Now Reading
美容師が厳選!メンズ用の白髪染めトリートメントおすすめ10選

美容師が厳選!メンズ用の白髪染めトリートメントおすすめ10選

「白髪を染めるのは時間がかかるから、めんどくさい…」

「トリートメントで白髪をカバーすることなんてできるの…?」

「白髪染めトリートメントの色選びの方法は?不自然な仕上がりだけは避けたい」

と感じている方は多くいらっしゃいます。

今回は、白髪トリートメントをおすすめすることができる方の特徴や白髪トリートメントのメリットやデメリットを紹介します。

また、現役美容師が厳選したメンズ用白髪染めトリートメントも最後にお伝えします。

この記事でわかること

・メンズ用白髪染めトリートメントは、白髪を自然に馴染ませたい方や頭皮や髪のダメージが気になる方におすすめ

・メンズ用白髪染めトリートメントを使うことで、美容室に行く費用や時間を抑えることができる
・白髪の量や髪質によってトリートメントのカラーや成分を選ぶことが大事

もくじ


この記事に登場する専門家

メンズ用白髪染めトリートメントとは?

メンズ用白髪染めトリートメントとは?

手軽に早く染まるものが多かったり、自然な染まり上がりになるブラック系のものが多い



年齢を重ねるごとに白髪が気になる男性が増えてきます。

とはいえ、男性の場合短髪の方が多く、毎回美容室で白髪を染めているとすぐ伸びてはカットすることになるため、時間もお金もかかってしまうというのがネックという声を多く聞きます。

また「しっかり染めたい」というよりも「目立たなくしたい」という方が多いため、白髪染めだと少し抵抗があるという方も多くいらっしゃいます。

白髪染めトリートメントであれば、自宅でのシャンプーの後に使うことで手軽に自然な仕上がりに染めることができます。

特に男性用の白髪染めトリートメントは、女性用のものとは違って無香料のものが多いだけでなく、より手軽に早く染まるものが多かったり、自然な染まり上がりになるようブラック系のものが多いです。


メンズ白髪染めトリートメントを使うことをおすすめできる方の特徴

メンズ白髪白髪染めトリートメントを使うことをおすすめできる方の特徴

1. 少量の白髪の方

2. カラー剤によって頭皮がかゆくなったりしみたりする方
3. 自然に馴染ませたい方
4. 美容室でのカラーを長持ちさせたい方


少量の白髪の方


まだそれほどたくさんはないけれど、顔まわりや分け目、かき分けたときの
数本の白髪を自身の黒髪に自然に馴染ませたい方にはおすすめです。

メンズの多くはしっかり染めたいという方よりもなんとなく馴染ませたいという方が多いです。

また、白髪が数本の場合、アルカリのカラー剤などを使うと染めなくてもいい髪まで染めることになってしまい、髪の毛に無駄なダメージを与えてしまいます。

ダメージを避けるためにも白髪染めトリートメントはおすすめです。


カラー剤によって頭皮がかゆくなったりしみたりする方


敏感肌の方や乾燥肌の方、アレルギーを持っている方だと、
一般的な白髪染めとして使用されるアルカリカラーではジアミンによって頭皮が刺激を受けてしまい、かゆみや炎症、ひどくなると頭皮がただれることもあります。

白髪染めトリートメントなら、美容室でカラーをした際に頭皮に異常を感じたことがある方でも安心して使うことができます。


自然に馴染ませたい方


トリートメントタイプの白髪染めは、シャンプー後にトリートメントの代わりとして使うことができるため、
プラスアルファの時間をかけたくない方にもおすすめです。

また、使い続けることで少しずつ髪の表面にコーティングされ染まっていくので、急に「染めました」というように一気に雰囲気が変わることがありません。

違和感なく自然に馴染んでいくので、急な変化が苦手な方でも使っていただくことができます。


美容室でのカラーを長持ちさせたい方


白髪は気になるけれど、毎回美容室で染めるのも時間とコストがかかって面倒なため、仕上がりを長持ちさせたい方におすすめです。

男性の場合、刈り上げスタイルやショートである方が多いため1ヶ月でのびた1センチをカットするとすぐにまた白髪が気になるという方が多くいらっしゃいます。

あくまでしっかりと染めるのではなく、美容室でのカラーと併用して少しずつ補助的に使うことで、仕上がりを長持ちさせる効果も期待できます。


メンズ用白髪染めトリートメントのデメリットは?

メンズ用白髪染めトリートメントのデメリットは?

