて洗髪したあと、少し時間をおきましょう

そうすることで、頭皮や髪の汚れが浮き上がらせることができます。

また、時間を置くことで、美容成分や自然由来成分が配合されているクレンジングシャンプーの場合、髪や頭皮に栄養をいきわたらせることもできます。


5.しっかりと洗い流す

洗い流しのないようするということは、どのシャンプーを使うときにも言えることではありますが、特にクレンジングシャンプーを使う際には、しっかり洗い流すことを心掛けましょう。

クレンジングシャンプーには洗浄力の強い成分が入っているので、洗い流しが不十分だと頭皮や髪への負担が大きくなります。

具体的には、シャンプー残りが付着した部分にかゆみ、フケなどのトラブルが発展するケースもあるので、注意が必要です。


クレンジングシャンプーを使う際の注意点


クレンジングシャンプーは、洗浄力が比較的強いので、シャンプーのパッケージに記載されている使用頻度を守るようにしましょう。

頻繁に使いすぎると、頭皮や髪に必要な油分までもを取り除いてしまうことに繋がり、頭皮のかゆみや髪の乾燥やパサつきを引き起こす恐れもあります。

また、使用頻度を守っていても、頭皮や荒れてしまった場合には、使用を中止し、症状がひどい場合には、皮膚科で診てもらうことが必要です。


参考文献一覧


View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top