1. 水や汗に濡れると色素が落ちてしまう

2. 美容室で使用するカラー剤やパーマ剤が浸透しづらくなる


ご自宅で気軽に染めることができる白髪染めトリートメントですが、使用するにあたっていくつか注意点があります。

そもそも白髪染めトリートメントというのは、髪の毛の表面をコーティングして色素を重ねていくことで少しずつ白髪を染めていきます。

アルカリカラーと違い、髪の毛の内部に色素を入れて内側から発色させているわけではないため、水や汗に濡れると落ちていくというデメリットがあります。

例えば、お勤めの男性であれば白いシャツを着ている方も多いかと思いますので、雨に打たれたりすると色移りする危険があるため注意が必要です。

同じように汗をたくさんかく男性の場合、寝ている間にかいた汗によって枕へ色移りする可能性があります。

また、日常的に白髪染めトリートメントを使用していると髪の表面がしっかりとコーティングされてしまい、いざ美容室でアルカリカラーを使った白髪染めやパーマをしようとすると薬剤が髪の毛に浸透しづらくなります。

これによって理想とする色味やカール感にならない恐れがあります。

美容室に行く1週間前くらいから白髪染めトリートメントを使用するのは控えましょう。


メンズ白髪染めトリートメントのメリットは?

メンズ白髪染めトリートメントのメリットは?

1. 時間とお金を節約することができる

2. 髪の毛や頭皮へのダメージを減らすことができる
3. 仕上がりと色落ちが自然


時間とお金を節約することができる


美容室でカットと白髪染めをするとなると、おおよそ2時間程度時間がかかる場合がありますが、お仕事が忙しく、なかなかまとまった時間が取れないという方も多いかと思います。

また、男性の場合ショートスタイルや刈り上げスタイルの方が多いため1ヶ月に1回カットをしている方やあれば毛先をカットしてしまうとすぐに根元の白髪が見えてきてしまいます。

その都度染めたいという方も多いと思いますが、そうなってくると気になってくるのが美容室代です。

白髪染めトリートメントであれば自宅で短い時間を使ってできるだけでなく、費用を抑えコスパよく白髪をカバーできるというメリットがあります。

 


髪の毛や頭皮へのダメージを減らすことができる


アルカリカラーを使った白髪染めと違い、髪の毛の内部に色素を浸透させて染めていくわけではないため、
髪の毛にあまりダメージを与えることなく白髪を自然になじませることができます。

また、ジアミンというアレルギーを引き起こす成分が含まれていないため頭皮への刺激も少なく、敏感肌の方も安心して使うことができます。

さらに、男性の場合、白髪だけでなく抜け毛や薄毛に悩む方も多くいらっしゃいますが、頭皮環境を健やかに保つことは薄毛や抜け毛を防ぐためにも効果的です。


仕上がりと色落ちが自然


男性の場合、白髪は気になるけどいかにも「染めました」というような黒々とした感じが苦手という方が多くいらっしゃいます。

白髪染めトリートメントは、白髪の表面を少しずつコーティングし色を重ねて染めていくので「しっかり染めたい」というよりも、地毛に馴染む程度で目立たなくすることができます。

また、髪の毛が伸びてきた際も頭頂部だけがくっきりと色落ちするわけではなく、全体的に少しずつ抜けてきます。

このため伸びてきた根元との境目がくっきり分かれることがないので、伸びてきても白髪だけが際立つということがありません。


メンズ用白髪染めトリートメントの効果

メンズ用白髪染めトリートメントの効果

1. 自然な髪色にすることができる

2. ハリコシがアップする
3. ツヤ感がアップする


自然な髪色にすることができる


美容室で白髪染めをするとしっかり染まるため、いかにも染めた感がしっかり出てしまいます。

男性の場合、地毛に馴染む程度の自然な黒に染めたかったのに不自然なほど黒い髪になってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

白髪染めトリートメントであれば地毛の黒はそれ以上黒く染めることはなく、白髪の部分だけ少しずつ染めていくことができます。

白髪は数本だけ、という方であれば、髪の毛のダメージを考慮するとそれほど白髪染めをする必要がない方が多いです。

気になり始めた数本だけを自然に染めることで、地毛の色味を残しつつ自然な仕上がりに仕上げることができます。


ハリコシがアップする


白髪が気になり始めると同時に、髪の毛のボリュームも気になり始める方が多くいらっしゃいます。

手軽に使える白髪染めトリートメントですが、シリコンなどのスタイリング成分が過剰に入っていないものであれば、白髪を自然に染めながらハリコシをアップさせる効果のあるものもあります。

 


ツヤ感がアップする


白髪染めトリートメントの成分の大半は、トリートメント成分でできています。

毛髪補修成分や保湿成分が豊富に含まれているため、使用するたびに髪のダメージを補修しながら髪の毛を自然に染めることができます。


男性美容師だけが知っているメンズ用白髪染めトリートメントの選び方

男性美容師だけが知っているメンズ用白髪染めトリートメントの選び方

1. 保湿成分によって選ぶ

2. 放置時間で選ぶ
3. 白髪の量に合わせて選ぶ


保湿成分によって選ぶ


白髪染めトリートメントには保湿成分が豊富に含まれているものがあります。

髪の毛は年齢とともに白髪が増えるだけでなく、水分量が低下することで乾燥によるパサつきも気になり始める方も多いので、保湿できるものを選ぶことが重要です。

「カゴメエキス」、「シオノギ海藻エキス」、「褐藻エキス」、「乳酸」など天然由来の保湿成分や植物由来の保湿成分が含まれているものを選ぶことで健康的な自然で若々しい髪の毛に仕上げることができます。

 


放置時間で選ぶ


白髪染めトリートメントは、美容院でのアルカリカラーに比べて頭皮や髪の毛に優しいです。

とはいえ髪や頭皮に長時間つけておくとフケやかゆみの原因となり、頭皮環境を悪化させてしまいます。

また、白髪染めトリートメントでも放置時間が5分前後でいいものもあれば20分ほどかかるものもあります。

特に普段シャワーのみで済ませる男性であればなるべく早く染まるものを選びましょう。

 


白髪の量に合わせて選ぶ


白髪と黒髪の割合によっても仕上がりは大きく変わります。

例えば白髪の割合が多い方の場合、イメージよりも明るく染まるためブラックやダークブラウンなど暗めの色味を選ぶことをお勧めします。

逆に白髪の割合が少ない方であれば、アッシュ系かブラウン系で染めることで自然な仕上がりになります。

 


メンズ用の白髪染めトリートメントに関する注意点

メンズ用の白髪染めトリートメントに関する注意点

1. 事前にしっかりシャンプーをする

2. コーミングは優しく
3. しっかりと乾かしてから寝る


事前にしっかりシャンプーをする


白髪染めトリートメントは髪の毛の表面に吸着することで白髪を目立たなくさせます。

そのため髪の毛の表面に汚れがついていると色素が吸着しづらくなります。

スタイリング剤をつけている場合、特に男性用のスタイリング剤には油分が多く含まれているため、事前にしっかりとシャンプーをして油分やよごれを落とすことが重要です。


コーミングは優しく

トリートメントを塗布する際、全体に均等になじませるためにはクシを使ってコーミングをすることが効果的です。

しかし、髪の毛は濡れている状態だとキューティクルが開いた状態になっており、ダメージを受けやすい敏感な状態です。

目の細かいものや力一杯引っ張ってしまうことで髪の毛にダメージを与えてしまうこともあります。

使用するクシは程よく粗めのものを選び、頭皮を引っ掻いたり髪を引っ張ったりしないように気をつけましょう。


しっかりと乾かしてから寝る


男性の場合、髪の毛が短い方だとドライヤーで乾かさず自然乾燥で済ませるという方も多いかと思います。

白髪染めトリートメントの主な色素流出原因は水分なので、なるべく髪の毛に水分がついている時間を短くするためにシャンプー後はすぐにドライヤーで乾かしましょう。

特に、乾きが甘く髪の毛が湿った状態だと色落ちが進むだけでなく、枕やシーツなどの寝具に色移りしてしまう可能性があります。

 


美容師が厳選!メンズ用白髪染めトリートメントおすすめ10選


第10位 サロンドプロ ナチュラルグレイッシュトリートメント 180g ¥880(Amazon価格)



着色後の染料が抜け落ちしづらいph調整機能によって染め上がりをなるべく長く持続することができます。

また、ハリコシをアップする海藻エキスや潤い成分としてローヤルゼリーが配合されているため、ボリュームやパサつきが気になる方にもおすすめです。

See Also

同ラインに専用のシャンプーやスタイリング剤のラインナップがあるもの魅力の一つです。


第9位 ナチュール バイタルカラーセーフへアマスク 300g ¥1,760


天然保湿成分としてアロエベラ液汁、ダメージ補修成分としてヒマワリ種子エキス、自然なツヤを与える植物ケラチンやハリコシアップ効果が期待できるヘンナ葉エキスなど、多くの植物成分が、潤いとツヤのある指通りの良い髪質に仕上げてくれます。

白髪にほんのり着色するので、数本の白髪を自然にカバーしたい方におすすめです。


第8位 LUCIDO スピーディカラーリンス 160g ¥990



スピーディー染色処方によってわずか3分程度で染めることができます。

髪をいたわる3つのトリートメント成分が配合されていることで保湿力も高く、浸透性アミノ酸であるジラウロイルグルタミン酸リシンNaにより髪の内側から弾力を与えることができるので、年齢とともに気になり始めるハリコシをアップさせる効果があります。


第7位 DHC Q10 プレミアムカラートリートメント 235g ¥2,750



放置時間は5分程度でイオン性カラーと極小分子カラーの2つのカラー成分が髪に浸透することで、使うたび白髪がしっかりと染まり自然な色合いに仕上がります。

保湿成分としてユビキノンを配合しているだけでなく、6つの植物エッセンスを配合していることで髪のダメージを補修し潤いとツヤを与えます。


第6位 メンズビゲン カラーリンス ナチュラルブラック 160g ¥999(Amazon価格)


毛髪保護成分としてタウリン、テアニン、アスパラギン酸を配合しているため髪や頭皮をいたわりながら染めることができます。

放置時間も3分程度で染まることから頭皮に余計な刺激を与える心配もありません。

また、保湿成分として褐藻エキスや乳酸を含んでいることから髪のパサつきが気になる方にもおすすめです。


第5位  花王 リライズ 155g ¥2,970


100%天然由来の着色成分であるジヒドロキシインドールが使うたびに髪の毛の表面に定着し、男性が最も必要とする「自然な黒」を補っていきます。

洗っても落ちにくいということや無香性でツンとした臭いがないだけでなく、5分程度で染まるというお手軽な面も男性にとっては手に取りやすい白髪染めトリートメントです。


第4位 スカルプDカラーコンディショナーナチュラルブラック 150g ¥2,343


一番の魅力は放置時間が短く5分程度で白髪が染まるということです。

放置時間が短いことで頭皮への負担を抑えることができるため敏感肌の方におすすめです。

また、爽快感のあるミントの香りで刺激臭もないためストレスフリーで使用することができます。


第3位  VITALISM KURO ブラック 200g ¥2,177


染毛力の強いHC染料を含んでいるためしっかりと黒く染まります。

また、シリコンやジアミン、パラベンを含んでおらず低刺激であるため普段のトリートメント遣いとしても問題なく使用することができます。

さらに、抗酸化作用を持つ成分であるアルガニアスピノサ核油を含んでいるため抜け毛や白髪の原因となる酸化を防ぐ働きがあります。

若々しい髪を維持したい男性にはおすすめです。


第2位 ルプルプヘアカラートリートメント 200g ¥6,600


ベニバナ赤やアイ葉/茎エキスなどの天然染料を使用しているため刺激が少なく髪に優しい白髪染めトリートメントです。

また、保水効果が高い成分のガゴメエキスやヒアルロン酸Naを含んでいるため、乾燥によって水分量のばらつきのあるくせ毛の方に特におすすめです。

潤いを閉じ込めることで収まりの良い髪質に仕上げることができます。


第1位 利尻昆布ヘアカラートリートメント 200g ¥3,300


植物由来の28種類もの美髪成分が配合されていることで頭皮環境を健やかに保ちつつツヤ感を得ることができます。

また、ノンシリコンタイプであるため同時にハリコシもカバーすることができます。

年齢を重ねた男性の悩みである白髪だけでなく、髪のツヤやハリコシまでカバーできる優れた一本です。

【あわせて読みたい】

↓ メンズトリートメントおすすめ ↓


さいごに


この記事では、メンズ用の白髪染めトリートメントについて紹介しました。

白髪の量がまだ少なく美容室に行くか悩んでいる方や、自然に白髪を染めたいという方、髪へのダメージが気になる方は、ぜひ白髪染めトリートメントを使ってみることをおすすめします。

その際、自分の髪色に合うトリートメントを選んだり、保湿成分が入っているものを選ぶことで、ナチュラルで若々しい髪に導くことができます。

使用する前には、髪の毛の汚れを落としておくことで、着色成分がより浸透しやすくなるため、しっかりシャンプーをしておくことが重要です。


参考文献

View Comments (0)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

運営会社:株式会社PWAN
お問い合わせ・広告掲載依頼:株式会社PWAN  問い合わせ窓口

Copyright © 2021 ORGANIQUE MAGAZINE(オーガニクエマガジン)

Scroll To Top